Ubuntu 20.10 Groovy Gorillaを、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 で日本語起動

Debian

今日はUbuntu 20.10 Groovy Gorillaを使ってみたいと思います

UbuntuはIsle of Man(マン島)発のDebianベースのディストリビューションです Ubuntuと言えば、数あるLinuxディストリビューション中でもっとも有名な存在 しかも世にある多くのディストリビューションはUbuntuをベースにビルドされたものが多く、安定感と信頼度から考えると、それは必然なのでしょうか

今回のUbuntu 20.10 Groovy GorillaはLTS(ロングチームサポート版)ではないので、長く使えるLTS版を求めるのならUbuntu20.04を選んだ方がいいですね

Ubuntu20.04LTSの記事はこちらへ

2020.04 Ubuntu 20.04 LTS Focal Fossa Release ! Panasonic Let's note CF-N9LWCJDSにインストール
Ubuntu20.04リリース!!UbuntuはIsle of Man(マン島)発のDebianベースのディストリビューションです 言わずと知れず超有名なディストリビューション そしてUbuntuをベースにビルドされたディストリビ...

今日はCore i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010で起動してみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Ubuntu 20.10 Groovy Gorilla

Release 2020.10.22
Type Linux
Based on Debian
Package Management dpkg
Architecture armhf, i686, powerpc, ppc64el, s390x, x86_64
Desktop GNOME, Unity

Download

Enterprise Open Source and Linux | Ubuntu
Ubuntu is the modern, open source operating system on Linux for the enterprise server, desktop, cloud, and IoT.

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このまま Enter キーを押します

このウィンドウが現れます 左側より使用する言語を選択してUbuntuを試すをクリックします

Desktop

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 ★★★★☆
この辺のスペックなら、どのディストリビューション使っても快適に使えると思います

Ubuntu 20.10 Groovy Gorillaのデスクトップはパネルは上に設置 左側にはアプリケーションランチャーが設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム 左側

Activities

クリックで現在開いているウィンドウ一覧と、右側にワークスペース一覧を表示させます

パネルアイテム 中央

通知エリア

パネル上は日時を表示 クリックでカレンダーと通知領域を表示します

パネルアイテム 右側

システムトレイ

コンピューターの音量調節・輝度調整・セッションのオプションが実行できます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの壁紙設定

デスクトップの壁紙設定にはオリジナルの画像が用意されています

System Tools

Settings

各種設定ツールのSettingsです
Live Boot時は英語ですがインストールで日本語化されます

Ubuntu Software

アプリ管理ツールのUbuntu Softwareです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

GNOME端末

ターミナルエミュレーターのGNOME端末です

Files

シンプルなファイルマネージャーのFilesです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは快適に使う事ができました

LibreOffice

オフィスアプリのLibreOfficeです
このパソコンでは快適に使う事ができました

Image Viewer

画像ビューアのImage Viewerです

Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです
このパソコンでは快適に動作します

日本語入力

Ubuntu 20.10 Groovy Gorillaには日本語入力関連のツールはインストール済みです

Settingsを設定

Settingsを起動させRegion & Languagesを開きます
Input Sourcesを日本語日本語(Mozc)で設定します

IBusを設定

パネルに常駐しているIBusをクリックして入力メソッドを日本語(Mozc)にします

ワープロアプリを起動して日本語入力のテストをします

インストール

インストーラーは左側にあるアイコンをクリックで起動します
言語を選択して使えるので比較的簡単に扱う事ができます

あとがき

今日使ったdell OPTIPLEX 3010にはUbuntu20.04をインストールして使っています 自分的には現状で満足しているのでUbuntu20.04を使い続けます 紹介しておきながら、こんな事を言うのはアレなんですけど、Ubuntu系の非LTS版ってサポート期間が短いので手を出しにくいんですよね

2020.04 Ubuntu 20.04 LTS Focal Fossa Release ! Panasonic Let's note CF-N9LWCJDSにインストール
Ubuntu20.04リリース!!UbuntuはIsle of Man(マン島)発のDebianベースのディストリビューションです 言わずと知れず超有名なディストリビューション そしてUbuntuをベースにビルドされたディストリビ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました