2020.2 軽量Puppy Linuxの派生LXQtPup-18.12を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で試してみた

Community Editions

今日はPuppy LinuxフォーラムのCommunity Editions、LXQtPup-18.12を使ってみたいと思います LXQtPupはその名の如くLXQtデスクトップです アーキテクチャは64bit版なので、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64を使います

Sponsored Links

LXQtPup-18.12 64bit

Release 2018.12.17
Type Linux
Based on Ubuntu
Architecture i686, x86_64
Desktop JWM, Openbox LXQt

ダウンロード

Puppy Linux Help & Forum

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 一番上を選択し[enter]キーを押します

起動しました 起動後の挙動はPuppy Linuxやっぱ一味違う感

っていうか、このデスクトップはもはやPuppyでは無いでしょう 誰が見てもLXQtです

左上にはLXQtの鳥は居るし、Puppyの子犬の姿がありません><

USBブートセッションでの日本語化

とりあえずUSBブートセッションでの日本語化します

LXQtデスクトップなので簡単です Configuration Centerを開き「Locale」をJapaneseに、「Keyboad and Mouse」でKeyboad LayoutをJpに変更するだけです

そして日本語フォントが文字化けしているので、フォントを入れてあげます

Linuxで日本語フォントが文字化けする場合に、簡単にフォントをインストールする方法
Linuxディストリビューションをインストールして、いざ使おうとしたら部分的に文字化け そんな事ってありますよね Linuxには簡単に日本語をインストールできるツールがありますが、それが無い場合簡単にフォントをインストールできる方法があり...

一旦ログアウトし、再ログインします ログアウト後はコマンド画面が表示されます そして再ログインは下記コマンドにてできます

# xwin

再ログイン完了 Puppy独特のアイコンが並んだデスクトップが恋しいくらい、Puppy感が皆無です しかし軽量に使えるので何とも言えないですね

LXQtのメニューランチャーが、妙にPuppyにマッチしてクールで格好いいです

ファイルマネージャーは、軽量高機能なPCMan-FM-Qtです

Puppyのアプリ管理ツールのPakeage Managerです

Puppyは定番のアプリは大体揃っているので、デフォルトで使って行けなくも無いです

PuppyのミュージックプレイヤーPmusicです

このパソコンにはUSBスピーカーが接続されています 残念ながらデフォルトでは音は出ません サウンドカードの設定で選択してあげると音は出ます

ウェブブラウザはFirefox系のブラウザのLightです 結構サクサクとブラウジングしてくれます

オフィスアプリの表計算のGnumeric Spreadsheetです かなり軽快に動作してくれます

デスクトップ上での右クリックメニューです デスクトップの設定の、Desktop Preferencesを開きます

壁紙の設定です Puppy画像は /user/share/background に有ります

壁紙を変更しましたがLXQt感は強めなので、余り変わりません この辺は子犬好きのブリーダー的にはどうなんでしょう?

各種テーマの変更ツールの LXPup Appearance Changerです

LXQtデスクトップなので、当然こういう事も出来ます

64bitの透過効果満載の子犬ですw 流石にここまで特殊効果を付けると少し、もっさり感が出ます まさにミニチュアダックスフンドですね

インストーラー

Puppy LinuxはFrugalインストールです しかも言語は英語です

不安な方は本家Puppyのインストールを解説した記事を貼っておきますのでご参考にでも

2019.12 低スペックのパソコンVAIO TypePにPuppy Linux BionicPup32 8.0を日本語化インストール
小さなパソコンVAIO TypePそんな小さなパソコンに似合う子犬 今日は子犬の飼育について書きたいと思います 子犬は4匹います その中のPuppy Linux BionicPup32という子犬はUbuntu18.04という比較的...

あとがき

LXQtPup-18.12は軽快に動作し、ノンストレスにて使う事ができました PuppyLinuxはFrugalインストールなので、データフォルダにこんな珍しい子犬を飼うのも悪くないと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました