2022.10 軽量で機能的なXubuntu 22.10 Kinetic Kuduを、
Let’s note CF-R9JCBCPSにインストール

Linux
Sponsored Links

今日は2022.10.20 にリリースされたXubuntu 22.10 Kinetic Kuduを使ってみたいと思います
今回はIntel Core i7 620UM搭載してWindows11で運用のLet’s note CF-R9にインストールしようと思います
Core i7を積んだパソコンにLinuxをインストールって、CPUパワーが有るので少々気が引けますが、しかし古いパソコン どんなパフォーマンスを見せてくれるか

Xubuntuはエレガンスさと使いやすさを兼ね備えた、Ubuntuコミュニティーから公式に派生した Linuxディストリビューションです
安定・軽量でカスタマイズ性の高いXfceデスクトップ環境にてビルド


デスクトップ・ラップトップ・ネットブック向けで、モダンな外観 効率的で普段使いに十分な機能を装備 しかも古いハードウェアでもXubuntuは、スムーズで使いやすいデスクトップエクスペリエンスをユーザーに提供します

Xubuntuには現代人が普段使うには十分なアプリケーションがプリインストール済みです Webブラウザー・メールクライアント・ワードプロセッサー・スプレッドシートエディターや、音楽・ビデオ・写真等のメディアに対応したアプリケーションや多くの便利なツールがプリインストール済みです

他にも多くのアプリケーションやゲーム・ツール等が必要な場合は、Ubuntu ソフトウェアを使ってパッケージリポジトリからインストール可能です

Intel Core i7 620UM搭載の Let’s note CF-R9JCBCPSにインストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Xubuntu 22.10 Kinetic Kudu

Release 2022.10.20
Type Linux
Based on Ubuntu
Package Management dpkg
Architecture x86_64
Desktop Xfce

システム要件

最小システム推奨システム
CPUIntelまたはAMD64ビットプロセッサ1.5Ghz以上のデュアルコアプロセッサ
メモリ512MB2GB
ディスク容量8GB20GB

この数値は公式よりアナウンスされているものです

Download

Xubuntu
Xubuntu – Xubuntu is an elegant and easy-to-use operating system.

今回使用するISOイメージファイルは、Xubuntu-22.10-desktop-amd64.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

Xubuntuのインストールは下記記事をご覧ください

軽量なXubuntu 21.04 Hirsute Hippoを、Core2Duo U7500搭載のCF-R6に日本語インストール
今日は昨日に引き続き、2021.04.22にリリースされたUbuntuシリーズの一つ、Xubuntu 21.04 Hirsute Hippoを使ってみたいと思いますXubuntuはエレガンスさと使いやすさを兼ね備えた、Ubuntu...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、至って快適 ★★★★★
古いとはいえCore i7を搭載しているので、余裕で即戦力で使うことができるレベルで動作します

Xubuntu 22.10 Kinetic Kudu のデスクトップはパネルは上に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

Whisker Menu

Xubuntu 22.10 Kinetic Kudu のデスクトップには、機能的で軽快で使いやすいXubuntu定番のWhisker Menuが設置されています

ネットワーク

有線ネットワーク・無線Wi-Fiネットワークの接続可能なSSIDを表示・設定・接続ツールです

通知

システムやパーソナルな面で大切な情報をユーザーに通知します

サウンドコントロール

コンピュータに搭載されているサウンドデバイスの音量調節です

クリックメニューよりオーディオミキサーを呼び出せます

日時

パネル上はデジタル時計を表示 クリックでカレンダーが表示されます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

設定マネージャー

各種設定ツールのXfce環境の設定マネージャーです

Terminal

Xfce環境のターミナルエミュレータのTerminalです

Thunar

Xfce環境の高機能なファイルマネージャーのThunarです

ソフトウェア

アプリ管理ツールのソフトウェアです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

Synapticパッケージマネージャ

aptを使用したアプリ管理ツールのSynapticパッケージマネージャーです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

Applications

Fireofox

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは軽快に動作します

LibreOffice

LibreOfficeはThe Document Foundation(ザ ドキュメント ファンデーション、ドキュメント財団)のオープンソースのオフィスアプリです

Writer(文書作成)・Calc(表計算)・Impress(プレゼンテーション)・Draw(ベクタードローグラフィック)・Base(データベース)・Math(数式作成)から構成され、MS社のオフィスと遜色ないパフォーマンスを見せてくれます

このパソコンでは快適に動作します

GIMP

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、GNU GPL(GNU General Public License)のビットマップ画像編集・加工ソフトウェアです
フリーソフトウェアでありながら、有料の画像編集アプリと遜色のないレベルの機能を装備 レイヤー・トーンカーブ・ヒストグラム・画像の形状からの切り抜き・ブラシエディタ・パスの編集・多種多様なプラグインに加えて、モザイク編集やアニメーション合成(GIFアニメーション)を行えるフィルタ機能も数多く備えています

このパソコンでは軽快に動作します

ristretto

画像ビューアのristrettoです

Rhythmbox

Rhythmboxはデジタル音楽を再生・整理するオーディオプレーヤーです

iTunesの影響を受けているフリーソフトウェアで、GNOMEデスクトップでGStreamerメディアフレームワークを使って動くように設計 パソコン内の音楽の検索や並べ替えプレイリストのグループ化や整理し、カスタマイズした規則に従って自動的に更新します

Rhythmboxは様々なデジタル音源の再生をサポート インターネットラジオやPodcastのストリーミング再生やReplay Gainをサポートしています

日本語入力

今回は日本語入力には日本語入力メソッドの定番のFcitxをインストール〜設定して使用しました

Fcitxの設定

Fcitxはインストール後には、パネルに常駐 ユーザーを強力にサポートします
クリックメニューより設定を開きます

入力メソッドが、日本語キーボードMozcが設定されていることを確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

Xubuntu 22.10 Kinetic KuduはIntel Core i7 620UM搭載のLet’s note CF-R9JCBCPSで余裕のパフォーマンスを見せて快適に使う事ができました

今回使用したパソコン

Let’s note CF-R9JCBCPS

CPUIntel Core i7 620UM (1.06GHz)
RAM4GB DDR3 SDRAM PC3-6400 SO-DIMM
VIDEOIntel HD Graphics)
STORAGESSD 256GB
現在Windows11にて運用中
この記事を書いた人
Hiroshi O

LN date…(えるえぬでいと)の管理人のHiroshi Oです
新潟県新潟市に生まれ、若い頃はフラフラと色々な所に彷徨っていましたが
やっと自分の居場所ってものが判り、地元に戻りました
とりあえず今できることを書いていきたいと思います

Hiroshi Oをフォローする
LinuxUbuntu軽量Linux
Sponsored Links
LN date…

コメント

タイトルとURLをコピーしました