何もかも忘れてしまいたくなる瞬間

My Life

何もかも忘れてしまいたくなる瞬間 有りますよね
毎日毎日同じ所を通って、同じ顔を拝んで
気の遠くなる様な事をやってみたり

現実逃避とも済まされてしまいがちだけど
人間って、その辺のメンタル的な部分の帳尻を合わせながら
日々過ごしてる なぜ それは生活するため
守らなければいけない人の為
そうやって自分を追い込みながら人は生きている

だけど、そんな気を張らないで もっとリラックスしましょう
人生を余り真剣に生きすぎなくてもいいですよ
何とかなる そう何とかなるんですよ
人類は一人では無いし
気持ちを引っ込めず 一歩前へと出てみましょう
出ないと何も始まらないし いつまでも本当に一人で….

なんて人の気持ちも知らずに偉そうな事言ってすみません
まあこんな日は色々な画像を観て、リラックスしましょう
少しでも気が紛れるかもしれませんよ

自分は保存した様々なデーター管理が下手な事もあり
これは一体いつ何処で撮ったか判らない画像って奴が多く存在しますw
パっと見、湖か池 しかも霧か何かで全く訳がわかりません
普通、画像プロパティを見れば良いのですが、ガサツな性格等が災いして
放置気味のデジカメが電池が無くなっている事、良くありますよね
そして使うときに電池交換して初期設定を全くしなかったりでw

Googleフォトにアップしておくと、何故かデジカメのデフォルト日付に大量の画像がw 直すの面倒くさいし「助けて~」って事が・・・

でもこんな感じで、画像の何処かにヒントが隠されて居る場合は助かります
ある意味、間違い探しレベルの画像として、後々楽しめる場合がありますw

難解な画像もこのレベルになると、そのうち何かに使えそう的な感じで
保存しておいても、ライブラリー感覚で見ることができますねw

これも凄く綺麗な街並みで、風景画としてさり気なく貼るには最適ですよね
しかも川に白鳥!?らしき鳥が泳いでいる感じのシュールさがグっときますね

そしてこれなんですけど、初めて「ツインリンクもてぎ」へMotoGPのレース観戦に
行ったとき、メインスタンドチケ買って見たんだけど、遠すぎて見えないw
レースが行われるコースの外周に4輪用のオーバルコースが有るから
メインスタンドからの距離が結構あって、見ずらかった思い出
「聞いてないよ!!」って人が多く感じたのは気のせいで無いとおもうw
「もてぎ」へレース観に行かれる方は、注意してくださいね

これも映像には幾つかのヒントが有るんだけど特定には至らない
島が見えるけど、こんな感じの所、全国には多く有りそうだし
こういう所に住んでみたい気がするけど、一週間くらいで良いかな
夏休みの一週間で、、、住むには色々と大変そう 車のサビとかで

最後にこの画像 これは小林さんと初めて北海道にツーリングに
行ったときの画像 ここは初日に泊まった宿なんだけど、こじんまりと
してるって言うか、普通の家って、いや正直ボロくて昭和感半端無い所でw
一緒に行った、小林さんが「こんな所に居たら中村雅俊がやってくるぞ」
って言ったのが、今でも頭から離れないw でも、料理・風呂・サービスが
凄く良くて、チェックアウトの際に小林さんが自分の思っていたことを正直に
宿の主人に話した 自分は「そんな事わざわざ言うことないのになー」って
そしたら宿の主人は「よく言われますよw」って笑って話した
そして別れ際に「ありがとう」って熱い握手してた 
小林さんと宿の主人は屈託のない笑顔で笑っていた
その時「なんか自分って小さいなー」って自分が恥ずかしくなった

まあ色々ありますよね 人生って

だから面白い 自分を使った最高のリアルRPGです

コメント

タイトルとURLをコピーしました