令和元年十二月 Arch系のディストリのEndeavourOSは、地味にハマりそうな和蘭陀のディストリ

Arch

スペースシャトルを彷彿させるようなネーミングにグッと来るオランダのディストリEndeavourOS ぶっちゃけネーミングとArchというだけで「使ってみたい」と思わせる作者の思うつぼにハマってしまいました

XfceなのでVAIO TypePで試したかったのですが、残念ながら64bit版しか無いのでCF-N9を使ってLive Bootさせます

Sponsored Links

endeavouros-2019.12.22-x86_64

OS Type: Linux
ベースディストリ:Arch
アーキテクチャ:x86_64
デスクトップ環境:Xfce

ダウンロード

EndeavourOS
A terminal-centric distro with a dynamic and friendly community in its core

CF-N9LWCJDS

CPU:Core i5 560M
RAM:DDR3 PC3-6400 4GB
VIDEO:Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE:SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

CF-N9LWCJDS で起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます [enter]キーを押します

起動後の挙動は軽量なフィーリングが漂います デフォルトですっきりしたデスクトップは好印象です デスクトップに多くのアイコンが並ぶと邪魔くさく即消しちゃいますよ

ファイルマネージャはXfceなので軽量高機能のThunarです テーマがクールでとても格好いいです

Settings 画面です ここのアイコンもクールで格好良く、日本語化で使うのが勿体なく感じますね

ブラウザはFirefoxです CF-N9はCorei5なのでそこそこ素早く起動し、快適にブラウジングできます

EndeavourOSはバンドルされてるアプリ類が少なく、最低必要なアプリしか有りません アプリをGUIにてインストールできるツールもないので、pacmanにてインストールします しかしこういうデザインのディストリはパネルを上に配置したくなりますよね

Audaciousをインストールし起動 問題なくメディアファイルを再生できました

しかしフォントがアレすぎる oh…no…懊悩 折角なのでフォントをインストールします

やっぱりフォントは丸ゴシック系のフォントが今風で格好いいですよね

パネルを上にしたらPlankを導入したくなります 壁紙もネズミに変えたくなります

凄く良い感じですが、何処かで見たことのあるディストリになってしまいました 自分の好みを追求すると似たようなデスクトップになってしまうという見本ですねw

ついでなのでChromiumをインストール Youtube見る際は火狐よりこっちの方が最適化されていてパソコンにも優しいです

ここまで来たらThunderbirdもインストールしたくなります Thunderbirdは色々な面で使えるメーラーなので必須です

あとがき

Arch系のディストリではManjaro Linuxが絶大の人気を誇り、一大勢力でもあります EndeavourOSは地味ながらカスタマイズ性な部分があって自分的には好きなディストリですね まあXfceデスクトップ環境だからってのも有りますが、結局の所シンプルイズベストなんですよね

敷居の高いArch系はManjaro Linuxによって一般的なディストリとして流通し多くの人に使われています それとは若干ですが違う方向性なEndeavourOSは、新しいディストリですが今後に期待したいですね

Endeavourというネーミングの如く、新しい可能性を探究し航海していくのでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました