2021.02 Netrunner Desktop 21.01xoxoを、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に日本語インストール

Debian

今日は2021.02.20にリリースされた、Netrunner Desktop 21.01xoxoを使ってみたいと思います

Netrunnerは、Germany(ドイツ)発の、Debian GNU / Linuxオペレーティングシステムに基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです

PC・ラップトップ・ネットブック・ARMマイクロコンピューター向けのLinux OSで、KDE Plasmaデスクトップ環境でカスタマイズ Netrunne Desktop版・NetrunnerCore版の2バージョンがあり、どちらもDebianStableに基づきビルドされています

Netrunne Desktop版はデフォルトのバージョンで、現代人向けのアプリがプリインストールされたフルセットバージョンです

NetrunnerCore版はスリム化されたバージョンで、一般的にネットブック向け 低スペックのハードウェアで起動し、最小限のアプリケーションとマルチメディアコーデック等を備えたバージョンです

セキュリティ面ではNetrunnerは、Linuxの信頼性と堅牢性を備え高度なセキュリティ機能でマルウェアやスパイウェアからユーザーを保護 独自のアップデートマネージャーでOSを定期的にアップデート ビギナーユーザーでも安定したコンピューターを簡単に使うことができます

今日はNetrunne Desktop版を、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 にインストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Netrunner Desktop 21.01xoxo

Release 2021.02.20
Type Linux
Based on Debian (Stable)
Architecture aarch64, armhf, x86_64
Desktop KDE Plasma

ダウンロード

Netrunner GNU/Linux

今回使用したISOイメージファイルはnetrunner desktop 2101-64bit.isoです

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnterキーを押します

起動しました

インストール

デスクトップ左側にあるインストーラーのアイコンをクリックで起動させます

使用する言語を選択します
ここで日本語を選択すると、インストーラーは日本語にて使う事ができます

ロケーションを地図上をクリックして設定します

キーボードレイアウトを設定します
日本で販売されているWindows系のパソコンは、下記選択でOKです

インストールするパーティションを選択します
このパソコンには他OSも入っているので、手動パーティションを選択します

インストールするパーティションをクリックして、下記の様に編集設定します

ユーザー情報を入力します

最終確認です
確認後にインストールをクリックします

インストール開始しました インストールは15分前後で終了します

インストールにかかる時間は、パソコンのスペックで前後します

インストール終了しました パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜いて終了です

パソコンのBoot画面

Boot画面にはインストール済みのOSも表示され、問題なく起動できました

ログイン画面

ログイン画面ではユーザーパスワード入力でログインできます

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、至って軽快 ★★★★☆
この辺のスペックのパソコンなら、大体のディストリビューションは快適に使う事ができます

Netrunner Desktop 21.01xoxoのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム 左側

アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューは全画面タイプが設置されています

Lock画面

Lock画面は、アプリケーションメニュー→電源/セッションで表示
設定したアイドル時間超過か、強制でコンピューターをロックさせる事ができます
ユーザーパスワードを入力でロックを解除できます

パネルアイテム 右側

音量調節

パソコンのサウンドデバイスの音量調節です

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

デスクトップの設定には、オリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

KDEシステム設定

各種設定ツールのKDEシステム設定です

Discover

アプリ管理ツールのDiscoverです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

Dolphin

高機能ファイルマネージャーのDolphinです

Konsole

ターミナルエミュレーターのKonsoleです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは軽快に動作します

LibreOffice

オフィスアプリのLibreOfficeです
このパソコンでは軽快に動作します

GIMP

画像編集アプリのGIMPです
このパソコンでは軽快に動作します

Audacious

軽量高音質ミュージックプレイヤーのAudaciousです

日本語入力

日本語入力関連ツールのFcitxをインストール設定します

Fcitxをインストール

Konsoleを起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc

パソコンを一旦ログアウトさせます

Fcitxを設定

パソコンをログインさせると、パネルにはFcitxが常駐しているのでクリックして設定を開きます

入力メソッドタブが、日本語キーボードMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

Netrunner Desktop 21.01xoxoは、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010で軽快に使う事ができました 全画面のアプリケーションメニューが苦手な方は使いづらく感じますが、比較的癖もなく使いやすいデスクトップに仕上がっています デスクトップ指向という名がピッタリなくらい、デスクトップ指向なOSです

KDE Plasmaデスクトップは比較的軽い環境なので、Netrunnerは想像以上に軽快です 以前のバージョンでは、Celeron N2830 搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で軽快に動作しているので、Windows7モデルの低スペックなパソコンでも動作すると思います

2020.2 Netrunner 20.01 twentyを、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で試してみた
今日は格好いいディストリビューションの Netrunner 20.01twenty を使ってみたいと思います 自分は恥ずかしながら、厨○気質がありこういうビジュアル系ディストリビューション系が好きだったりします しかし格好いいは正義です...

コメント

タイトルとURLをコピーしました