2021.01 Linux Mint 20.1 Ulyssa MATE を、Celeron N2830 搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール

Linux

今日はLinux Mint 20.1 Ulyssa MATEを使ってみたいと思います

先日はLinux Mint 20.1 Ulyssa Cinnamonを、Windows7モデルのCore i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 にインストールしました 今回はそんなLinux MintのMATEデスクトップ版をCeleron N2830 搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストールしてみたいと思います  MATEデスクトップは機能的で、Cinnamonデスクトップに比べて比較的軽量で低スペックのパソコンでもLinux Mintを楽しむことができます

Linux Mint 20.1 Ulyssa については、先日の記事をご覧ください

2021.01 Linux Mint 20.1 Ulyssa Cinnamon を、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 にインストール
今日はLinux Mint 20.1 Ulyssa Cinnamonを使ってみたいと思いますLinux Mintは Ireland(アイルランド)発の、Ubuntu (LTS)に基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです...

今回リリースされたLinux Mint 20.1は、2025年までサポートされる長期サポート版なので、Linux Mintに乗り換える絶好の機会です

今日はCeleron N2830 搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストールしてみます

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Linux Mint 20.1 Ulyssa MATE

Release 2021.01.08
Type Linux
Based on Ubuntu (LTS)
Package Management dpkg
Architecture x86_64
Desktop Cinnamon, MATE, Xfce

Download

Main Page - Linux Mint
Linux Mint is an elegant, easy to use, up to date and comfortable GNU/Linux desktop distribution.

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

インストール

インストール作業の詳細は割愛します 先日のインストールした記事をご参考にしてください

2021.01 Linux Mint 20.1 Ulyssa Cinnamon を、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 にインストール
今日はLinux Mint 20.1 Ulyssa Cinnamonを使ってみたいと思いますLinux Mintは Ireland(アイルランド)発の、Ubuntu (LTS)に基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、そこそこ軽快 ★★★☆☆
普通に使えるレベルで動作します

Linux Mint 20.1 Ulyssa MATEのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

ログイン画面

ログイン画面ではユーザーパスワードを入力でログインできます

Lock画面

Lock画面は、設定したアイドル時間超過か、強制でコンピューターをロックさせる事ができます
ユーザーパスワードを入力でロックを解除できます

パネルアイテム 左側

Mint Menu

MATEデスクトップのMint Menuは機能的で使いやすいランチャーです

パネルアイテム 右側

アップデートマネージャー

システム・アプリ等の更新を通知・設定できるツールです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの外観の設定

背景画像はMint系やMATE系の背景画像が用意されています

System Tools

コントロールセンター

各種設定ツールのコントロールセンターです

ソフトウェアマネージャー

アプリ管理ツールのソフトウェアマネージャーです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです
因みにアップデートマネージャーとは別ツールです

Caja

ファイルマネージャーのCajaです

MATE端末

ターミナルエミュレーターのMATE端末です

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは起動は遅いですが、起動後はそこそこ軽快に動作します

LibreOffice

オフィスアプリのLibreOfficeです
このパソコンでは、そこそこ軽快に動作してくれます

Xviewer

画像ビューアのXviewerです

Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです

日本語入力

Linux Mint 20.1 Ulyssa MATEはインストール後に、特に設定することなく日本語入力を使うことができます

パネルに常駐しているFcitxをクリックして設定画面を開きます
入力メソッドは日本語キーボードMozcが設定されています

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

Linux Mint 20.1 Ulyssa MATEは、そこそこは軽快に動作しますが軽量なディストリビューションと言えるほどは軽量ではありません やはりUbuntu系のディストリビューションとの相性なのでしょうか、Debian・Arch・Manjaro・SparkyLinux系のMATEに比べて軽快には動作してくれない印象ですね

しかしながらMATEデスクトップの機能的な面での魅力は大きく、Linux Mntとの相性もあって総合的には使い勝手の良いディストリビューションに仕上がっています

カスタマイズ済みLinux Mint MATE

インストールするならWindows7モデルを使った方が無難ですね 今回使ったパソコンに搭載されているCPU以上は使いたいところです

コメント

タイトルとURLをコピーしました