Puppy Linux

Puppy Linux

Puppy Linuxは、BarryKauler氏によって作成されたホームユーザーのコンピューター向けの、ユニークなコンピューティングソリューションです

300MB以下の小さいサイズで、一般的に使用する為の全てのツールが含まれており、高速で起動し直ぐに使用できます 最新のコンピューターから古いコンピューターに至るまで多くのフレーバーに最適化され、誰にでも使える使いやすさを持ったユーザーフレンドリーなLinuxです

可愛い子犬は、きっと貴方にとって最愛のパートナーになってくれるでしょう

Linux

2021.04 超軽量なToOpPy Linux24 32bitを、Pentium M753 RAM512MB 搭載のPanasonic Let’s note CF-W4で日本語起動

Debian

2021.04 超軽量なLxPup FF+D 21.02 32Bitを、Pentium M 753 RAM512MB 搭載のPanasonic Let’s note CF-W4に日本語インストール

Linux

2021.03 PentiumⅢ RAM384MB 搭載のPanasonic Let’s note CF-R1に、超軽量 Puppy Linux 7.0 Slacko 32bit を日本語インストール

Linux

2021.01 最新の超軽量 Puppy Linux 7.0 Slacko 32bit を、WindowsXP世代のCore Solo搭載のPanasonic Let’s note CF-R5にインストール

Linux

2020.09 Puppy Linux Fossapup64 9.5を、Celeron N2830搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

2020.07 超低スペックのPentiumⅢ搭載のPanasonic Let’s note CF-R1で、超軽量 Puppy Linux派生のWee Dog Slitaz RC7を日本語起動

Debian

2020.07 Puppy Linux派生のSparky Bonsai 2019 を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

2020.06 超軽量なPuppy LinuxのLxPupBionic-19.03を、Atom搭載の VAIO TypePで日本語起動

Linux

2020.05 Puppy Linux ForumのUPupEF-20.04+2を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

2020.05 Puppy LinuxのラズパイエディションのRaspbian Buster Raspup 8.2.0を、Raspberry Pi 4 Model B 4GBで起動

タイトルとURLをコピーしました