手打ちうどん ひるめし#01

My Life

今日は天気もアレですし、自宅で「手打ちうどん」でも作ってみましょう

うどんを打つ際に使う粉は、「中力粉」を使用しますが、強力粉+薄力粉=中力粉なので、今回は薄力粉と強力粉を混ぜて打ってみたいとおもいます

主な材料(約2人前)
・中力粉(薄力粉+強力粉)
・塩
・ぬるま湯
・片栗粉

200cc計量カップ、うどんを混ぜるときに使うボウルの様な容器、小さじスプーン、箸、麺棒、大きめのまな板、サランラップ、ぞうきん

まず、容器に計量カップ(200cc)を置いて、カップ一杯に薄力粉を入れます

同様に、強力粉をいれます

箸で、満遍なく混ぜましょう

小さじ1杯の塩をを用意

計量カップに100ccほどの、ぬるま湯を入れ、先ほどの塩を入れ溶かしましょう

塩を溶かしたぬるま湯を、先ほど混ぜた粉へ投入 箸で混ぜましょう

一生懸命に混ぜると、粉がこんな風に「ひじき」みたいになりす

ここで容器にラップして、10分前後休ませましょう これにより粉が馴染みます

大体馴染んできたヤツを、手で丸めましょう まだ若干ボソボソして丸めにくいですが、そこは捏ねる感じで丸めてしまいましょう 丸まったらラップします

ラップしたヤツをジップロック(自分はレジ袋を使いました)に入れて、足で踏んで、ぺしゃんこになったらラップから出し折り曲げ、またラップし踏みましょう これの繰り返しにより、うどんを捏ねていきます 10分前後くらい踏み続けましょう この作業により、うどんのこしが決まります

踏み作業を終えたら、30分前後ラップに包んだっま、また寝かせます

寝かせ終わったら、まな板を用意し、うどんを伸ばし、お好みの太さに切りましょう これと同時に、うどんを煮る為のお湯を沸かしましょう このタイミングで火を付けておくと、切り終わって直ぐに茹でる事が出来ます お湯はたっぷりなお湯で煮た方が良いので、大きめの鍋を使いましょう

※まな板の下には濡れぞうきんを敷くと、作業の際に滑りにくくなるので必ず敷きましょう

まずは、二つに切りましょう

切ったものに、打ち粉(片栗粉)をまぶします

そして、うどんを伸ばす その際にうどんを伸ばす専用の棒など有れば良いのですが、自分はゴマすり棒を使って伸ばします これが結構、大変な作業だったりします こしが強ければ強いほど大変です

好きな厚さ(うどんの太さ)に伸ばし終わったら、折りたたみ

お好きな太さに切りましょう 端の中途半端な部分は大きめに切り落としましょう

切り落としたら、容器に戻して折りたたんだ部分が真っ直ぐになるように、揉みながら馴染ませてあげましょう

沸騰したお湯にうどんを投入

うどんを投入直後は、お湯が一時的に冷めますので、火は強めで そしてグツグツと煮えてきたら 中火くらいで吹き溢しに気をつけながら 大体10分前後煮ましょう 10分経ったら太めのヤツで上手く煮えてるか確認 煮えていたら水洗いで うどんを〆てあげましょう

水洗いしたうどんは、お好みの調理法で食べましょう

今回、自分は鳥鍋を作ったので、鍋を半分くらい食したら一緒に煮込んじゃいましょう

いや~やっぱり自分で打った「手打ちうどん」は美味しい しかも打ち立てだし最高です

手打ちうどんは、初めてでも比較的に簡単にできるのでお勧めです 自分は身体のために塩分控えめにしたいので、うどんを作る際の「塩」も少なめで作るので、一石二鳥ってところですか^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました