2019.12 低スペックのパソコンVAIO TypePにPuppy Linux BionicPup32 8.0を日本語化インストール

Linux

小さなパソコンVAIO TypeP

そんな小さなパソコンに似合う子犬 今日は子犬の飼育について書きたいと思います 子犬は4匹います その中のPuppy Linux BionicPup32という子犬はUbuntu18.04という比較的に新しいバージョンと互換、32bitと64bitの子がいます

子犬は無邪気でたまに言うことを聞かない事が有りますが、ブリーダーの仕事なので可愛がってあげましょう

2020.09 Puppy Linux Fossapup64 9.5を、Celeron N2830搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動
今日はPuppy Linux Fossapup64 9.5を使ってみたいと思いますPuppy Linux Fossapup64 9.5は、名前から想像つくと思いますが、Ubuntu 20.04 Focal Fossaをベースにした...
Sponsored Links

Puppy Linux BionicPup32 8.0

Type Linux
Based on Ubuntu 18.04 (Bionic Beaver)
Architecture i686, x86_64
Desktop JWM, Openbox

ダウンロード

Puppy Linux Home

Puppy日本語化ファイルのダウンロード

Puppy Linux BionicPupを日本語化するファイルは、下記サイトにてダウンロードできます ファイル名は 「 lang_pack_ja-upbb-r2.pet 」です

bionicpup32 日本語化パッケージ (pet) - sakurapup.browserloadofcoolness.com

VAIO TypeP VGN-90HS

CPU Intel® Atom Processor Z540
RAM DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE SSD64GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

Puppy Linuxを起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます [enter]キーを押します

インターネットの設定

起動しました

インターネットの設定を行います □で囲ったアイコンをクリック

下図の□で囲ったアイコンをクリック

下図の□で囲ったアイコンをクリック

VAIO TypePはWi-Fiでネットに繋ぐので、下図の□で囲ったアイコンをクリック

アクセスポイントをチェック パスワードを入力しコネクトをクリック

無事に接続完了

続いてファイヤーウォールを設定します [OK]をクリック

下図の画面が現れます [Apply]をクリック

設定完了

この設定をデフォルトにセット □で囲ったボタンをクリック

インストール

インストールを行います インストーラーを起動させます

□で囲ったアイコンをクリック

□で囲ったアイコンをクリック

□で囲ったアイコンをクリック

データフォルダで使用しているsda5にインストールします □で囲ったアイコンをクリック

Puppy LinuxはFrugalインストールという方法を使ってインストールします
これは通常のフルインストールと違い、ドライブにフォルダを作成しデータを保存します

インストールするドライブは、Windowsがインストールしてあるドライブでも構いません 今回はデータ保存に使っているドライブにインストールします

[continue]をクリック

[OK]をクリック

[OK]をクリック

インストールが始まりました 数分で終了します

ブートローダーを編集します [OK]をクリック

パソコン内のOSを検索します USBメモリを検索しないようにチェックし[OK]をクリック

検索されたOSとPuppy Linuxが表示されます 編集可能なので修正が必要な場合編集します [OK]をクリック

[OK]をクリック

[OK]をクリック

終了です [OK]をクリックしパソコンをシャットダウンさせてください

終了時に保存するか聞いてきますが、このタイミングでは保存しないのでシャットダウンさせてください

起動

起動しました

日本語化

先ずは日本語化します

ダウンロードしたPuppy Linux BionicPupを日本語化するファイル「 lang_pack_ja-upbb-r2.pet 」をクリックします インストールします

日本語化完了 Xをリスタートさせます

しっかり日本語化がされました こんな簡単に日本語化出来るなんて、素晴らしいファイルを作成してくれた作者さんに感謝です

Wi-Fiの設定はLive Boot時と一緒ですので、日本語化の後にしましょう

パッケージマネージャ

パッケージマネージャを起動 データの更新を行います

設定のデータベース更新を選択 「ただちに更新」をクリック

英語ですが[enter]を押すように指示がでますので、その都度[enter]キーを押します

ウェブブラウザ

このPuppyにはブラウザを簡単にインストールできるメニューが用意されています

メニューランチャーのインターネットにあります

Chromiumがインストールされました

TypePなのでChromiumの起動は遅いですが、ブラウジングはなかなかです

Audacious

パッケージマネージャでAudaciousをインストールしました

起動も素早くさすがPuppyって感じですね

タスクマネージャー

タスクマネージャを起動

CPUの挙動も安定しメモリ消費率もかなり低いです この辺はさすがPuppy Linux 素晴らしいです

Puppyセーブファイル作成

そして最後にシャットダウンの際にPuppyのセーブファイル作成をします

シャットダウン時に作成を求められます

ファイルの保存先を聞かれます Puppyと同じドライブを選びましょう

暗号化を聞かれます ここは任意です

ファイルシステムの選択です デフォルトでOK

保存容量を聞かれます 当たり前ですがソフト類を多くインストールする方は多めで選択 ※容量は後からでも増やすことができます

ファイル名を聞かれますが未記入でデフォルトなので、記入しない方がいいです

保存します

保存ファイル作成後にシャットダウンされます

あとがき

さすがPuppy Linux VAIO TypePの様な超低スペックでも軽快に動作します 以前にも記事にしましたが、Puppyには他にも3ディションがあり、更にそれ以外にもユーザがカスタマイズしたエディションが多く存在します Puppyは楽しいディストリビューションです その楽しさにハマり多くの子犬をパソコンに飼っているユーザも多いです 使い始めは色々と煩わしい点があり慣れるまで大変ですが、それが快感になり気がつけばアナタも立派なブリーダーへ

2020.09 Puppy Linux Fossapup64 9.5を、Celeron N2830搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動
今日はPuppy Linux Fossapup64 9.5を使ってみたいと思いますPuppy Linux Fossapup64 9.5は、名前から想像つくと思いますが、Ubuntu 20.04 Focal Fossaをベースにした...

コメント

タイトルとURLをコピーしました