2020.04 Ubuntu 20.04 LTS Focal Fossa Release ! Panasonic Let’s note CF-N9LWCJDSにインストール

Debian

Ubuntu20.04リリース!!

UbuntuはIsle of Man(マン島)発のDebianベースのディストリビューションです 言わずと知れず超有名なディストリビューション そしてUbuntuをベースにビルドされたディストリビューションは、世界中に星の数ほど有ります

そんなUbuntuのLTS(長期サポート)版がリリースされました

世の中暗いニュースが多いですが、こんな時こそLinuxを使って世の中を明るくしましょう とう言う訳で自分が率先してLinuxのインストールを行います

Sponsored Links

Ubuntu 20.04 LTS Focal Fossa

Release 2020.4.23
Type Linux
Based on Debian
Package Management dpkg
Architecture armhf, i686, powerpc, ppc64el, s390x, x86_64
Desktop GNOME, Unity

Download

Enterprise Open Source and Linux | Ubuntu
Ubuntu is the modern, open source operating system on Linux for the enterprise server, desktop, cloud, and IoT.

Panasonic Let’s note N9 CF-N9LWCJDS

CUP Core i5 560M
RAM DDR3 PC3-6400 4GB
Graphics Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE SSD128GB
IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.0

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

Liveセッションで起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 使用する言語を選択し[enter]キーを押します

この画面が現れるので一番上を選択し[Enter]キーを押します

インストール

起動しました 左側のインストーラーのアイコンをクリック

インストーラーが起動しました

使用する言語を選択します

キーボードレイアウトを選択します 日本で売っている日本語のWindowsの入ったパソコンは下記で大体OKです

ノートパソコンで起動している場合は、Wi-Fi接続を促します 接続するSSIDをクリックします

Wi-Fi認証を求められます SSIDのPasswordを入力[Connect]クリックします

インストール時にアップデートと他のソフトウェアをインストールするか選択します

後でアップデートするのは色々と煩わしいので、一緒にインストールしちゃいましょう

インストールの種類を指定します HDDを全て消してインストールするなら上を選択します

自分の場合は他のOSとデータフォルダをパーティションを切って置いているので下を選びます

インストールするパーティションはLinux Mintをインストールしてあるsda3を使います

sda3を編集します サイズはそのまま 利用方法はext4にフォーマット マウントポイントは / でインストールします [Ok]をクリック

下記ウィンドウが開き最終確認 [続ける]をクリック

ディスクに変更を書き込み終わったらインストールします

狭いデスクトップだと下にある[戻る][続ける]のボタンが見えなくなる場合があります このパソコンは正にそのパターンです しかし[続ける]を押せない代わりに[Enter]キーで進める事が出来ます

因みにここからボタンは見えなくなります

ローケーションを選択 地図上でクリックで選択

ユーザー情報を入力します

インストールは15分前後で終了します

インストールが終わりました パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜いてパソコンを起動させます

起動

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 8.0★★★★☆ かなりいい感じです

Desktop

Ubuntuのデスクトップはパネルは上部に設置 左側にはアプリケーションランチャー 左ダブルクリック実行の設定です

① アクティビティ

現在開いているウィンドウの一覧と、右側には現在使用しているワークスペース一覧が表示されます 上部にある検索キーワードは、インストールしてあるアプリやネット検索ができます

② Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです このパソコンではストレスフリーで軽快に動作します

③ Thunderbird

メールクライアントのThunderbirdです

④ ファイル

シンプルなファイルマネージャーのファイルです

⑤ Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです

Rhythmboxは通知エリアとも連動コントロールできるので、最小化して使うことができます

⑥ LibreOffice Writer

LibreOfficeのワープロです

⑦ Ubuntu Desktop Guide

Ubuntuのヘルプ及びマニュアルです

⑧ マウント中のデバイス

マウントしたデバイスがファイルマネージャーで開きます

⑨ アプリケーション

アプリケーションが表示されます 下部の常用は過去に使ったアプリが表示されます

⑩ 通知エリア

パネル上は時計表示で、クリックで通知エリアとカレンダーを表示します

⑪ IBus

インプットメソッドフレームワークのIBusです 文字を入力する為のツールです

⑫ ステータスメニュー

Wi-Fi設定・セッションのオプション・ボリュームコントロール・設定等があります

デスクトップ上の右クリックメニュー

設定→背景

デスクトップ上の右クリックメニューの背景を変更より起動 背景画像は数枚用意されています

システムツール

設定

各種設定ツールの設定です

Gnome端末

ターミナルエミュレータのGnome端末です

Ubuntu Software

アプリ管理ツールのUbuntu Softwareです GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

システムモニター

実行中のプロセスやリソースをモニタリングできるツールです かなり安定しています

日本語入力

UbuntuはインプットメソッドフレームワークのIBusやMozcはインストール済なので、日本語入力は直ぐに使えます

あとがき

久しぶりにUbuntuのインストールは、簡単であっという間 気がつけばUbuntu20.04を満喫出来るくらい時間が過ぎるのが早かったです

元々、Linuxのインストール〜セットアップは簡単、、、 って言うか全てLinuxに任せれば問題なく進み、直ぐに使えます Ubuntuは正にそれを絵に書いたように作業は進み、時間を掛けずにセットアップ完了します

ダウンロード開始の瞬間から1時間も掛けずに使うことができます

因みに今回のインストールで消費した容量は8GB(36.7%)程度です Ubuntuには21GB用意しましたが丁度良かったですね OSとしてはまずまずってところでしょうか

そんなUbuntuのデスクトップですが、正直な所WindowsライクなXfceやcinnamonに比べると少々オススメしづらい部分があります 自分も初めて使った時は微妙って思いました

Windowsを使ってきた人なんかはGnomeのデスクトップは面食らいますが、Gnomeって使えば使うほど便利に使えるんですよ Windows依存度の高い自分がこんなにもLinuxにハマったのは、ある意味Ubuntuがきっかけでもあります

人にオススメのLinuxは?って聞かれたらUbuntuはオススメしません

しかしこれだけは言えます

Ubuntuは、とても良く出来た良いディストリビューションなのは間違いないです

コメント

タイトルとURLをコピーしました