令和2年1月 低スペックのVAIO TypePで、超軽量ディストリKANOTIX nightly-LXDE 32bit を日本語化して試してみた

Debian

DebianベースのディストリのKANOTIXを試してみました 何故KANOTIXを使うのか? 32bitがあるからですw DebianベースでLXDEで32bitとくればVAIO TypePの出番です

Sponsored Links

kanotix32-silverfire-nightly-LXDE

Release 2019.12.03
Type Linux
Based on Debian(Stable)
Package Management dpkg
Architecture i686, x86_64
Desktop KDE, LXDE 

ダウンロード

kanotix.com :: GNU Linux Live system based on Debian, optimized for HD-install and high performance
GNU Linux Live system based on Debian, optimized for HD-install and high performance

VAIO TypeP VGN-90HS

CPU Intel® Atom Processor Z540
RAM DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE SSD64GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 上から2番目を選択 [enter]キーを押します

起動しました 想像以上に軽い挙動に期待が膨らみます DebianベースでLXDEデスクトップなので軽くなる条件は十分に揃っています

こう軽いと日本語化して使ってみたくなります

日本語化

とりあえずDebian系なのでアップデートします インストールはそれからです

$ sudo apt-get update

先ずは「日本語パッケージ」をインストールします

sudo apt-get -y install task-japanese locales-all

システムの文字を日本語に変更します

$ localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE=”ja_JP:ja”
$ source /etc/default/locale
$ echo $LANG

入力後に「ja_JP.UTF-8」と表示されます これで一旦ログアウトし、再ログインで日本語で表示されます

次に入力メソッドのfcitx-mozcをインストールします

$ sudo apt-get -y install fcitx-mozc

キーボードレイアウトを追加変更します パネルのドイツ国旗のアイコンを右クリックで「キーボード配列の設定」を開きます

キーボード配列でJPを追加します deは削除します

日本語化作業はこれで終了です 一旦ログアウト ログインします

無事に日本語化されました 日本語入力は再起動しないと使えないので、現在USBブートにて起動しているので確認は出来ません

※USBブートで再起動すると、今までやった作業は保存されませんのでご注意を

ファイルマネージャは軽量高機能のPCManFMです TypePでも軽快に動作します

ブラウザはFirefoxです 起動はTypePなので、かなり遅くちょっとアレです

せっかく軽量で使えているのにこれでは台無しです

という訳で軽量ブラウザのmidoriをインストールします

$ sudo apt-get install midori

さすがmidoriはTypePでも軽快にブラウジングできます TypePにはmidoriが最適かもしれませんね

アプリ管理ツールの定番Synapticです GUIにてアプリをインストールできるので初心者には有り難いツールです ミュージックプレイヤーの Audacious をインストールしてみます

ミュージックプレイヤーAudaciousを起動 しかしまたここで問題 再生時に音飛びします しかしこれは想定内です TypePでDebian系のディストリでは大体音飛びします 対策は・・・

Audaciousの設定で出力プラグインのデフォルトで使われているPulseAudioを外します 他を選択 無事に音飛び解消

ちなみに今回はALSAでも音飛びしたのでSndioに設定しました

無事に音飛びも解消し、セフィロスも喜んでいる事でしょう

このタイミングでタスクマネージャを起動 若干メモリは高めですが許容範囲です CPUの挙動が素晴らしく、軽量なのが手にと取るように判ります

あとがき

KANOTIX nightly-LXDEは想像以上にVAIO TypePで軽量に使え、今まで使わなかった事に後悔しています これなら普通にTypePを現役で使い続けることができます  KANOTIXはアプリ的にはそこまで満載なディストリでは無いので、自分のお気に入りで揃えることができます 自分は最終的にこんな感じで仕上げました

壁紙がグッとくるものが少ないので、良い物を拾ってきて綺麗に仕上げると、そこそこ今風な外観にする事も可能な気がします

コメント

タイトルとURLをコピーしました