2019.12 古いパソコンのVAIO Type Pで、最新の軽量LinuxのDebian 10.2 を日本語でインストールする

Debian

今回はDebianのインストールをVAIO TypePを使って実践してみたいと思います

世界には多くのLinuxのディストリビューションが存在します その多くはDebianを使っているものが多く、Linuxを使うなら先ずはそのDebianを使いたい所です

使用するパソコンはWindows Vista世代のVAIO TypePです Windows Vistaでも快適に使い切れなかったスペックの低さは、もはやWindowsXP世代と言っていいほどロースペックなパソコンです そんなVAIO TypePも発売から10年 忘れようとも忘れられない我々に色々な意味で傷跡を残したTypPですが、自分は今でも現役で使っています それもLinuxのお陰なのです そんなVAIO TypePにDebian10.2 32bitをインストールしてみたいと思います

今回使うDebianのデスクトップ環境はXfceです VAIO TypePなので出来れば超軽量なLXDEデスクトップを選びたいところなのですが、ここは敢えてXfceを選択 自分が推しているXfceの軽量具合を見せつけたいと思います

Sponsored Links

Debian 10.2 Xfce 32bit

Type Linux
Based on Independent
Architecture aarch64, armel, armhf, i386, i686, mips, mipsel, ppc64el, s390x, x86_64
Desktop AfterStep, Awesome, Blackbox, Cinnamon, Fluxbox, flwm, FVWM, GNOME, i3, IceWM, ion, JWM, KDE, LXDE, LXQt, MATE, Openbox, pekwm, Ratpoison, WMaker , Xfce

ダウンロード

Debian -- The Universal Operating System
Debian is an operating system and a distribution of Free Software. It is maintained and updated through the work of many users who volunteer their time and effo...

Vaio TypeP VGN-90HS

CPU Intel® Atom Processor Z540
RAM DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE SSD64GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

Debianを起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます [enter」キーを押します

インストール

Debianが起動しました このままLive Bootで使う事も出来ますがインストールを始めます 丸印をクリック インストーラーが起動します

インストーラーが起動したら四角印のプルダウンメニューにて日本語を選びます インストーラーは英語で起動しますが日本語を選ぶと日本語表示に変わります 次へをクリック

ロケーションを選びます 地図で日本を選ぶとAsia/Tokyoになり、システム言語とロケールが日本語でインストールされます 次へをクリック

次に使用するキーボードの選択です 前画面で日本語を選択すると自動的にjapaneseになります そのまま次へをクリック

次はインストールするドライブのパーティションを選択します ドライブ内を全て消す場合は「デバイスの消去」を、手動にてデバイスを選択する場合は「手動パーティション」を選びます ここは「手動パーティション」を選択します

当方のVAIO TypePはsda7を使ってインストールします sda7パーティションをダブルクリックすると「パーティションの編集」メニューが立ち上がりフォーマットやファイルシステムのオプションが選択できます このVAIOではsda7をファイルシステムをext4でフォーマットを選択しました 次へをクリック

※ロースペックのパソコンを使う場合Linux Swapも作成します そのパソコンが2GBメモリを積んでいたら同じく2GBのスワップ領域を作成します

ユーザー情報を入力します 終了後に次へをクリック

入力した項目の最終確認です 問題なければ「インストール」をクリック インストールが始まります

インストールにかかる時間はパソコンのスペックで変わります このVAIO TypePは20分強くらいかかりました

インストールが終了しました 再起動する際は、一旦パソコンを終了させてUSBメモリを抜いてから起動させましょう

起動

Debianを起動させます

当方のVAIO TypePはWindows7がインストールされています そこにDebianを追加でインストールした場合、インストール時にブートローダーか書き換えられ、Windows7とDebianのマルチブートのブートローダーになります その際の優先順位はDebianが上位に来てブート画面が表示された時にWindows7を選択しない限りDebianが起動します

※優先順位を変えたい場合はブートローダーをコマンド編集します 初心者は「grub customizer」というツールがコマンドを編集ではなくGUI操作にてブートローダーを編集できるツールですのでお勧めです

Debianを起動するのでブート画面が表示されたら[enter]キーを押します

Debianが起動しました 左上の「アプリケーション」がWindowsで言う「スタートメニュー」です

クリックするとインストールされているソフト類が表示されます 当方が選んだDebianはXfceなのでソフトは程よくインストールされてます

タスクマネージャー

タスクマネージャを起動させます

Xfceなので若干CPUの挙動が激しいですが許容範囲です メモリの消費率は想像より少なめで良い感じです

Tarminal

Tarminalを起動しupdateをします

下記コマンド入力します ついでなのでGPartedとAudaciousをインストールします

$ sudo apt-get update

GParted

パーティション管理ツールのGPartedです

今回Debianをインストールしたパーティションはsda7です 10GBの容量で切ってありますがインストールで6.55GB消費しました Xfceの場合はもう少し多めに余裕を持って20GBくらい用意した方がいいですね

VAIO TypePの音飛び問題

これはVAIO TypePネタなのですが、メディアファイルを再生する際に音飛びがする事があります

Debian Xfceは音声入出力にPulseAudioを使っていますがAudaciousの設定でPulseAudio以外で設定してあげると音飛びが止まります ちなみにALSAも音飛びする場合があります VAIO TypePで使う場合はインストールしたディストリで違うので、臨機応変に設定を変えて使っています

Firefox

ブラウザのFirefoxを起動します

想像よりか起動が早いです ブラウジングはそれなりですのでPalemoonみたいな軽量ブラウザを入れた方がいいですね YoutubeはTypePでは観ません

オフィス

オフィス系のソフトもLibreOfficeで全て揃っています

MS社のオフィスと遜色なく無料で使えるので助かっています ちなみに下図はLibreの表計算ソフトです

Thunar

ファイルマネージャはXfceなので軽量高機能のThunarが入っています

Xfceはカスタマイズが細部に渡ってできるので弄り甲斐があります

設定マネージャー

設定マネージャーです

ここで外観からオプションに至るまで設定できます ノーマルのXfceは地味なので少し設定を変えましょう

少し変えてやっただけ見た目の印象が変わりますよね Xfceは設定し甲斐のあるデスクトップ環境なので、外観の設定に凝るとハマってしまいますよ

あとがき

今回はDebianのインストールから起動までを紹介しましたが如何だったでしょうか

今一番Linuxで有名なディストリビューションUbuntuもDebianのディストリなのでUbuntuが使えれば使えると思います それにしてもXfceデスクトップ環境は素晴らしいです こんなに高機能なのに軽量で使える しかもVAIO TypePで使えるんですよ これがどんなに素晴らしいことかTypeP使った事のある方なら判るかと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました