2022.04 世界中で大人気で軽量なMX Linux 21.1 Wildflower を、 Core2Duo E4300搭載の富士通FMV DESKPOWER CE50W7にインストール

antiX
Sponsored Links

今日は2022.04.10 にリリースされた MX Linux 21.1 Wildflowerを使ってみたいと思います

MX LinuxはGreece(ギリシャ)発の、Debian(安定版)基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです antiXと前MEPISコミュニティの間の協力的事業として開発されたMX Linuxは、エレガントで効率的なデスクトップ 確かなパフォーマンスと安定感の組み合わせを意識し設計されたLinuxディストリビューションです

MX LinuxはXfceデスクトップをデフォルトに採用 魅力的でユーザーフレンドリー 高速で低リソースを目指す中規模デスクトップ環境で、独自の機能でネイティブXfce構成を強化 最新デスクトップ環境に求められる全機能モジュラーコアコンポーネントです

ブートオプションからリポジトリ管理までの幅広いアクションをカバーする専用ツールの「MXツール」

人気のアプリケーション・MXテストリポジトリ・Debianバックポート・Flatpaksをカバーする高速パッケージインストーラーなど、古いラップトップから最新のデスクトップまで幅広いハードウェアをサポート ユーザーは大切なコンピューターを末長く使うことが出来ます

今日はWindows Vista世代のパソコンのCore2Duo E4300搭載のFMV DESKPOWER CE50W7に、日本語インストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

今回は解像度1280×1024にて使用してみたいと思います

Sponsored Links

MX Linux 21.1 Wildflower

Release 2021.11.12
Type Linux
Based on Debian (Stable), antiX
Package Management dpkg
Architecture i686, x86_64
Desktop Xfce
MX Linux
MX LinuxはDebian安定版ベースの中量級のLinuxディストリビューションです antiXコミュニティとMXLinuxコミュニティの間の共同事業で開発のLinux 機能的にカスタマイズされたXfceデスクトップは、高い安定性と確か...

Download

ライブCDの部屋

今回使用するISOイメージファイルは、MX-21.1_x64.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままF2キーを押します

使用する言語を選択します

このままEnterキーを押します

起動しました それでは順に沿ってインストールを進めます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動

インストール

インストーラーが起動しました インストーラーは日本語で使うことができるので比較的簡単に扱うことができます

MX Linuxのインストールは下記記事をご参考にしてください

2021.04 最新軽量32bitのMX Linux 19.4を、Pentium M753 RAM512MB 搭載のPanasonic Let's note CF-W4 に日本語インストール
今日は2021.04.01にリリースされた、MX Linux 19.4を使ってみたいと思いますMX LinuxはGreece(ギリシャ)発の、Debian(安定版)基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです antiXと...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は至って軽快★★★★☆
普通に即戦力で使うことができます

MX Linux 21.1 Wildflowerのデスクトップはパネルは左側に設置 マウスは左シングルクリック実行の設定です

Whisker Menu

MX Linux 21.1 Wildflowerのデスクトップには、Xfce環境の軽快で使いやすいWhisker Menuが設置されています

サウンドコントロール

サウンドデバイスの音量調節です

クリックメニューよりオーディオミキサーを呼び出せます

セッションのオプション

コンピューターをログアウトやシャットダウン実行できるツールです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューはXfce環境なのでアプリケーションランチャーも設置されています

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

設定マネージャー

Xfce環境の各種設定ツールの設定マネージャーです

MX Tools

MX Linuxの設定ツールです
ハードからソフトに至るまで、幅広くユーザーをサポートします

MX Package Installer

MXツールの一つ アプリ管理ツールのMX パッケージインストーラーです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

Thunar

Xfce環境の高機能なファイルマネージャーのThunarです

Terminal

Xfce環境のターミナルエミュレーターのTerminalです

Applications

Fireofox

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは軽快に使うことが出来ます

LibreOffice

LibreOfficeはThe Document Foundation(ザ ドキュメント ファンデーション、ドキュメント財団)のオープンソースのオフィスアプリです

Writer(文書作成)・Calc(表計算)・Impress(プレゼンテーション)・Draw(ベクタードローグラフィック)・Base(データベース)・Math(数式作成)から構成され、MS社のオフィスと遜色ないパフォーマンスを見せてくれます

このパソコンでは、そこそこ動作します

LazPaint

LazPaintは、Lazarus(Free Pascal)で書かれたレイヤーとベクターシェイプを備えた無料のクロスプラットフォーム画像エディターです

Asunder

ミュージックCDをリッピングしてデジタル化できるLinuxのアプリのAsunderです

使い方は下記をご覧ください

CDをMP3や高音質なFLACにリッピングできるLinuxアプリのAsunder
どんどん溜まってゆくCDそんなCDをリッピングしてデジタル化できるLinuxのアプリのAsunderAsunderでCDをデーター化してお部屋を整理しましょうインストールDebianやUbuntu系のディス...

溜まったミュージックCDを高音質のFLACにリッピングして、KLUEでワンランク上のサウンドライフを満喫するのも、平凡な生活に簡単に贅沢を追加

FLACリッピングは超おすすめですよ 昭和〜平成の遺産を令和デジタルライフで・・・

Clementine

Clementineはマルチプラットフォームの音楽プレイヤーです 
Amarok1.4をインスパイアビルド 音楽の検索・再生が簡単に素早くできるのが特徴 ローカルミュージックライブラリの検索と再生 インターネットラジオの試聴 Box・Dropbox・Google Drive・OneDriveなどのクラウドストレージ等の連携など、多くの機能を搭載しています

日本語入力

日本語入力ツールは定番のFcitxをインストールして使います

Fcitxの設定

Fcitxはインストールするとパネルに常駐します クリックメニューより設定を開きます

入力メソッドの設定が日本語キーボードとMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

MX Linux 21.1 WildflowerはCore2Duo E4300搭載したWindows Vista世代のパソコンの富士通FMV DESKPOWER CE50W7で軽快に動作しました

今回のインストールで消費した容量は6.69GBと割と小さく収まりました インストールするなら25GB以上は欲しい所ですね この辺はユーザーの使い勝手で臨機応変に対応しましょう

インストールするパソコンはMX Linuxは32bit版の用意しているのでWindowsXP世代のパソコンからいけると思います

今回使用したパソコン

FMV-DESKPOWER CE50W7 FUJITSU

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 053juaifhiuahf-1024x576.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 054koiajojfoi-1024x576.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 051oiafjjfiafjio-1024x819.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 050jiufiuhiu.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 052jiufaiuuji.png
CPUCore 2 Duo E4300 1.8GHz
RAMDDR2 SDRAM PC2-6400 4GB (2GB ×2)
VIDEOIntel Graphics Media Accelerator X3000(M/B内蔵)
STORAGESATA HDD 320GB
Windows Vistaモデル
現在は超快適オフライン運用中です

コメント

  1. shell より:

    ダウンロードリンクがあったので、久しぶりにライブCDの部屋へ行ってみたらものすごいことになってましたね。あまりに気持ち悪いのですぐに閉じましたが、多分もう行ったきりなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました