【軽量Linux】DistroWatchで高評価のMX Linux 19 を試してみた

antiX

DistroWatch.comって知っていますか?

世界中にあるLinuxのディストリビューションの情報をいち早く提供するサイトです Linux好きならブックマーク必須のサイトです
そこにあるベストヒットランキングでぶっちぎりのTOPのディストリビューション
「MX Linux」今まではスルーしてきたけど、ここはLinuxヲタとしては試さない訳にはいきません

今回はLS-4-64という省電力ベアボーンのパソコンを使って試してみます
LS-4-64はプロセッサーに省電力のCeleron N2830を採用しており、アイドル時の電力は8W前後 負荷を掛けても10Wちょいと、かなり省電力で使うことのできるパソコンで、自分もかなり気に入っており、最近の記事を書く際には使っています

今回試すと言ってもインストールは行わずに、Live USBを作成してLive bootにて
試してみたいと思います Live USBについても解説し実際使って
MX Linux 19をを試そうと思います

Sponsored Links

MX Linux 19

Type Linux
Based on Debian
Package Management dpkg
Architecture i686, x86_64
Desktop Xfce 

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

MX LinuxのISOファイルをダウンロードする

MX Linuxのサイト https://mxlinux.org/ にアクセスします

MX Linux – Midweight Simple Stable Desktop OS

○印のDownload MX Linuxをクリック

上図のmirrorsをクリック

中段のJapanの4つどれでもいいです 64bit版と32bit版があるので自分のパソコンにあった物を選択ダウンロードしましょう 今回使うパソコンはメモリが4GBなので32bit版を選択しました

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからLive USBを作成する

Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込むソフトです 今回はRufusを使ってLive USBメモリを作ります

Rufus をダウンロードします  https://rufus.ie/  からダウロードしてきます

Rufus - The Official Website (Download, New Releases)
Rufus is a small application that creates bootable USB drives, which can then be used to install or run Microsoft Windows, Linux or DOS. In just a few minutes, ...

ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう

上段のISOイメージを選択をクリックし、先ほどダウンロードしたMX LinuxのISOファイルを選択 ※ダウンロードされた場所にもよるけど、Rufusが自動的に選択してくれる場合があります

USBメモリを挿入するとデバイスに表示されます 確認したらスタートボタンを押します

書き込みが始まります

これでLinuxが起動できるUSBメモリが完成しました

MX Linux起動

USBメモリを使っての起動には、Bios画面のBootメニューにて、一番に起動するデバイスでUSBメモリを選択します

そして再起動これで立ち上がります

デフォルトで使うと言語が英語になります 日本語で使いたい場合はF2を押すと言語選択できます

一番上を選択Enter キーを押すと起動します

起動したらウエルカムメニューが表示されます

(閉じかたはWindowsと一緒で右上の×印をクリック)基本Linuxの操作法はWindowsとほぼ一緒です

Linuxはデフォルトで定番のソフトがインストールされています

オフィス関係のソフトも入っているし、デバイスの認識も起動時に終わってしまうので、起動していきなり使えます(古いパソコンでまれに認証されないデバイスがあります)

GIMP

画像編集アプリのGIMPです

Clementine

ミュージックプレイヤーは Clementineです

非力なパソコンにはちょっとアレなのでAudaciousをインストールしました

Conky

Linuxには「conky」というウィジェットがあります

conkyはカスタマイズ性に優れていて、自分も使っています ただconkyは若干敷居が高いので初心者は手こずる事が多いです しかしMX Linuxにはconkyマネージャが有るので、インストールされてるconkyが一発起動で出来るので非常に便利です

conkyマネージャで起動されたウィジェット

セッションのオプション

セッションのオプション(シャットダウン等)は、2カ所あります

まとめ

如何でしたでしょうか MX Linux 19は想像より軽量で Celeron N2830のCPUでも余裕で使えたので、Windows7モデルなら余裕で使うことが出来ると思います

Core i5でメモリが8G積んでるパソコンで64bit版を選べば、かなり良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう 自分は普段、Linux MintとXubuntuを使っていますが、それにも勝るとも劣らずのパフォーマンスに正直驚いています

今回使ったパソコンにはLubuntu18.04をインストールしていますが、入れ直したい衝動に駆られましたw それにしてもXfce系のディストリでここまで軽いのは凄い DistroWatch.com で高評価なのも頷けますね

Linuxには多くの魅力的なディストリビューションが存在します Windows7のサポート終了で悩んでいたら是非ともLinuxを試してみて欲しいです

DistroWatch.com: Put the fun back into computing. Use Linux, BSD.
News and feature lists of Linux and BSD distributions.

コメント

タイトルとURLをコピーしました