2019.11 Linux Mint 19.2 Tina Cinnamon (32-bit)を試してみた

Debian

Linux Mint は好きなディスリの一つでレノボに64bit版を入れていて快適に使わせて頂いてます デスクトップ環境は相変わらずXfceが好きで、パソコンが非力で無い限りXfceを使っています Cinnamonのデスクトップ環境はWindows風で嫌いではないのですが無駄に描画効果を使いアプリも満載なので、余程気に入っているディストリで無い限り使わないですね Linux Mint Cinnamonは3~4年くらい前に使ったきり、ずっと疎遠です そんなLinux Mint Cinnamonを今回は試してみたいと思います Linux Mint は distrowatchでも安定のベスト3の人気で、Windows7世代のパソコンを所有してWindows7か10辺り使い慣れた人には、初めてでも直ぐに慣れて使える様な組み合わせのディストリなので結構お勧めです

今回はLS-4-64を使って試してみたいと思います Celeronを積んだパソコンでCinnamonの環境がどれくらい使えるか見物です

※)Linux MintのLive Bootは英語での使用になります インストールする場合は一番最初に言語選択できてインストールする際に日本語での操作が可能です

Sponsored Links

Linux Mint 19.2 Tina Cinnamon (32-bit)

OSタイプ: Linux
ベースディストリ: Debian, Ubuntu
アーキテクチャ: i386, x86_64
デスクトップ環境: Cinnamon, MATE, Xfce

LS-4-64

CPU:Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM:DDR3L 4GB
VIDEO:Intel® HD graphics
STORAGE:SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポートWiFi
BlutoothIEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Linux Mint 19.2 Tina Cinnamon をダウンロード

Linux mintの公式サイトにてダウンロードします Home→Downloadと進むとDownload linksの項目にCinnamon 32bitと有るのでクリック Download mirrorsのお好きな国(空いてそうなサーバー)のサーバーからダウンロードしましょう

Main Page - Linux Mint
Linux Mint is an elegant, easy to use, up to date and comfortable GNU/Linux desktop distribution.

Rufus (ルーファス) を使ってLive USBを作成する

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...

LS-4-64で起動

USBメモリを使っての起動には、Bios画面のBootメニューにて一番に起動するデバイスで、USBメモリを選択します そして再起動これで立ち上がります (パソコンによっては起動時にF11を連打しないと立ち上がらない場合もあります)

先ずこの画面が現れます [enter]キーを押します すると起動処理が始まりまもなく起動します 起動速度はパソコンのスペックによっては時間が掛かる場合があります

起動しました しかしこれで終了です 起動した瞬間の挙動で判ります このパソコンではハッキリ言って快適な動作は見込まれません 念のために設定画面にて描画処理等の設定を変えてみます

設定を変えても無理でした しかしこのままではネタになりませんので、非常に残念ではありますがCore i5のパソコンで試してみます

CF-N9LWCJDS

CPU:Core i5 560M
RAM:DDR3 PC3-6400 4GB
VIDEO:Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE:SSD128GB

CF-N9LWCJDS で起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます [enter]キーを押します

起動しました この瞬間に先ほどとの挙動の差というものが手に取るように判り「このパソコンはOK」という神の声が聞こえます とりあえずシステムモニターを起動しCPUやRAM消費量を確認します やはり Cinnamonのデスクトップ環境はRAMの消費の量がWindows並に高いです しかしそれとは裏腹に快適に動作するので使っていて気持ちが良いです 画面のエフェクト効果が多い割に、新しいパソコンの様に動作します 思わずインストールしたくなります

Linux Mintなのでカシオペエアのミントジャムでミュージックプレイヤーのチェックをします 普通にいい音がします 最近kona LinuxやUbuntu studioなどの高音質のディストリばかり使っていましたがLinuxは普通に使っても高音質なOSなので、特に音質への拘りのない人には良いOSですね

ブラウザ(Firefox)も軽快に起動し、サクサクとブラウジング出来ます Youtubeも 1080pな動画も余裕で再生出来ます やはり重いLinuxで快適に使うにはCore i5は必須なのですね Linux Mint Xfce環境ならLS-4-64でいける気がしますが、 Cinnamon を使う場合はCore i5以上のCPUでないとダメですね

まとめ

今回はLinux Mint 19.2 Tina Cinnamon (32-bit)を試しましたが、 Cinnamonのデスクトップ環境は Celeronでは動作はきつい事が判りました 最近比較的に重めのディストリを試してLS-4-64で意外と動くという結果に惑わされましたが、冷静に考えてグラボ等なしで Celeron だけの力で動かすなんて無理ゲーにも程がありました それでも、もしLinux Mintを Celeronのパソコンで使いたいのならLinux Mint の MATE か Xfce の32bitデスクトップ環境をお勧めします 今回のレビューとしては Core i5 第一世代+4GB RAMでかなり快適に動作し安定してるディストリでもあるので Linux Mint 19.2 Tina Cinnamon (32-bit) は普通にお勧めのディストリですね サポートもLTS(ロングチームサポート版)なので2023年4月までサポートされます

コメント

タイトルとURLをコピーしました