令和弐年一月 Manjaroコミュニティの、SbK Lxqt 18.1.5 を試してみた

Arch

Manjaroコミュニティに最近アップされた SbK Lxqt 18.1.5 を試してみたいと思います デスクトップ環境がLXQtですがCF-N9でブートしてみようかと思います なかなか良さげなディストリなので、使えればセレロンを積んだLS-4-64でも試してみたいと。。

Sponsored Links

SbK-manjaro-LXQt-18.1.5-stable-full-x86_64

OS Type: Linux
ベースディストリ:Manjaro, Arch
アーキテクチャ:x86_64
デスクトップ環境:LXQt

CF-N9LWCJDS

CPU:Core i5 560M
RAM:DDR3 PC3-6400 4GB
VIDEO:Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE:SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

CF-N9LWCJDS で起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 言語とキーボードレイアウトを選択します 選択後に[enter]キーを押します

起動しました しかしまさかの文字化け フォントをインストールします

ファイルマネージャを起動 文字化けして判りにくいですが、上から2番目にチェックを入れます これは隠しファイルを表示のチェックです

homeフォルダにフォルダを新規作成 「.fonts」という名前にします 「.fonts」フォルダにインストールしたいフォントを入れます

無事に日本語が表示されました

起動後に表示されるManjaro Hello画面です

コンフィグレーションセンターです 主に外観の設定ができます

Manjaroセッティングマネージャです システムとハードウエアの設定が出来ます

GUIにてアプリの追加と削除ができるPamacです

ファイルマネージャは軽量高機能のPCManFM-Qtです

オフィス系のアプリは、LibreOfficeの全部入りです

ウェブブラウザはFALKONです 比較的に軽快にブラウジングしてくれます

ミュージックプレイヤーは、軽量高音質のAudaciousをインストール 起動します 問題なく再生出来ます

ついでに動画ダウンローダーのClipGrabをインストールします ClipGrabは便利に動画がダウンロードできるので超お勧めのアプリです 保存形式もMP4から音声のみのMP3にも対応しています

動画を保存できるClipGrabをインストール
ClipGrabはYoutube等の動画サイトの動画をダウンロードできるツールです 動画の保存形式はMP4や、MP3等の音声のみの保存も可能です  ClipGrabはWindows, Mac, Linuxと使えます ダウンロードは公式ホー...

あとがき

SbKはLXQtデスクトップ環境の恩恵もあり想像以上に軽量に使え、操作性もかなり使いやすく良いディストリに仕上がっています

LXQtはLXDEに比べると軽量の面では劣りますが、その魅力的なUIに仕上げる能力は勝っており、このディストリにLXQtを使っている理由が手に取るように判ります ぱっと見地味な外観ですが使ってみると、その地味に装飾されているデスクトップに魅了されます 完成度は若干突っ込みどころはありますが、自分的にSbKは隠れた名作な気がしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました