Ubuntu 21.04 Hirsute Hippoを、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010に日本語インストール

Debian

今日は2021.04.22にリリースされた、Ubuntu 21.04 Hirsute Hippoを使ってみたいと思います

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxに基づいたLinuxディストリビューションです 「誰にでも使いやすい最新かつ安定したOS」 UbuntuをベースにビルドされたLinuxは数知れず 抜群の安定感と安心感で、世界中で人気のディストリビューションです

Ubuntuは、ラップトップ・デスクトップ・サーバーとして利用することができ、家庭・学校・職場等で必要なワープロ・メールソフト・サーバーソフトウェア・プログラミングツールをプリインストール ユーザーはインストール後には、全て揃った環境でUbuntuを使うことができます

Ubuntuは、セキュリティを念頭に置いて構築されています こういった経緯より開発者が使用する人気のディストリビューションである理由の1つとも言われています UbuntuのCanonicalのセキュリティチームは、脅威のレビュー・脆弱性の修正・リリースのセキュリティ機能のアップグレードを常に行い、本番環境のシステムとワークロードを保護します

そしてUbuntuはLinuxビギナーユーザーを考慮して、root(管理者)でのログインは標準では無効になっていて、sudoを利用します ポートもデフォルトな状態では全て閉じています

安全・安定・安心 Ubuntuはユーザーに3つの安らぎを与えてくれます

今日はCore i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に、日本語インストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Ubuntu 21.04 Hirsute Hippo

Release 2021.04.22
Type Linux
Based on Debian
Package Management dpkg
Architecture armhf, i686, powerpc, ppc64el, s390x, x86_64
Desktop GNOME

システム要件(推奨) 20.04LTS〜

デスクトップサーバー
CPU2GHzデュアルコアプロセッサ以上1GHzプロセッサ以上
メモリ4GB1GB
ディスク容量25GB最低2.5GB
インターネット
導入のためのDVDドライブ
またはUSBポート
導入のためのDVDドライブ
またはUSBポート

この数値は公式よりアナウンスされているものです

Download

Enterprise Open Source and Linux | Ubuntu
Ubuntu is the modern, open source operating system on Linux for the enterprise server, desktop, cloud, and IoT.

今回使用するISOイメージファイルは、ubuntu-21.04-desktop-amd64.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このまま Enter キーを押します

このウィンドウが現れます
このままインストールに行っても良いですが、デスクトップにお目にかかりたいのでUbuntuを試すを選択します

起動しました
凄い壁紙です 実際自分のパソコンで見るとより感じます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動します

インストール

使用する言語を選択します

キーボードレイアウトを選択します
日本で販売されている日本語のWindowsの入ったパソコンは下記でOKです

アップデートと他のソフトウェアをインストールするか選択します
ここは無難に通常インストールで、その他オプションもチェックします

インストールの種類を選択します
このパソコンには他のOSも入っているので、任意のパーティションにインストール可能なそれ以外を選択します

インストールするパーティションを選択して下記の様に編集設定します
ここでインストールをクリックでインストール開始します

ロケーションを地図上をクリックして設定します

ユーザー情報を入力します

インストールは10分前後で終了します

インストール終了です
パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜いて終了です

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、軽快快適です ★★★★★
文句なしの抜群のパフォーマンスです

Ubuntu 21.04 Hirsute Hippo のデスクトップはパネルは上に設置 パネルランチャーが左側に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

ログイン画面

ログイン画面ではユーザーパスワード入力でログインできます

Lock画面

Lock画面は、設定したアイドル時間超過か、強制でコンピューターをロックさせる事ができます
ユーザーパスワードを入力でロックを解除できます

パネルアイテム

アプリケーション

アプリケーションメニューは全画面タイプです

日時(通知エリア)

通知エリアはパネル上は時計を表示 クリックでカレンダーと通知エリアが表示
登録されたスケジュール等もポップアップ表示で知らせてくれます

システムトレイ

サウンドデバイスの音量調整・ネットワークの設定・セッションのオプション等の、システムの設定ツールです

右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです

デスクトップの背景の設定

デスクトップの背景の設定には、オリジナルの画像が用意されています

System Tools

設定

各種設定ツールの設定です

ファイル

シンプルなファイルマネージャーのファイルです

GNOME端末

ターミナルエミュレータのGNOME端末です

GNOMEは3.38ですね

Ubuntu Software

アプリ管理ツールのUbuntu Softwareです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

Applications

Fireofox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは軽快に動作します

Thunderbird

メールクライアントのThunderbirdです
このパソコンでは軽快に動作します

LibreOffice

オフィスアプリのLibreOfficeです
このパソコンでは軽快に動作します

画像ビューア

GNOMEの画像ビューアです
このパソコンでは軽快に動作します

Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです
このパソコンでは軽快に動作します

日本語入力

Ubuntu 21.04 Hirsute Hippoには、日本語入力関連ツールのIBusがプリインストール設定済みです
設定の確認をしてみます

入力メソッドの設定

設定ツールの設定を開きます
設定→地域と言語より入力ソースは、日本語キーボードMozcが設定されています

パネルにはIBusが常駐 クリックで入力を切り替えることができます

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

今回使用したパソコン

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

あとがき

安定して使いやすいUbuntuって面白味のないディストリビューションって見られがちですが、Ubuntu 21.04 Hirsute Hippoも想像通りのパフォーマンス これって普通に凄いことなんですけどね

求められるシステム要件も高めなので、これくらいはやってくれないとって感じもありますが…

今回のインストールに消費した容量は7.16GB(GParted・screenfetch込み)
インストールするなら、システム要件通り25GBは欲しいところですね

パソコンもインストールするならWindows7モデル以上ですね Vistaモデルでも行けると思いますが、スペック次第 何にしても、そこそこのスペックを使わなきゃですね

Ubuntu12.04LTS はPentiumⅢ RAM384MB搭載のCF-R1にインストールできたんですけどね….

因みにUbuntu 21.04のサポート期限は2022年1月迄で、Ubuntu 20.04.2 LTSは2025年4月迄です
新しいものを選ぶか長期サポートを取るかはユーザー次第…

コメント

タイトルとURLをコピーしました