2020.04 Kubuntu 20.04 LTS focalを、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール

Debian

今日はリース間もないKubuntu 20.04 LTS focalを使ってみたいと思います

KubuntuはUbuntuのコミュニティーで開発されたディストリビューションです Gnomeデスクトップ環境のUbuntuをKDE Plasmaでカスタマイズされた外観はWindowsライクで、誰にでも馴染みやすいUIになっています

そんなKubuntu 20.04 LTS focalを、Celeron搭載のECS LIVE STATION LS-4-64にインストールしてみたいと思います

Sponsored Links

Kubuntu 20.04 LTS focal

Release 2020.4.23
Type Linux
Based on Debian, Ubuntu (LTS)
Package Management DEB(apt)
Architecture i686, x86_64
Desktop KDE Plasma

Download

Kubuntu | Friendly Computing

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 一番上を選択[Enter]キーを押します

この画面が現れます 使用する言語を選択し[Kubuntuを試す]をクリックします

インストール

起動しました 左側にあるインストーラーをクリック インストーラーを起動させます

使用する言語を選択します

キーボードレイアウトを選択します

日本で販売されている日本語Windowsのパソコンは大体下記でOKです

アップデートとその他のオプションを一緒にインストールするか選択します

アップデートやメディア関係のソフトは後々必要になるので一緒にインストールしましょう

上の画面で[続ける]をクリックすると下記ウィンドウが開きます[はい]をクリックします

インストールの種類を選択します このパソコンはパーティションを幾つかに分割してあるので手動を選択します

インストールするパーティションを編集します 通常は下記の様な編集でOKです

編集終了したら[インストール]をクリックします ここからインストールが始まります

ロケーションを地図上で選択します

ユーザー情報を入力します

下記のような自動ログインは、セキュリティが甘くなるので自己責任にてお願いします

インストールは10分前後で終了します

インストールに掛かる時間はパソコンのスペックで前後します

インストールが終わったらパソコンをシャットダウンさせます USBメモリを確実に抜き終了です

Desktop

起動しました 起動後の挙動はそこそこ軽快 5.8★★☆☆☆ 普通に使えるレベルです

Kubuntuはパネル下部に設置 左ダブルクリック実行の設定です

パネル左側

① Applications Menu

パネル右側

②Fcitx

インプットメソッドフレームワークのFcitxです

③ Discover

アプリ管理ツールのDiscoverがアップデートの通知を表示します

④ Bluetooth

Bluetooth管理ツールです

⑤ ネットワーク

ネットワークの設定及び、接続可能なWi-FiのSSIDを表示・設定・接続

⑥ 音量

サウンドデバイスの音量調整です

⑦ 状態と通知

③〜⑥の状態と通知です

⑧ 日時

パネル上は時計を表示、クリックでカレンダーを表示します

⑨ デスクトップ表示

クリックで全てのウィンドウを閉じてデスクトップを表示します

デスクトップ上の右クリックメニュー

Desktop Folderの設定

デスクトップ上の右クリックメニューの「デスクトップを設定」で開きます デスクトップの壁紙は数枚用意されています

システムツール

KDEシステムツール

各種設定ツールのKDEシステム設定です

Discover

アプリ管理ツールのDiscoverです

Dolphin

多機能なファイルマネージャーのDolphinです

Konsole

ターミナルエミュレータのKonsoleです

システムモニタ

実行中のプロセスやリソースをモニタリングできるツールです

初期段階で色々動いているので、CPUは少し高めですがメモリ消費率の低さが素晴らしいです これだけの描画効果を使ってコレはハッキリ言って凄い

Applications

Internet

ウェブブラウザのFirefoxです このパソコンでは起動は遅いですが、起動後は軽快にブラウジングできます

Office

オフィスアプリはLibreOfficeが入っています このパソコンではそこそこ軽快に動作します

Graphics

グラフィックスアプリは必要最低限ですね

画像ビューアは高機能なGwenviewが入っています

Multimedia

マルチメディアは編集ツールがありません 必要に応じてインストールしましょう

ミュージックプレイヤーはElisaです

日本語入力

日本語入力に必要なFcitxとMozcはインストール済なので、インストール後には日本語入力を使えます

あとがき

Kubuntu 20.04 LTS focalはセレロンのパソコンにインストールしましたが、そこそこ軽快に動作し満足な結果を得られました

インストールに使った容量は6.6GBほど 約15GBを用意したのでバランス良く入ってくれた感じです 本格的に使うのなら使うアプリの量にもよりますが、最低でも20GBくらい用意した方が良いかも知れませんね

Kubuntuは軽量ですが古いパソコンには向かないです 今回使ったパソコンのセレロンN2830は何だかんだで新しいCPUなので、セレロンN2830を最低限の目安としておいた方が良いですね 

それとKDE Plasmaのデスクトップはギリギリのスペックで動かしても、そのパフォーマンスは活かせませんのでご注意を

コメント

タイトルとURLをコピーしました