2020.03 LMDE4ことLinux Mint Debian Edition 4 32bitがリリースされたので、 Core2Duo搭載のSONY VAIO TypeCに日本語インストール

Debian

今日はリリース直後で話題沸騰のLinux Mint Debian Edition 4 debbieを、古いパソコンにインストールします

Linux Mintはアイルランド発のUbuntuベースのディストリビューションです Linux Mintは軽快な動作と使いやすさで、世界中で大人気のディストリビューションでもあります そんなLinux Mintを更に快適に動作させるべくDebianベースに作られたDebian Edition 今回新しいバージョンがリリースされました

アーキテクチャは32bit・64bit版があり、デスクトップはLinux Mintと相性のいいCinnamon Cinnamonは使いやすく、とても良いデスクトップ環境なのですが、重量級の環境でもあります そんなCinnamonをDebianを使うことにより軽量化 古いパソコンでも動作できるという胸熱な環境へと…

今回インストールに使うパソコンはCore2Duoを積んだSONY VAIO TypeC Windows Vista世代のパソコンです

Sponsored Links

Linux Mint Debian Edition 4 debbie Cinnamon 32bit

Release 2020.03.20
Type Linux
Based on Debian
Package Management dpkg
Architecture i686, x86_64
Desktop Cinnamon

ダウンロード

Main Page - Linux Mint
Linux Mint is an elegant, easy to use, up to date and comfortable GNU/Linux desktop distribution.

VAIO TypeC VGN-C90HS

CPUCore 2 Duo プロセッサー T7200
RAMDDR2 SDRAM、DDR2 667対応 2GB
GraphicsNVIDIA GeForce Go 7400 GPU
STORAGEHDD 80GB
IEEE802.11a/b/g
※キーボードが壊れて無いので、USB外付けを使用

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます そのまま[Enter]キーを押し起動させます

起動しました 左側にある「Install Linux Mint」をクリックしインストーラーを起動します

インストール

インストーラーが起動します 現時点では言語は英語です

言語選択です Linux Mintのインストーラーは、選択した言語でインストールできます

タイムゾーンです 地図をクリックで設定されます 因みにここから言語は一部日本語です

キーボードレイアウトの選択 インストールするパソコンで使用するキーボードを選択します 日本で売っているWindows系のパソコンは下記選択で大体OKです

ユーザー情報の入力をします 自分は「Login automatically」を選択したので、ログインの際のパスワード入力なしの自動ログインですがセキュリティ的にアレなので…

インストールするデバイスの選択です 自分は予めインストールするHDDのパーティションを編集しておいたのでマニュアルを選択します

パーティションは4つに分けました OSをインストールするSda1、3 SwapのSda2 データ保存のsda4 インストールはsda1にします sda1を編集します

マウントポイント・フォーマットは下記でインストールします

ブートメニューのインストールするデバイスを選択します HDDを複数積んでいない限り、ほぼデフォルトでOKです

最終確認です しっかり確認して、OKなら[Install]をクリックしインストール開始します

インストール開始します 通常は10分前後でインストール終了しますが、パソコンのスペックで時間は前後します

インストール終了後はパソコンをシャットダウンさせて、USBメモリを抜きます

Linux Mint起動

起動しました デスクトップにはウエルカム画面が表示されます 起動後の挙動はそこそこ軽量な感じ★★☆☆ しかしCinnamonのデスクトップ環境が、このパソコンで動くのは素晴らしいです

VAIO TypeCはデスクトップが狭いのでCinnamonのメニューランチャーが大きく感じます

Wi-Fi接続

下部に設置されているパネルの右側にあるネットワークのアイコンをクリックするとWi-Fi接続できるSSIDが表示されます 接続するSSIDを選択します

Password入力ウィンドウが開くので入力し[接続]をクリックします

問題なければ接続され、右上に接続できた事を表示します

ネットへ接続されたら、取り敢えずアップデートしましょう Terminalを起動して下記コマンドです

$ sudo apt-get update

システムツール

パネル常駐アプリのアップデートマネージャーです システムのアップデートが有る場合、アップデートを促すメッセージが表示されます

アプリ管理ツールのMintinstallです GUI操作にてアプリのインストール出来るツールです

各種設定ツールのシステム設定

ファイルマネージャーはNemoです

デスクトップ上の右クリックメニューです

デスクトップの背景設定です 背景は多く用意されています ここ以外にも

左のサイドバーの項目ごとに背景は用意されています しかも格好いい背景が多く、これだけでもインストールする価値があります

日本語入力

日本語入力は簡単にインストールできます

メニューランチャーの設定の「入力方法」というメニューを起動させます インストールをクリックで必要ツールはインストールされます

上部の「入力方式フレームワーク」のプルダウンメニューで「Fcitx」を選択し一旦ログアウトし、再ログインで日本語入力が使えます

パネルにはFcitx-Mozcのアイコンが表示されます

日本語入力できました

アプリ関連

インターネット関連のアプリは必要最低限です 必要に応じてその都度インストールすることになります

ウェブブラウザは定番のFirefoxです Core2Duoなので起動は遅いですが、そこそこ動作します

オフィスアプリは定番のLibreOfficeが入っています

LibreOfficeはCore2Duoでは、そこそこ快適に動作します

グラフィックスアプリも必要最低限用意されています

サウンドビデオも必要最低限 編集ツールは必要に応じてインストールすることになります Linuxはフリーウェアのビデオ編集アプリが多くありますよ 但し、低スペックPCでは動作はキツイですが

ミュージックプレイヤーはRhythmboxが入っています Rhythmboxは起動するとパネルのボリュームコントロールと連動し、音量等のコントロールができます

そして再生時には再生ファイルの詳細を表示します

Youtube

Linux Mint LMDE4 – Live Boot

あとがき

LMDE4はCore2Duoのパソコンで想像以上のパフォーマンスを発揮し、そこそこ軽快に動作しました Cinnamonのデスクトップが2世代前のWindows Vistaモデルで動く事自体素晴らしいです はっきり言ってここまで動作できれば現役マシンとして使えます 特にオフィス関係のアプリはマシンパワーは無くとも動作できるので、仕事では十分に使えると思います

因みに、VAIO TypePでもLMDE4が動作するか試してみました 結果は起動しました しかもそこそこ使うことができましたが、CPU稼働率が半端なく上昇し作業は終了 でも起動できた事だけでも自分的には十分満足でしたw

今回インストールする為に用意したディスク容量は10GBとかなり少な目です インストールに使った容量は5.4GB 約半分使いましたが出来れば余裕を持って、15GB前後は用意した方が良いですね あとはインストールするアプリ次第ですね

Linux Mintは、お勧めのディストリビューションです そんなLinux Mintと、とても相性の良いCinnamonデスクトップとして使うことが出来る、LMDE4は最高のディストリビューションです 迷っている人はとりあえずLive Bootで使ってみてください その素晴らしいパフォーマンスは実際に使ってみないと判りませんから

コメント

タイトルとURLをコピーしました