2020.1 Manjaro Gnome 19.0 テスト版を試してみた

Arch
Sponsored Links

manjaro-gnome-19.0-pre1-testing-200106-linux54

リリース日:2020-01-08
OS Type:Linux
ベースディストリ:Arch
アーキテクチャ:aarch64, x86_64
デスクトップ環境:GNOME, KDE, Xfce

CF-N9LWCJDS

CPU:Core i5 560M
RAM:DDR3 PC3-6400 4GB
VIDEO:Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE:SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

CF-N9LWCJDS で起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます タイムゾーン・キーボードレイアウト・言語を日本を選択しBootで[enter]キーを押します

起動しました Gnomeのデスクトップ環境は重いですが、そこそこのスペックで使えば快適に動作します シンプルで地味に使いやすいです

起動したらMirrorlistの更新をTerminalにて行います

$ sudo pacman-mirrors –fasttrack && sudo pacman -Syy

Manjaroサーバーの同期もTerminalにて行います

$ sudo pacman -Syyu

更新終了しました アプリ類を物色してみましょう ファイルマネージャのファイルです シンプルで使いやすいファイルマネージャです

アプリ管理ツールのPamacです アプリのインストールやアップデートを行います

Manjaroセッティングマネージャです システムやハードウェア関係の設定の変更が出来ます

デスクトップで右クリックすると、このメニューが開きます 設定を開いてみましょう

設定は環境設定等ができます

更に細かい部分の変更出来る Gnome Tweaksも入っています

ミュージックプレイヤーはLollypopです

ミュージックプレイヤーは誰がなんと言おうと、やっぱりAudaciousが一番です これだけは譲れません ><

デスクトップのレイアウトが変更出来る、Layout Switcherです ちょっと変えてみましょう

ちょっと変えただけでイメージが変わりますね 併せて壁紙も変更してみました Manjaroの壁紙はハイセンスなものが多いので好きです

お天気アプリです この辺はウィジェットの方が使いやすいですね

ウェブブラウザのFirefoxです i5のパソコンなので素早く起動し軽快にブラウジングできます

Gnomeデスクトップ環境なのでメモリ消費も大きいです しかし挙動は至って軽快ですので、そこそこのスペックで使うのが吉ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました