2020.2 軽量ディストリのMageia 7.1 KDE Plasmaを、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で試してみた

Linux

今日はMageia 7.1を試してみたいと思います デフォルトのデスクトップはGNOME・KDE Plasma・Xfceと用意されていますが、今回はKDE Plasma版を使ってみます アーキテクチャは64bit版のみです

パソコンは、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64を使います

Sponsored Links

Mageia 7.1 KDE Plasma 64bit

Release 2019.07.16
Type Linux
Based on Independent
Architecture aarch64, armv7, i586, x86_64
Desktop Cinnamon, GNOME, IceWM, KDE Plasma, MATE, LXDE, LXQt, Openbox, WMaker, Xfce

ダウンロード

Home of the Mageia project
Mageia is a community-based Linux distribution, for desktop & server.

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポートWiFi
IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます F2を押し、使用する言語を選択し[enter]キーを押します

起動しました 起動後の挙動は至って軽量 KDE Plasmaは派手な描画効果が多い割に軽量なので、素晴らしいデスクトップ環境です

メニューランチャーは、KDE Plasmaのウィジェットの中で良い奴をチョイスしています このメニューランチャーはシンプルで地味に使いやすいです

KDE Plasmaはメニューランチャーを、ウィジェットとして変更出来るのが大きいですよね

各種設定ツールのKDEシステム設定です

システム関連の設定ツールの、Mageiaコントロールセンターです

ファイルマネージャーはDolphinです

アプリ管理ツールのソフトウェアの管理です GUI操作にてアプリがインストールできるツールです

Mageiaはパッケージ管理にRPMなので、yum, dnfを使ってコマンド操作を行いますが、最近のディストリはパッケージ管理をGUI操作のツールで管理しているので、ほとんどコマンド操作しなくとも使う事ができます

オフィスアプリは定番のLibreOfficeが入っています

LibreOfficeは某MS社のオフィスと変わらないパフォーマンスのアプリです

ウェブブラウザは多機能のKonquerorです ファイルマネージャーとしても使う事ができます

ウェブブラウザは定番のFirefoxも入っています

ミュージックプレイヤーはClementineです クラウドストレージと同期し再生出来るので、とても便利なミュージックプレイヤーです

このパソコンにはUSBスピーカーを接続していますが、特に設定する事無く音は再生されました Linuxのデバイス認識能力の高さを感じます

デスクトップ上での右クリックメニューです Configure Desktopを開きます

デスクトップの壁紙の設定です デフォルトの壁紙の他に、ネットから「ホットな新しいものを取得」できるツールもあります

インストーラー

インストーラーは日本語で起動しているので、こんな感じで使い易いです これなら比較的簡単にインストール出来ると思います

あとがき

Mageia 7.1 KDE Plasmaはセレロン登載のパソコンでも軽快に動作しました MageiaはKDE Plasmaデスクトップと上手くかみ合い、メニューや設定ツールのレイアウトなんかも使いやすかったです

WIndows7の乗り換え先としては少し微妙な所ですね

Mageiaはそこそこのディストリですが、日本語での情報が少なすぎるのが難点ですね パッケージ管理のRPMの情報はそこそこ有りますが、ディストリとしての情報量が少ないのは、初心者は安心して使えませんよね 自分でなんとか出来る方なら、そこそこお勧めなディストリですが。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました