2021.03 MakuluLinux LinDoz Complete 2021 03 05を、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に日本語インストール

Debian

今日は2021.03.05にリリースされた、MakuluLinux LinDoz Complete 2021 03 05を使ってみたいと思います

MakuluLinuxはVietnam(ベトナム)発の、DebianとUbuntu に基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです MakuluLinuxは安定感の中に使いやすさと美しさを持ち合わせ、独創的な方向性を持ったLinuxディストリビューション

MakuluLinuxのLinDozは、ユーザーが使い慣れたWindowsのようなUIを維持しながら、Linuxエクスペリエンスを再現 最新のCinnamon 4.8.xフレームワークに基づいてビルドされたLinDozは鮮麗されたUIでユーザーライク 優れた機能と快適さをユーザーに提供してくれるでしょう

MakuluLinuxはセキュリティ面でもLinuxの信頼性と堅牢性を備え、Linuxの高度なセキュリティ機能でマルウェアやスパイウェアからユーザーを保護 独自のUpdate Managerでシステムを定期的にアップデートし、ユーザーは常に安定したコンピューターを使うことができます

MakuluLinuxLinDozは「Complete」と「Barebone」の2つのフレーバーを提供 「Complete」は完全版 「Barebone」はアプリを省いた縮小版 ユーザーの使い勝手に合わせてチョイスできます

今日はMakuluLinux LinDozComplete版を、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に日本語インストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

MakuluLinux LinDoz 2021 03 05

Release 2021.03.05
Type Linux
Based on Debian, Ubuntu
Architecture x86_64
Desktop Cinnamon, Xfce
MakuluLinux
MakuluLinuxはVietnam(ベトナム)発の、DebianとUbuntu に基づくデスクトップ指向のオペレーティングシステムです MakuluLinuxは安定感の中に使いやすさと美しさを持ち合わせ、独創的な方向性を持ったLinux...

ダウンロード

301 Moved Permanently

今回使用するISOイメージはMakuluLinux-LinDoz-x64-Complete-2021-03-05.isoです

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnterキーを押します

起動しました
先ずはネットワークに接続 そしてインストーラーを起動します

インストール

使用する言語を選択します

ロケーションを、地図上をクリックして設定します

キーボードレイアウトを選択します
日本で販売されているWindows系のパソコンは下記選択でOKです

インストールするストレージを選択します
そして、そのストレージをどうインストールするか選択します

このパソコンには他のOSもインストール済みなので、手動パーティションを選択します

インストールするパーティションをクリックして、下記の様に編集設定します

ユーザー情報を入力します

最終確認です
確認後にインストールをクリックします

インストールは15分前後で終了します

インストールにかかる時間はパソコンのスペックで前後します

インストール終了しました パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜いて終了です

インストール後の処理

起動するとデスクトップは日本語が完全にインストールされていないので文字化けしています

システム設定を開きます

  • LanguagePacksを開き、Install language packsをクリックして日本語の足りない部分をインストールします
  • 多くの使わない言語はRemoveをクリックして削除します
  • インストール等が終わったら、をクリックしてシステムに反映させます

パソコンを再起動で設定は反映されます

インストール後のパソコンのBoot画面

インストール後のパソコンのBoot画面です
インストール済みの他のOSも無事に表示・起動します

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は至って軽快 ★★★★☆
快適の一言に尽きます

MakuluLinux LinDozのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

ログイン画面

ログイン画面ではユーザーパスワード入力でログインできます

Live Bootではユーザーネーム:makulu パスワード:makulu でログインできます

Lock画面

Lock画面は、設定したアイドル時間超過か、強制でコンピューターをロックさせる事ができます
ユーザーパスワードを入力でロックを解除できます

Live Bootではユーザーネーム:makulu パスワード:makulu でLock解除できます

パネルアイテム 左側

アプリケーションメニュー

Windowsテイストで使いやすいUIで設定されています

パネルアイテム 右側

ネットワーク

有線ネットワーク・WiFiの接続可能なSSIDを表示・設定・接続ツールです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの背景の設定

右側に背景画像の一覧が表示され、クリックで設定できます
背景画像は風景画中心です

System Tools

システム設定

各種設定ツールのシステム設定です

ソフトウェア

アプリ管理ツールのソフトウェアです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

GNOME端末

ターミナルエミュレーターのGNOME端末です

Nemo

ファイルマネージャーのNemoです

Applications

Google Chrome

ウェブブラウザのGoogle Chromeです
このパソコンでは快適に動作します

WPS

オフィスアプリのWPSです
このパソコンでは若干起動は遅いですが、起動後は快適に動作します

My Paint

画像編集アプリのMy Paintです
このパソコンでは快適に動作します

mpv

メディアプレイヤーのmpvです
このパソコンでは快適に動作します

日本語入力

MakuluLinux LinDozには日本語関連ツールのIBusがプリインストール済みです
Mozcをインストール設定します

ibus-mozcをインストール

GNOME端末を起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ibus-mozc

IBusの設定

パネルにはIBusが常駐しているので、クリックして設定を開きます

入力メソッドタブで、日本語キーボードMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

MakuluLinux LinDoz Complete 2021 03 05は、綺麗で使いやすい そんな印象

MakuluLinuxは色々な意味で良いディストリビューションです
先ずは普通にデスクトップの完成度が素晴らしい 特にこのバージョンより完成度が上がった気がします Conkyが文字化けせず普通に使えるのが嬉しいですね 海外でビルドされたディストリビューションでConkyが搭載されているものは多く、そしてその多くは文字化け対策が必要になります 対策自体はアレコレとググレば出てきますが、対策なしで使えるのは嬉しいですね
因みにConkyは設定でカスタマイズも可能です

今回のインストールに消費した容量は13.02GB Complete版をチョイスしたので少々多め
Complete版をインストールするなら30GBは欲しいところですね
MakuluLinuxはシステム要件でCPUについては多くは要求していませんが、CinnamonデスクトップなのでWindows7モデルをチョイスしたいところですね 今回使用したパソコン前後のスペックなら十分機能すると思います

MakuluLinux LinDoz Complete 2021 03 05は、なかなか良いですよ
空いているWindows7モデルがあるのなら是非…

コメント

タイトルとURLをコピーしました