Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成

Linux MintにはUSBメモリフォーマッタUSBメモリライタというアプリがバンドルされています
このアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマットUSBメモリのライティングアプリです

しかも使い方が簡単!!

自分の知っているこの辺のアプリの中で一番簡単 しかもライティングの失敗が少なく確実にLive BootできるUSBメモリを作成できる優秀なアプリです

この2つのアプリはUSB Stick Formatterという名前で拡張子debパッケージで提供されて、UbuntuやDebianでも使うことが出来ます

拡張子debはdpkgコマンドを使って、パッケージのインストールを行います

今回はUbuntuを使ってUSB Stick FormatterでISOファイルを、USBメモリに書き込んでみたいと思います

Sponsored Links

使い方

Linux Mintのパッケージページより、mintstick_1.4.1_all.deb をダウンロードしてきます

インストールします

ダウンロード

Index of /pool/main/m/mintstick/

USB Stick Formatter

起動します

接続しているUSBメモリを選択 Format をクリックします

数秒でフォーマット完了

USB Image Writer

起動します 書き込みをするISOと書き込むUSBメモリを選択

Write をクリックします

数分で書き込み完了します

まとめ

如何でしたでしょうか?簡単でしょ

一回この使い易さを経験すると他は使えなくなりますよ

タイトルとURLをコピーしました