純粋という名の武器に射抜かれた男の末路2

My Favorite
MS-Windows Ver3.1

自分がパソコン買った時には発売されていたが
あえてMS-DOSを選択したのは、サーティの為でも有った(謎)
自分の中ではサーティは、DOSのプログラムってイメージが強かったから

自分の初めて買ったパソコンはNECのPC9801シリーズで486を搭載
クロックは20MHzくらいだったかな
当時のスペックからするとWindows3.1入れるには、
メモリさえ増設すれば余裕だった気がする

ただ、DOSで動くソフト類を多く所有してた事もあり、WINへの乗り換えは
乗り気では無かったのですが、ジャストシステムより
当時一番使っていた一太郎シリーズの無償アップグレードの通知を受け
次の日にメモリとWINDOWS3.1を買ってきたという

当時の自分の鮮やかな切り返しには、今更ながら若干失望してる
「おまえ!サーティが起動しないぞ!良いのか!」

Windows3.1は自分にとってランチャー

そんな印象しか無かったし、別に便利と感じた事は無かった
ジャストシステムにはジャストウインドウというベタなランチャーがあったし
ソフトなんて起動すれば、使い方なんて殆ど変わらないし

拡張

でもWindows3.1から自分は拡張という部分に目覚め
SCSIのCD-ROMドライブ設置や音源ボード類の強化
それにより音楽CDがパソコンで再生出来るようになり
その当時は会社から戻ったら、一番にパソコンを起動
パソコンにドップリ浸かった生活だった

スタート・ミー・アップ

ミックのシャウトから、それは始まった
1995年末に待望のWindows95が発売
マシンはPC-9821の486DXに乗り換えて対応
メディアの煽りもあって、自分も無駄に高まり期待が膨らんだ

だけど・・・

自分は会社でWindowsNT系に触れてたから
Windows95の使い方には、若干違和感を感じた
特にスタートメニューのランチャーが結構使いずらく感じた
所詮、自分にとってWindowsって奴はランチャーでしかなかった

Windows95の自分のメリットはCDメディアでのインストールに尽きる
DOSやWindows3.1みたいな夥しい量のFDのは拷問レベル


しかもインストールしたソフトが、必ず安定して動くとも限らない
そんな今では通用しない事が多かったパソコンだったけど
折れない限り使い続ける人が多かった

逆に、安定して使える事の退屈さを、今実感する時がある

この頃はパーソナルな部分でも、至って順調
こんな自分でも彼女もいたし、96年には無駄に広い
メゾネットタイプのアパートに引っ越し
2LDKという空間の一つをコンピュータルームと称し
順風満帆なパソコンライフをエンジョーイしてた

引っ越しと同時に、当時より始めていたパソコン通信を
本格的に始めて、パソ通の仮想空間やリアルな面でも
そういう仲間が増えていった
昔からの友人らも時代の流れもあり、皆パソコンを持っていて
休日で遊びに行くときは、必ずヨドバシやソフマップにも行っていた

97年「A・Iが止まらない」連載終了

と同時に自分の張りつめていたものが切れた
気持ちの支えの喪失感みたいなものもあって
自分は会社を辞めた…

純粋という名の武器に射抜かれた男の末路3
1997年5月ノープランで勢いに任せて、会社辞めてしまうような大馬鹿物です 彼女からも呆れられ別れます とりあえず一人になったので これから先の事を考えつつパソコンの日々が続きますこの頃は、ネットで求人検索とか出来なかったので、ハ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました