2020.07 i3-wm版UbuntuのRegolith 1.4.1を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

今日はRegolith1.4.1を使ってみたいと思います

Regolith1.4.1はUbuntuベース、i3デスクトップ環境のディストリビューションです i3はタイル型ウィンドウマネージャーで通常のウィンドウ操作と異なり、タイルの如くウィンドウを並べるデスクトップです ウィンドウ操作はキーボードを使った操作になるので、CUIとは違う意味の難易度があります

Sponsored Links

Regolith1.4.1

Release 2020.05.12
Type Linux
Based on Ubuntu (LTS)
Package Management DEB(apt)
Architecture x86_64
Desktop i3

Download

Regolith Linux
Regolith Linux website

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

Regolith1.4.1はブート画面は現れず起動します

この画面が現れるので使用する言語を選択してRegolithを試すをクリックします

Desktop

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 ★★★☆☆ i3の恩恵も相まって想像以上の軽快感です

Regolith1.4.1のi3のデスクトップは殆どのマウスを使用しない操作になります
起動したアプリはマウスを使っての操作ですが、アプリのウィンドウ操作はキーボードを使っての作業になります

キーボード操作は右側に一覧が表示されているので、それを見ながら操作に慣れましょう

ウィンドウ操作

Super+スペース を押すとメニューランチャーが開きます
起動したいアプリを選択してEnter キーをクリックでアプリは起動します

Super キーとはWindowsはWIndowsロゴの付いたキー、Macはcommandキーです

ファイルマネージャーを起動させました
最初に開くウィンドウは基本全画面にて起動します フルHDでの全画面は、無駄スペースが多過ぎて使いづらいですね もう一つアプリを起動してみましょう

次に端末を起動しました
ウィンドウは一番初めに起動したアプリの右隣に表示されます
ウィンドウは2つですが未だデスクトップを持て余してしまっているので、もう一つ起動してみます

ウェブブラウザのFirefoxを起動しました
ウィンドウが少々縦長なので、ウィンドウを操作します

移動させたいウィンドウをアクティブにしてSuper+shift+ を押します
端末が下に移動しました しかしこれではブラウザが使いにくいので更に変更します

こんな感じでi3デスクトップはタイルをレイアウトさせる如く、ウィンドウを並べ替えて使います

System Tools

設定

各種設定ツールの設定です
Regolith1.4.1で、唯一のウィンドウをマウスで自由に移動できるアプリです

デスクトップの背景

デスクトップの背景は設定にあります デフォルトで用意されている画像は2枚のみです

ソフトウェア

アプリ管理ツールのソフトウェアです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

ファイル

シンプルなファイルマネージャーのファイルです

端末

ターミナルエミュレーターのGNOME端末です
Regolith1.4.1はUbuntu20.04ベースです

あとがき

Regolith1.4.1はi3を初めて使う方は戸惑うかと思います しかしウィンドウを並べて使う使い勝手にハマったら、そこは沼 無限大の可能性を秘めたi3は奥深いです

そしてi3という非コンポジットのウィンドウマネージャーは想像以上に軽快 外観もチープ感とかなく、i3は難易度の代わりに多くの恩恵を与えてくれます

アプリ類は少なめです オフィス・グラフィックス・マルチメディア系は皆無なので、インストール後にお気に入りのアプリをインストールできます

Regolith1.4.1はUbuntuベースなので、日本語入力もim-configを使えば簡単に使うことができます 安定と万全のサポートのUbuntuベースに死角はないですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました