2020.05 kali Linux 2020.2 rpi3 nexmon 64bitを、Raspberry Pi 4 Model B 4GBで日本語起動

Debian

今日はkali Linux 2020.2 rpi3 nexmonを使ってみたいと思います

Kali LinuxはSwitzerland(スイス)発のDebianベースのディストリビューションです Kali Linuxはセキュリティに特化されたディストリビューションとしても世界中で有名 そんなKali Linuxにラズパイエディションが有るなら 使ってみたいですよね

Sponsored Links

kali Linux 2020.2 rpi3 nexmon 64bit

Type Linux
Based onDebian (Testing)
Architecture  armhf 
DesktopXfce

ダウンロード

Our Most Advanced Penetration Testing Distribution, Ever.
Home of Kali Linux, an Advanced Penetration Testing Linux distribution used for Penetration Testing, Ethical Hacking and network security assessments.

Raspberry Pi 4 Model B 4GB

 CPU Cortex-A72 Armv8 Quad Core 1.5GHz
 RAM 4GB LPDDR4
 GPU Broadcom VideoCore VI 3D graphics core

イメージファイルをmicroSDカードに書込む

  1. Kali Linuxのダウンロードのページより、イメージファイルをダウンロードしてきます
  2. ダウンロードしたファイルは 圧縮ファイルなので、解凍ツールで展開します
  3. Rufus (ルーファス)等のライティングツールを使って、イメージファイルをmicroSDカードに書込みます
Rufus (ルーファス) を使って、イメージファイルからRaspberry Pi用のLinuxが起動できるmicroSDカードを作成する
Rufus (ルーファス) とはISO・イメージファイルを、USBメモリやmicroSDカード等に書き込む事の出来るソフトですダウンロードRufus をダウンロードしますイメージファイルを書き込むm...

microSDカードをRaspberry Piに装着します

これで準備はOKです

起動

電源を入れて起動させます

ログインの際にPasswordを尋ねられます

kali LinuxのPassword関連は下記を使用します

Username kali 
Passwordkali
Rootroot
Root Passwordtoor
使用する際はパスワードを変更しましょう

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 7.2★★★☆☆ これならデフォルトで使えます

日本語化

QTerminalを起動します

下記コマンドを入力し設定を変更します

$ sudo apt-get install locales
$ sudo vim /etc/locale.gen

ロケーション一覧で ja_JP.UTF-8 の行の#を削除して保存します

そして下記コマンドを入力します

$ sudo locale-gen
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

再起動で設定が反映されます

Desktop

Kali Linuxのデスクトップはパネルは上に設置されています マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネル左側

① Xfce4 WhiskerMenu
② デスクトップを表示

クリックで開いているウィンドウを全て閉じて、デスクトップを表示します

③ ディレクトリメニュー
④ QTerminal

ターミナルエミュレータのQTerminalです

⑤ Kazam

スクリーンを録画・スクリーンショットを撮るアプリです

⑥ ワークスペーススイッチャー

複数あるワークスペースをクリックで切替えるツールです

パネル右側

⑦ 日時

パネル上は日時を表示 クリックでカレンダーを表示します

⑧ ネットワーク

ネットワークの設定 接続可能なWi-FiのSSIDを表示・設定・管理ツールです

⑨ 音量調整

サウンドデバイスの音量調整です

⑩ 通知エリア
⑪ 電源管理

電源管理です

⑫ アクションボタン

デフォルトではスクリーンロックになっています

⑬ セッションのオプション

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ

デスクトップ上での右クリックメニューのデスクトップの設定より起動
デスクトップの壁紙は数枚用意されています

システムツール

設定マネージャー

各種設定ツールの設定マネージャーです

Thunar

軽量ファイルマネージャーのThunarです

アプリケーション

Kali Linuxはセキュリティツールは多いですが、アプリは少なめです

Parole

ミュージックプレイヤーはParoleです
Raspberry Pi で Steve Vai を聴く

Raspberry Piにはスピーカーが無いので、USBスピーカーを接続しています
問題なくデバイス認証され音も出ます

Synapticパッケージマネージャーをインストール

Kali Linuxにはアプリ管理ツールが無いので、Synapticパッケージマネージャーをインストールします

QTerminalを起動して、下記コマンド入力します

$ sudo apt-get install synaptic

日本語入力

Synapticパッケージマネージャーを起動し、関連ツールをインストールします

fcitx fcitx-mozc の2つをインストールします

設定マネージャーを起動します

キーボードを開きレイアウトタブを選択 キーボードレイアウトを日本語に設定します

Fcitxを起動します

入力メソッドでMozcキーボード日本語 が追加されているか確認します

確認出来たら日本語入力できるかテストします テキストエディッタのMousepadを起動

無事に日本語入力できました パネルにFcitxが表示され設定も出来ます

あとがき

kali Linux 2020.2 rpi3 nexmonは(・∀・)イイ!! 思わずAAが出てしまうくらいオススメです

やっぱりXfceは色々な意味で良いデスクトップ環境ですね 軽量・使い勝手・カスタマイズ性 好みもあるかもしれないけど、Xfceは(・∀・)イイ!!デスクトップです

っていうか… これは完全に仕事でも使えるパソコンのレベルです
このレベルの環境を安価なラズパイで、手軽に手に入れられる

そんなRaspberry Pi (・∀・)イイ!!

セキュアで軽量なKali Linuxは(・∀・)イイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました