2020.08 EndeavourOS 2020.07.15を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール

Arch

今日はEndeavourOS 2020.07.15を使ってみたいと思います

EndeavourOSはNetherlands(オランダ)発のArch Linuxベースのディストリビューションです クールにカスタマイズされたデスクトップは軽快に動作 バンドルされているアプリは少な目なので、使い方次第で可能性は無限大のディストリビューションです

軽量なLinuxなのでセレロンを搭載したLS-4-64にインストールしてみたいと思います

Sponsored Links

EndeavourOS 2020.07.15 x86_64

Release 2020.7.15
Type Linux
Based on Arch
Package Management Pacman
Architecture x86_64
Desktop Budgie, Cinnamon, Deepin, GNOME, i3, KDE Plasma, LXQt, MATE, Xfce

Download

EndeavourOS
A terminal-centric distro with a dynamic and friendly community in its core

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnter キーを押します

起動しました

インストール

メニューランチャーよりインストーラーを起動します

使用する言語を選択します

ロケーションを選択します

地図上をクリックで選択します

キーボードレイアウトを選択します

日本で販売されているWindowsが入っているパソコンは大体下記でOKです

インストールするパーティションを選択します

このパソコンにはWindows10が入っているので手動を選択します

インストールするパーティションを編集します

下記の様に編集します

ユーザー情報を入力します

最終確認です

問題が無ければインストール をクリックでインストールは始まります

インストールは15分前後で終了します インストールに掛かる時間はパソコンのスペックで若干前後します

インストール終了です パソコンをシャットダウンしてUSBメモリを確実に抜いてインストールは終了です

起動

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 ★★★☆☆ 想像以上に軽快に動作します

パネルアイテム

アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューはXfceのタイプでアイコン表示にカスタマイズしています

System Monitor

Terminalを使ったCPU・メモリ・スワップ・ネットワーク等をモニタリングできるツールです

セッションのオプション

クリックでパソコンのセッションの操作ができます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

デスクトップの設定ではオリジナルの壁紙画像が数枚用意されています

System Tools

設定マネージャー

各種設定ツールの設定マネージャーです

Thunar

高機能なファイルマネージャーのThunarです

Terminal

ターミナルエミュレーターのTerminalです

パッケージアップデーター

システムの更新をGUI操作にて管理できるツールです

システムの更新はポップアップウィンドウにて通知してくれます

Applications

EndeavourOSのアプリケーションは少な目です 特にオフィス・グラフィックス系は定番のアプリは殆ど入っていません

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです セレロンのこのパソコンでは起動は遅いですが、起動後はそこそこ軽快に使う事ができます この辺はメモリ4GBの恩恵です

Parole

ミュージックプレイヤーのParoleです

日本語入力

日本語入力のインストールします

Fcitxをインストール

入力メソッドフレームワークのFcitxをインストールします

Terminalを起動します
下記コマンドを入力し関連ツールをインストールします

$ sudo pacman -Syu
$ sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc

.xprofileを作成

Mousepad(テキストエディッタ)を起動します
homeフォルダに.xprofileを作成し、下記を記述して保存します

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export GTK2_IM_MODULE=fcitx
export GTK3_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”
export DefaultIMModule=fcitx

ファイルマネージャーは非表示ファイル(hidden)は表示しない設定になっています .xprofileは非表示ファイルなので保存後はファイルマネージャー上では表示されませんので、ファイルマネージャーのメニュー→表示→hiddenファイルを表示にチェックを入れると表示されます

パソコンを一旦ログアウトか再起動させます

Mousepad(テキストエディッタ)起動して日本語入力のテストをします

あとがき

EndeavourOS 2020.07.15は想像以上に軽快に動作します この辺はArch Linux系のディストリビューションの恩恵を感じます バンドルされているアプリケーションが少な目なのは地味に好きですね 自分の使わないアプリが多くバンドルされていると困ってしまいますよね

そして日本語フォントが若干アレなので、インストール後はオキニのフォントをインストールしてカスタマイズしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました