壊れたPentium4を積んだパソコンをLinuxで起動させる

Linux

自分はノートパソコンを多く所有してます(キリッ

また無駄遣い自慢ですね わかります

そんな多くのパソコンで不動のパソコンもあります 今日はそれを弄ってみます とりあえず電源は入りますが、起動途中で止まってしまいます HDDか他のデバイスの問題で立ち上がらない気がします 2001年くらいに購入したBTO系のノートでデスクノートというかなりごついノートです BTO系なのでメンテ類が結構やりやすく色々な部分にアクセスが簡単なので、ちょっと開けてみてクリーニングして作業したいと思います

Sponsored Links

パソコンをメンテクリーニング

このパソコンは無駄に重量が重いが故に、蝶番部分が壊れてディスプレイを支えることができず、後ろに壁のような支えが無ければ使えません

裏部分からCPUやRAMにアクセス出来るので開けてみます

メモリの抜き差し、CPUグリスらへんをクリーニング 細部を接点復活材を使ってメンテしたいとおもいます

グリスがアレすぎるので、とりあえずクリーニングと塗り直しします

この辺は想定内でしたが、結構やばい感じですw 18年使って1回くらいしかメンテしてないから壊れても仕方ないですよね この辺のCPUは発熱が結構なので

パソコンに電源を入れる

とりあえず自分で出来る範囲のメンテは終わったので起動するか試してみます

起動したのですが通常起動できずSafeモードで起動

OSはWin98SEでメモリは認識されている様です HDDかどうかは不明ですが古いパソコンなので何かデバイスの不具合の気がします このパソコンはグラフィック内蔵でGeForce4 440Goが内蔵されています このタイプだと発熱の観点からかなり怪しい気がします

しかしCPUがペン4の北森世代だからXPがインストールしてあってもおかしくない所Win98SEとか自分で言うのも何ですが、意味不明ですw

Linuxを使って起動させる

とりあえずLinuxで起動してみます USBブート出来ないので、所有しているLinuxのCDよりUbuntu12.04を起動します このスペックなら立ち上がりそうなのですが

とりあえずDVDドライブも接点復活材でメンテしたので読み込みも軽快です このまま起動してくれると良いのですが

起動しましたが挙動がおかしく、あっという間にフリーズして終了 他のディストリで試します

WattOS R6で試します Ubuntu12.04系で軽快なので、こんな時自分の中で一番信用してるディストリです しかし起動途中でフリーズ終了

Bodhi Linux 2.4で試します これもかなり軽いので多分。。。 しかしこれもフリーズ

KLUE 2.0を使います これはKona Linux Ubuntu Edition で確か16.04世代のものだった気がします

ログイン画面きたー さすがKona LinuxいやKLUE! しかしログイン後フリーズ このパソコンはハードでのトラブルを直さない限り起動しない気がしてきました

軽量LinuxといえばLinux Bean!これを忘れていました 今度こそ起動してくれると良いのですが

なんと起動しました しかし安心は出来ません

とりあえずお約束のメディアファイルを再生してみます

何故MP3再生する!他にやることあるでしょ!!

しかしそこであることに気づきます パソコンのHDDアクセス出来ない やはりHDDか。。その瞬間パソコンがフリーズ 再度Linux Beanで起動を試みたが途中でフリーズ

MP3再生するから天罰があたりました

Puppy Linux5.7.1 で試してみます しかし起動途中でフリーズ

Puppy Linux 431でも試してみましたが結果は一緒 PuppyはファイルをRAMに書き込むのでその辺で時間が掛かったりで起動は出来なそうです

レスキューで定番のKnoppix 7.2 これでダメなら諦めます

起動途中の画面でグラフィックは認識されてるみたいなので、グラフィックは大丈夫そうですが、、

起動しました でも安心は禁物 とりあえずHDDを確認しましょう

画面キャプチャはフリーズするので直接の撮影画面 HDDは問題無さそうだけど未割り当て部分が気になります 壊れている可能性も sda1はwindows98SEが入っているのでFAT32 sda4がNTFSという事は、未割り当てにLinuxかWinNT系のOSがインストールしてあった可能性があります Win98は確かNTFSにはアクセス出来ないので

とりあえずHDDが怪しい感じなので、もしこのパソコンを使うならHDD交換になります しかしこのパソコンはIDE世代のHDDを使っているので色々とお金が掛かってしまいます しかも仮に動いたとしても自己満足で終わるので、このパソコンはライブラリー(自分の過去の産物)として保管しか道は無さそうです

あとがき

自分はこれより古い世代のパソコンを数台所有しています Pentiumを積んだノートはMS DOSで運用していてHDDも内蔵し普通に現役で使う事も可能です Pentium3を積んだノートはWindows2000・WindowsMe・WindowsXPの3つのOSとLinuxをインストールしてあり、色々な意味で変態マルチブートパソコンです しかもWindowsMeは調子よく一回もブルースクリーンを拝んだことがありません ゲームやオフィス系のソフトがインストールしてますが当時のように普通に使えます でもこれは所詮自己満足の世界 でもそういう世界に浸りたい時ってありませんか? 自分は昔を懐かしむように、そのパソコン達を定期的に起動し満喫しています

昔のパソコンは作りに問題があるものが多くOSも完成度が低く、それを如何に快適に使えるかが一つの楽しみでもありました 車も一緒で昔の車は酷いものが多くwしかもそんな厄介な車種ほどファンが多かったりします マニアってそういうじゃじゃ馬を慣らすのが好きなんですよね Mな意味で

コメント

  1. 高山守 より:

    はじめまして 沖縄の高山と申します。教えてほしいことがあり、メールさせていただきました。
    vaioのvpcee47fjですが、ハードディスクがこわれてしまい、リカバリできないんです。
    もう一台のhp probook4525sで作ったwindows10の回復ドライブをusbでインストールを試みたのですが80%のところで回復できないと表示されます。
    ほかに起動させる方法はないでしょうか

タイトルとURLをコピーしました