2020.1 Manjaro Linux 19.0 Pre3を試してみた

Arch
Sponsored Links

Manjaro Linux 19.0 Pre3が出たので早速試してみたいと思います 64bit版なので、省電力ベアボーンECS LIVE STATION LS-4-64で起動してみたいと思います

Sponsored Links

manjaro xfce 19.0 pre3 64bit

Type Linux
Based on Arch
Package Management Pacman, snap
Architecture aarch64, x86_64
Desktop Awesome, bspwm, Budgie, Cinnamon, GNOME, i3, KDE Plasma, LXQt, MATE, Openbox, Xfce

推奨システム要件

CPU1GHz
メモリ1GB
ディスク容量30GB
高解像度(HD)グラフィックスカードとモニター
ブロードバンドインターネット接続

この数値は公式よりアナウンスされているものです

Manjaro Linux
Manjaro LinuxはArch Linuxをベースとした、ユーザーフレンドリーなディストリビューションです ManjaroはArch Linuxと互換性を持ち、Arch Linuxと同様にローリングリリースモデルを採用 アプリ管理にも...

ダウンロード

Download - Manjaro Linux - OSDN
Download - Manjaro Linux #osdn

LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

ブート画面が現れます タイムゾーン・キーボードレイアウト・言語を日本を選択し、Bootで[enter]キーを押すと起動します

Desktop

起動しました 起動後の挙動は安定し、Manjaroが世界中で人気な理由が手に取るように判ります

設定マネージャー

各種設定が変更できる設定マネージャです Kvantumマネージャがあるので開いてみます

Kvantumマネージャー

Kvantumマネージャーはテーマツールらしいですね

かなり多くのテーマが用意されています ネットで同期してテーマを取得するみたいですね

こんな感じでテーマ変更ができます

Thunar

ファイルマネージャは軽量高機能のThunarです

Pamac

アプリ管理ツールのPamacです GUI操作にてアプリのインストール・削除・更新できるツールです

Bauh

アプリ管理ツールのBauhです 試しにGoogle-Chromeをインストールしてみます

簡単にインストールでき起動しました これはWindows7の乗り換え組で初めてManjaro使う人にでも簡単に扱う事ができるので便利なツールですね

Audacious

ミュージックプレイヤーは軽量高音質のAudaciousです USBスピーカも問題なく音は再生されます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです 右クリックでファイルマネージャを管理者権限で起動できるのが良いですね アプリランチャーがあるのも便利で良いです

デスクトップの設定

右クリックと言ったらデスクトップの設定 壁紙の変更をします Manjaroにはセンスの良い壁紙が多く用意されています

ManjaroのXfceのメニューランチャーはカスタマイズ可能で、使い方に合わせて色々な事が出来ます

Thunderbird

メールクライアントは定番のThunderbirdです

あとがき

Manjaro Linux XfceはWindows7の乗り換えでお勧めしたディストリですが、19.0Pre版でも安定して使えました Windows系を使ってきた方でも問題なくインストールして使う事ができます ManjaroはArch Linuxのローリングリリースなのでシステムの更新も断続的に行われ、ネットでの情報も豊富なので安心して使う事ができます 自分はVAIO TypePにManjaro18をインストールして使っていますが安定しすぎて、もはやTypePと一体化された感がありますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました