2019.12 Windows7とLinuxが入っているCF-R6に、PCLinuxOS をインストール マルチブート化する際のパーティションの切り方

Linux

前回レッツノートCF-R6にSolusをインストールしWindows7とマルチブート化しました 今回は残っているHDDの容量を無駄なく使い、新たにLinuxをインストールしたいと思います

今回インストールするディスリビューションはPCLinuxOSです Xfceデスクトップ環境なのでCF-R6で快適に使えるか楽しみです

Sponsored Links

PCLinuxOS 2019.11

Type Linux
Based on Independent
Package Management RPM (APT)
Architecture x86_64
Desktop KDE Plasma, MATE, Xfce

ダウンロード

So cool ice cubes are jealous » PCLinuxOS

CF-R6AW1BJR

CPU Intel(R) Core 2 Duo U7500
RAM DDR2 SDRAM 1.5GB
STORAGE SATA 500GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

パーティションの編集

前回Solusをインストール終了時点でのHDDです

パーティションについて

HDDでプライマリーパーティションは4個まで、拡張パーティションは1個作成する事が可能です 拡張パーティションには理論パーティションを無限に作成可能です

デュアルブートする際のパーティションの切り方の注意事項

Windows7とLinuxをデュアルブートする際の一番の注意事項はパーティションの切り方です Windosw7はブートローダーとOSで2個のパーティションを使います Linuxをインストールする場合LinuxとSwapで2個パーティションを使います WindowsとLinuxで合計4個のパーティションを使用しますので、これ以上はプリマリーパーティションを作成する事ができません デュアルブートで運用する際に必要なパーティションはWindowsとLinuxで4個と、データ保存の1個を使います

データドライブ

Windows7はファイルシステムntfsを使い、Linuxはファイルシステムext4を使います Windows7側からはLinuxのインストールしているext4はアクセス出来ません Linuxはntfsにアクセス出来ます ですのでデータドライブは共にアクセスできるntfsで作成します

拡張パーティションと理論パーティション

拡張パーティションはHDDに1個だけ作成できます そして拡張パーティションの中に理論パーティションを制限無く作成できます

Windows7とLinuxでデュアルブートする場合、Windowsでプライマリーパーティションを2個 Linuxでプライマリーパーティションを1個 そしてそれ以外に拡張パーティションを1個作成し、その中に足りない分を理論パーティションにて作成します

因みにパーティション編集は、現在使用しているパーティションの編集も可能です ※切り方により時間がかかる場合があります

こんな感じで編集しました これで更に4個Linuxを入れる事ができますw

PCLinuxOS をUSBメモリで起動~インストール

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

電源ONで自動的に起動します 起動しました しかし明らかにディスプレイの解像度が変です 設定を確認します

Resolutionがデスクトップの解像度ですが選択されていません

プルダウンメニューでCF-R6の解像度1024×768を選択 [Apply]でOKです

インストール

左下の「Install Me」をクリック インストールが始まります

インストーラーが起動しました

パーティション名が文字化けしますがインストールには影響ないので進めます 下部のCustom disk partitioningにてsd10を選択し[Next]をクリック

sda10をファイルシステムext4にフォーマットしインストールします [Next]をクリック

インストールの最終確認です [Next]をクリック

インストール開始します この辺の一連の流れはDebianのインストールと違うので戸惑うかも知れません

インストール終了時にブートローダーの確認です GRUB2形式でsdaにブートローダーをインストール [Next]をクリック

ブート画面でのデフォルトOSの選択です LubuntuをデフォルトにしたいのでUbuntuを選択 [Finish]をクリック

インストール終了しました [Finish]をクリックすると再起動しますが、右上の×をクリックしシャットダウンします USBメモリを抜いてパソコンを再起動します

起動

パソコンを再起動します

先ずはブート画面が表示されます インストールされているOSは全て無事に表示されています PCLinuxOSを起動させます

PCLinuxOSが起動しました

メニューランチャー

メニューランチャーのアイコンがXfceのネズミです これだけで自分は満足です^^

文字化け処理

Live Boot時に文字化けが有ったので日本語フォントを入れます

Terminalを起動します
管理者権限でファイルマネージャを起動します
そしてフォントをコピーしてあげます

ホームディレクトリに ~/.fonts というディレクトリを作成
そこに好きなフォントを入れてあげます これで反映されますが、されない場合は下記コマンドでOKです

$ fc-cache -fv

フォントインストール完了 文字化けしていたsda1が表示されました

Settings

各種設定ツールのSettingsです 

Control Center

PCLinuxOSの設定ツールのControl Centerです
システム・ハードウエア類の設定が出来ます

タスクマネージャー

タスクマネージャを起動 CPU稼働率は若干高め メモリ消費率は無難なところです Core2Duoなのでこんな所でしょう

壁紙をXfceのネズミに変更 なかなか良い感じです

Deadbeef

ミュージックプレイヤーは高音質のDeadbeefを入れました 軽快に動作してくれます

あとがき

今回はPCLinuxOSのインストールとマルチブートする際のパーティションの切り方について書きましたが如何でしたでしょうか

パーティションの切り方はパソコンを使っていく上で大切な知識です マルチブートはとても便利な使い方が出来ます 多くのディストリビューションを試して、自分に合ったものを探し出せれば、快適なパソコンライフを送れると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました