2022.01 Kali Linux 2022 W01 liveを、Core 2 Duo P8600搭載の東芝 Dynabook TH/64H2でLive Boot起動

Debian
Sponsored Links

2022.01にリリースされたKali Linux 2022 W01 liveを使ってみたいと思います

Kali LinuxはSwitzerland(スイス)発のDebianベースの侵入テストディストリビューションです

ターゲット環境の内外でネットワークにアクセス不可な隔離された環境下で侵入テストを行いビルド セキュリティや実用的なアプリやツールを備えたLinuxです

頻度の高いセキュリティアップデートやARMアーキテクチャをサポート
Kali Linuxは4GNOME, KDE Plasma, Xfceデスクトップ環境を提供

今回はデフォルトのデスクトップのXfceをセレクトします

今日はCore 2 Duo P8600搭載の東芝 Dynabook TH/64H2でLive Boot起動させてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Kali Linux 2022 W01 live

Release 2022.01
Type Linux
Based on Debian (Testing)
Package Management DEB
Architecture armel, armhf, i686, x86_64
Desktop GNOME, KDE Plasma, Xfce

推奨スペック

CPU: ー
RAM: 1GB
STORAGE: 20GB

ダウンロード

Kali Linux | Penetration Testing and Ethical Hacking Linux Distribution
Home of Kali Linux, an Advanced Penetration Testing Linux distribution used for Penetration Testing, Ethical Hacking and network security assessments.

今回使用するISOイメージファイルは、kali-linux-2022-W01-live-amd64.isoです
このISOイメージはインストールできないLiveセッション専用イメージファイルです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このまま一番上を選択Enterキーを押します

起動しました

Liveセッションでの日本語化

QTerminalを起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE=”ja_JP:ja”
$ source /etc/default/locale
$ echo $LANG

一旦ログアウトします

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は至って軽快 ★★★★☆
普通に即戦力で使うことができます

Kali Linux 2022 W01 live のデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

Whisker Menu

アプリケーションランチャーは、Xfce環境の機能的でシンプルなWhisker Menuが設置されています

タスクマネージャー

パネル上はシステムモニターを表示 クリックでタスクマネージャーが起動します

ネットワーク

優先ネットワーク・無線Wi-Fiネットワークの接続可能なSSIDを表示・設定・接続ツールです

サウンドコントロール

パソコンのサウンドデバイスの音量調節です

クリックメニューよりオーディオミキサーを呼び出せます

通知

デスクトップの通知領域です

電源管理

コンピューターの電源管理ツールです ディスプレイの輝度調整は、このパソコンで正常に機能しました

日時

パネル上は日時を表示 クリックでカレンダーが表示されます

セッションのオプション

コンピューターをログアウト・シャットダウン等実行できるツールです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです
Xfce環境なのでアプリケーションランチャーも設置されています

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

設定マネージャー

Xfce環境の各種設定ツールの設定マネージャーです

Thunar

Xfce環境の高機能なファイルマネージャーのThunarです

QTerminal

軽量なターミナルエミュレータのQTerminalです

Applications

Chromium

Chromiumは、すべてのユーザーがWebを体験するための、安全で高速な安定した方法をを目的としたオープンソースのウェブブラウザです

このパソコンでは軽快に動作します

Firefox

Kali Linux 2022 W01 liveはFirefoxもプリインストール済みです

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは軽快に動作します

Mousepad

テキストエディタのMousepadです

VIM

Vimは、vi から派生した高機能なテキストエディタです
VimはCUIでキーボードを使って動作させます 慣れないうちは戸惑うと思いますが、慣れれば心強い多機能なエディタです

ristretto

Xfceの画像ビューアのristrettoです

Parole

Xfce環境のシンプルなメディアプレイヤーです

日本語入力

日本語入力関連ツールのFcitxをインストール設定します

Fcitxをインストール

QTerminalを起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc

一旦ログアウトします

Fcitxを設定

再ログインするとパネルにはFcitxが常駐しているので、クリックして設定を開きます

入力メソッドで、日本語キーボードMozcが設定されていることを確認します

デフォルトでは英語キーボードとMozcが設定されているので、英語キーボードを削除して日本語キーボードを追加してあげましょう

テキストエディタを起動して日本語入力のテストをします

あとがき

Kali Linux 2022 W01 liveはCore 2 Duo P8600搭載の東芝 Dynabook TH/64H2で快適に動作しました

Kali Linuxは特異な機能の性質上、詳しい使用法の説明はできませんが
興味を持たれた方は自力で使用しましょう

今回使用したパソコン

東芝 Dynabook TH/64H2

CPUCore 2 Duo P8600(2.40GHz)
RAMDDR2 SDRAM PC2-6400 4GB (2GB ×2)
VIDEOIntel Graphics Media Accelerator 4500(M/B内蔵)
STORAGESATA SSD 128GB
現在WIndows10にて運用中

コメント

タイトルとURLをコピーしました