2020.07 Avouch Linux (Gnome + Xfce4) 0.1.1を、 dell OPTIPLEX 3010 で日本語起動

Linux

今日はAvouch Linux 0.1.1を使ってみたいと思います

Avouch Linux 0.1.1はPakistan(パキスタン)発のディストリビューションです このディストリビューションで特筆すべきは、Gnome+Xfceのセッションを持ち合わせた環境 使い易さでは定評のGnomeに高機能なXfceとなると、ビルド次第で最高のディストリビューションの予感!? 因みにAvouch LinuxにはKDE Plasma+LXQtというデスクトップも用意されています

今回はデフォルトのGnome+Xfceを使ってみたいと思います

Sponsored Links

Avouch Linux (Gnome + Xfce4) 0.1.1

Release 2019.09.20
Type Linux
Based on Independent
Package Management
Architecture x86_64
Desktop Gnome+Xfce, KDE Plasma+LXQt

Download

A secure, reliable and user friendly open source Avouch OS
A secure, reliable and user friendly open source operating system

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このまま一番上で起動します

起動しました 起動後の挙動はそこそこ軽快 ★★★☆☆ 想像のGnomeより、少しアレな感じ

起動と同時にインストーラーが起動します Live Bootするのなら閉じます

因みにインストーラは言語が英語で起動します

日本語化

Setttingsを起動 Region&Languageを開きLanguageFormatsInput Sourcesを使用する言語へ変更します

一旦ログアウトし、再ログインで設定は反映されます

Desktop

Avouch Linux 0.1.1のデスクトップはパネルが上に設置 下にはランチャーのダッシュが設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム

アクティビティ

上部には検索 中央には現在開いているウィンドウの一覧、右側にワークスペース一覧が表示されます 下部にはランチャーのダッシュが設置されています

通知エリア

通知エリアにはカレンダーや天気アプリもあります 天気アプリは表示したい地域を検索して設定できるので、比較的に簡単に使うことができます

システムトレイ

システムトレイはネットワーク・音量調整・輝度調整・セッションのオプション等のツールが揃っています

ダッシュ

通常のGnomeはアクティビティに設置されているダッシュですが、Avouch Linuxではデスクトップ上でランチャーとして機能します これは地味に使い易いと思います

アプリケーションメニュー

アクティビティを使った全画面のアプリケーションメニューです

デスクトップ上での右クリックメニュー

設定→背景

デスクトップの背景画像はオリジナルの画像が数枚用意されています

System Tools

設定

各種設定ツールの設定です

ソフトウェア

GUI操作にてアプリを簡単にインストールできるツールです

Terminal

XfceのターミナルエミュレーターのTerminalです
Gnomeの端末も入っています

ファイル

Gnomeのファイルマネージャーのファイルです
XfceのThunarも入っています

Tweaks

外観の細部の設定を簡単に変更でき、魅力的なデスクトップをカスタマイズ出来るTweaksです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです

LibreOffice

オフィスアプリは定番のLibreOfficeが入っています

Audacious

高音質なミュージックプレイヤーのAudaciousと、PulseAudioの音量調節です

あとがき

Avouch Linuxは公式ページで、推奨システム構成で2GHz超のデュアルコアCPU・4GB以上のRAMと書いてありましたが、Corei3を積んだdell OPTIPLEX 3010で普通に動作しました 軽快という言葉を使うには少し躊躇うような感じ 快適に使うのならWindows7モデルの上位機で使った方が良いかもしれません

しかしAvouch Linuxは、その使い易さは通常のGnomeより使い易く、多くの部分で新しい試みをみれたので、今後に期待大のディストリビューションですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました