【軽量Linux】Vaio Type Pで、高音質で話題のkona linux-5.0 32bitインストール

Debian

ここ最近Linuxの定番のディストリを紹介してきましたが、実際何を使えばいいの?って話になりますよね 今自分が密かに注目しているディストリを紹介しましょう

「kona Linux」Linux使っている人なら「ほほう・・・」ってなる定番のディストリ 日本産・高音質・軽量・32bitこれだけでも試す価値のあるディストリ ライブCDの部屋で9/9付けのニュースでリリースを知り、近いうちに試そうと思ってちょっと引っ張り過ぎてしまいました

このディストリには多くのデスクトップ環境があり選ぶのに迷いますが、試すなら無印のkona Linux 無印版は作者が自信を持ってデフォにしている訳で、これは試さない手はないですよね

今回はAtomを積んだ Vaio TypeP にインストールしました

ちなみに Kona Linuxには軽量版の Kona Linux 5.0 blackが有ります 今回は敢えて無印をセレクトしました

Sponsored Links

Kona Linux 5.0

Release 2019-09-09
Type Linux
Based on Debian
Architecture i686, x86_64
Desktop MATE、GNOME、Xfce、KDE、Cinnamon、Enlightenment、LXDE

Vaio TypeP VGN-90HS

CPU Intel® Atom Processor Z540
RAM DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE SSD64GB

Kona Linuxをダウンロード

Kona LinuxはライブCDの部屋さんでダウンロードしましょう リリースしたばかりなのでTOPページの上の方にあると思います

ライブCDの部屋さんが時間帯が悪いとダウンロードに時間がかかるので、ダウンロードは作者のgoogle driveで行うといいです リンクはライブCDの部屋さんに貼ってあります

ライブCDの部屋

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する

Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込み、Live Boot及びインストール出来るソフトです

Rufus をダウンロードします

Rufus - The Official Website (Download, New Releases)
Rufus is a small application that creates bootable USB drives, which can then be used to install or run Microsoft Windows, Linux or DOS. In just a few minutes, ...

ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は innjmjkmk.jpg です

上段のISOイメージを選択をクリックし、書き込むISOファイルを選択 ※保存場所にもよりますが、Rufusが自動的に選択してくれる場合があります

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は adjkfnjadk.jpg です

USBメモリを挿入するとデバイスに表示されます 確認したらスタートボタンを押します

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は abjnsdsmk.jpg です

書き込みが始まります

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ankjsjkmkd.jpg です

これでLinuxが起動できるUSBメモリが完成しました画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は sjksklmlkld.jpg です

インストール

Vaio TypePにKona Linux5.0をインストールします

USBメモリをパソコンに挿入 電源ON Boot画面が表示し起動させます 起動したら左の「kona Linux 5.0インストール」をクリック インストールが始まります

インストールにはロケーション・キーボード・インストールするパーティション・ユーザー情報等を入力 インストールが始まります

インストールは20分くらいで終了します

起動

Kona Linuxを初めて起動すると「サウンド・システムの準備ができました」の通知が表示されます

若干起動に時間が掛かりましたがTypePなので見なかった事にします ただ起動後の挙動が意外といいです 使えるかも知れない予感

タスクマネージャー

とりあえずタスクマネージャを起動してみます 起動時のメモリ消費は若干高めですがCPUが安定しています もう少し様子を見てみましょう

さすが高音質のKona Linux音がいいですね 一応ヘッドフォン使って聴いていましたが、とてもクリアでナチュラルなサウンドに、「音質の良いKona Linux」を改めて再確認できました

PCManFM

Kona Linux無印はファイルマネージャが2つ入っています その一つの軽量ファイルマネージャのPCManFMです 多機能であり軽量なので人気のファイルマネージャです

Thunar

こちらも高機能ファイルマネージャの「Thunar」です

こちらはXfceのデスクトップ環境のファイルマネージャです 自分はXfce信者なのでお馴染みのファイルマネージャですね カスタマイズし甲斐のあるファイルマネージャですね

Firefox

Firefoxを起動

ウェブブラウジングしてみた所、想像より重くないのでビックリしました 誤解の無いように言っておきますが 自分の想像は「使えないレベル」の事ですので、Firefoxは使えなくないレベルって事です これなら軽量のブラウザを入れたら意外と使えるかもしれませんねPalemoon辺りとか

LibreOffice

LibreOfficeの表計算ソフトを起動してみます

起動はやはりTypePなので遅いです でも起動するし機能してるので使えます

GIMP

それならって画像加工ソフトGIMPを起動 さすがにこれは起動に時間が更に掛かってしまいます だけどとりあえず起動したし使えます っていうかTypePで画像加工作業される方は居ないとは思いますがw

あとがき

さすが高音質をウリにしてるKona Linux 音の良さに驚愕 改めてこんな高品質のものが手軽に楽しめるLinuxの奥の深さを再確認できました あと忘れてはいけないのはVaio TypeP まあまあ使えるレベルですかね

でも自分的にはLinux BeanかLubuntu辺りをチョイスしますね

別にKona Linuxが悪い訳ではありませんが Vaio TypePには分相応ってものがありますからw 自分の所有してるLS-4-64の様な省電力ベアボーンにオーディオプロセッサーを繋いでミュージックサーバーとして使うのもアリ

ていうかLS-4-64にLubuntu18.04入れてるけど、Kona Linuxに入れ替えたくなりました やっぱ高音質って良いですよね

2020.05 日本製の高音質LinuxのKLUE 4.0リリース!!セレロン搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール
今日はKLUE 4.0を使ってみたいと思いますご存知かと思いますがKLUEは、あの高音質で有名なKona LinuxのUbuntu Editionです 当然KLUE 4.0がリリースとなると自分的にはインストールしたくなります...
2020.05 高音質で話題のKona Linux for RaspberryPiことkonapi 1.0.3を、Raspberry Pi 4 Model B 4GBで起動
今日は高音質ディストリビューションのkona LinuxのRaspberryPiエディション、konapiを使ってみますKona Linuxは日本発のDebianベースのディストリビューションです これだけでも役満が決定しているの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました