2020.05 日本製の高音質LinuxのKLUE 4.0リリース!!セレロン搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール

Linux

今日はKLUE 4.0を使ってみたいと思います

ご存知かと思いますがKLUEは、あの高音質で有名なKona LinuxのUbuntu Editionです 当然KLUE 4.0がリリースとなると自分的にはインストールしたくなります

セレロン搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64に、インストールしてみたいと思います

Sponsored Links

KLUE 4.0

Release 2020.05.14
Type Linux
Based on Ubuntu
Architecture x86_64
Desktop Cinnamon, LXDE, Gnome, MATE, KDE Plasma, Xfce, Budgie

ダウンロード

4.0 - Google ドライブ

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnter キーを押します

インストール

起動しました 左側にあるインストーラーのアイコンをクリックします

インストーラーが起動しました

使用する言語を選択します

キーボードレイアウトを選択します

日本で販売されているWindowsを搭載したパソコンは、下記選択でOKです

アップデートと他のソフトウェアのインストールの選択です

この辺はチェック入れたほうが無難ですね

インストールの種類を指定します

パソコンに搭載されているストレージの何処にインストールするか指定します
このパソコンのストレージはパーティションを切ってあるので「それ以外」を選択します

続ける をクリックすると下記ウィンドウが開きます はい をクリック

インストールするパーティションを選択し、下記のように編集します

上でOK をクリックすると下記ウィンドウが開きます 続ける をクリックするとパーティションの変更が実行されます

パーティションの変更が終了したら、下にあるインストール をクリックでインストール開始します

ロケーションを地図上をクリックして指定します

ユーザー情報を入力します

インストールは15分前後で終了します インストールにかかる時間はパソコンのスペックで前後します

インストール完了しました パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜きます

パソコンの電源を入れてKLUE4.0を起動させます

KLUE4.0が起動して一番に下記ウィンドウが開きます はい をクリックします

パッケージの追加が始まります

パッケージ追加が終了すると下記ウィンドウが開き、インストールの終了になります

Desktop

KLUE4.0のデスクトップはパネルは上に設置 下にはDockランチャーのPlankが設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネル左側

① アプリケーションメニュー
② Slingscoldランチャー

クリックで全画面表示のSlingscoldランチャーが開きます

③ デスクトップを表示

クリックで全てのウィンドウが閉じてデスクトップが表示されます

パネル右側

④ 音量調整

サウンドデバイスの音量調整です

⑤ Fcitx

インプットメソッドフレームワークのFcitxです 日本語入力関連のツールです

⑥ ネットワーク

ネットワークの設定 接続可能なWi-FiのSSIDを表示・設定・接続ツール

⑦ リソースモニタ(CPU)

パネル上にCPUのリソースモニタが表示されます クリックでタスクマネージャが起動します

⑧ リソースモニタ(RAM)

パネル上にRAM(メモリ)のリソースモニタが表示されます クリックでタスクマネージャが起動します

⑨ 日時

パネル上は時計を表示 クリックでカレンダーが表示されます

⑩ Xfcashboard

クリックで起動しているウィンドウ一覧と、右側にはワークスペース一覧が表示されます

⑪ セッションのオプション

Plank

⑫ LXTerminal

ターミナルエミュレータのLXTerminalです

⑬ Thunar

ファイルマネージャーのThunarです

⑭ Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

デスクトップの設定には、多くのKona Linux感溢れる画像が用意されています

とりあえず綺麗なお姉さんの画像を発見したので、壁紙を変更しました

システムツール

ソフトウェア

アプリ管理ツールのソフトウェアです GUI操作にてアプリのインストールが行えるツールです

Synapticパッケージマネージャ

アプリ管理ツールのSynapticパッケージマネージャです こちらもGUI操作にてアプリのインストールが行えるツールです

アプリケーション

インターネット

インターネットアプリのSkypeです 因みにGoogle Chromeは追加インストールしました

オフィス

オフィスアプリはLibreOfficeが入っています

グラフィックス

グラフィックスアプリは画像編集のGIMPが入っています

マルチメディア

マルチメディアアプリは、軽量高音質ミュージックプレイヤーのAudaciousです

日本語入力

KLUE4.0は日本語入力をインストール後に使うことができます

パネルにはFcitxが常駐しmozcで動作します

Youtube

日本製の高音質LinuxのKLUE4.0リリース!!Panasonic Let's note CF-N9LWCJDSで起動

あとがき

やっぱ日本人のディストリビューションは良いですよね

高音質は別として、日本人の作ったディストリビューションは最高です だって普通に日本語環境で使えるじゃないですが! Linuxは基本、英語で作られている事が多く、運用に至るまでアレコレしなきゃダメですよネ そんな煩わしさが全く無く使える

実はこの記事もインストールしたKLUE4.0で作成しています 普通に問題なく快適に使えているので、作者には感謝しています ありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました