2022.05 軽量で高音質なKonaLinuxのUbuntu EditionのKLUE 5.0 を、AMD Athlon64 X2 TK-57を搭載のWindows Vista 世代のNEC VN750/Mにインストール

Linux
Sponsored Links

今日は2022.05.11 にリリースされた日本製高音質のKLUE(Kona Linux Ubuntu Edition)5.0を使ってみたいと思います

ご存知かと思いますがKLUEは、あの高音質で有名なKona LinuxのUbuntu Editionです

KLUEは無印デフォルトやCinnamon, Gnome, MATE, Xfce, Budgieと多くのエディションを提供
今回はデフォルトのKLUE5.0(LXDE)を使ってみたいと思います
KLUE5.0はLXDEのデスクトップ環境下で快適に動作します システムツールはXfce環境のツールを使用しているので機能的に使うことができます

LXDEの軽量さとXfceの機能的な面を持ち合わせ、高音質で日本製となれば使わない手は無いですよね

今日はAMD Athlon64 X2 TK-57搭載のNEC VN750/Mにインストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

KLUE 5.0

Release 2022.05.11
Type Linux
Based on Ubuntu
Architecture x86_64
Desktop Cinnamon, LXDE, Gnome, MATE, KDE Plasma, Xfce, Budgie

Download

konalinux - Google ドライブ

今回使用するISOイメージファイルは、klue-5.0_x86_64.isoです

作者さんのリリースに関する更新情報

2022/7/22更新情報
聴力と音楽感性 音楽を聴いて感動するのは音楽感性があるからです。 耳がいいからではありません。 いい音だなと思うのは音楽感性によります。 耳がよくても音楽感性が貧しい人には音の良さはわかりません。 自分は耳が悪いからといって卑下しないように。 オーディオマニアでも音楽感性のない人が多くいます。 そんな人には高級なオ...

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnterキーを押します

起動しました それでは順に沿ってインストールしていきます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動

インストール

インストーラーが起動しました
インストーラーは使用する言語で使うことができます

KLUEのインストールは下記記事をご参考にしてください

2020.05 日本製の高音質LinuxのKLUE 4.0リリース!!セレロン搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64にインストール
今日はKLUE 4.0を使ってみたいと思いますご存知かと思いますがKLUEは、あの高音質で有名なKona LinuxのUbuntu Editionです 当然KLUE 4.0がリリースとなると自分的にはインストールしたくなります...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は至って軽快 ★★★☆
普通に即戦力で使うことができます

KLUE 5.0のデスクトップはパネルは上に設置 下にはDockランチャーのPlankが設置されています マウスは左ダブルクリック実行の設定です

Whisker Menu

KLUE 5.0 のデスクトップには、軽快で機能的なXfceのWhisker Menuが設置されています

SLingscoldランチャー

KLUE 5.0 には、アプリケーションランチャーのSLingscoldランチャーも設置されています

サウンドコントロール

コンピューターに搭載されているサウンドデバイスの音量調節です

クリックメニューよりオーディオミキサーを呼び出せます

タスクマネージャー

コンピューターの挙動をモニタリングできるツールのタスクマネージャーです
パネル上はグラフを表示 クリックでタスクマナージャーが起動します

xfDashbosd

クリックでウィンドウ一覧が表示されます 右側のウィンドウ一覧をクリックで切り替えることができます

日時

パネル上は時計を表示 クリックでカレンダーが表示されます

セッションのオプション

コンピューターをログアウトやシャットダウン実行できるツールです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

Openbox設定マネージャ

主に外観をカスタマイズ設定できるツールです

Thunar

Xfce環境の高機能なファイルマネージャーのThunarです

LXTerminal

LXDE環境のターミナルエミュレータのLXTerminalです

ソフトウエア

アプリ管理ツールのソフトウエアです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

Synapticパッケージマネージャー

aptを使用したアプリ管理ツールです
GUI操作でビギナーユーザーでも簡単に求めたアプリをインストールできます

サウンドの設定

KLUE 5.0に搭載されているサウンドシステムを切り変えることができる、サウンドの設定です

Applications

Google Chrome

定番のウェブブラウザのGoogle Chromeです
なんだかんだで使い勝手良いブラウザです

このパソコンでは割と無難に動作します

Vivaldi

Vivaldiは、Vivaldi Technologies社によって開発されているプロプライエタリのウェブブラウザです

こちらもなかなか良い感じで動作します

Fireofox

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは、そこそこ軽快に動作します

LibreOffice

LibreOfficeはThe Document Foundation(ザ ドキュメント ファンデーション、ドキュメント財団)のオープンソースのオフィスアプリです

Writer(文書作成)・Calc(表計算)・Impress(プレゼンテーション)・Draw(ベクタードローグラフィック)・Base(データベース)・Math(数式作成)から構成され、MS社のオフィスと遜色ないパフォーマンスを見せてくれます

このパソコンでは、そこそこ軽快に動作します

GIMP

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、GNU GPL(GNU General Public License)のビットマップ画像編集・加工ソフトウェアです
フリーソフトウェアでありながら、有料の画像編集アプリと遜色のないレベルの機能を装備 レイヤー・トーンカーブ・ヒストグラム・画像の形状からの切り抜き・ブラシエディタ・パスの編集・多種多様なプラグインに加えて、モザイク編集やアニメーション合成(GIFアニメーション)を行えるフィルタ機能も数多く備えています

JACK Audio Connection Kit

Jack Audioをコントロールするツールです
Jack Audio対応のアプリケーションを相互接続させます

Audacious

AudaciousはUnix系OS向けのオープンソースの高音質なオーディオプレーヤーです
パソコンのリソースを浪費することなく音楽を自由に再生 フォルダや個々の曲ファイルをドラッグアンドドロップでき、音楽ライブラリ全体でアーティストやアルバムを検索でき、独自のカスタムプレイリストを作成・編集できます GTK+2を用いたGUIのオーディオプレーヤーでスキンを使って外観を変えることができます

このパソコンでは軽快に動作します

日本語入力

KLUE 5.0にはインストール時に日本語関連ツール(Fcitx)もプリインストール設定済みです

Fcitx設定

パネルにはFcitxが常駐 ユーザーをサポートします

クリックメニューより設定を開きます 入力メソッドの設定が日本語キーボードMozcに設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して日本語入力のテストをします

あとがき

KLUE 5.0はAMD Athlon64 X2 TK-57を搭載のWindows Vista 世代のNEC VN750/Mで、そこそこ快適に使う事が出来ました

今回のインストールで消費した容量は8.42GBと割と小さく収まりました インストールするなら25GB以上は用意したい所ですね この辺はユーザーの使い勝手で臨機応変に対応していきましょう

インストールするコンピュータはKLUE 5.0は64bitOSなのでWindows Vista世代以上のコンピュータをチョイスする事になると思います

今回使用したコンピュータ

VALUESTAR PC-VN750MG

CPUAMD Athlon 64 X2 TK-57 (1.9GHz)
RAM2GB DDR2 SDRAM PC2-5300
VIDEOATI RADEON X1200 最大832MB、メインRAM共有
STORAGEHDD 160G Serial ATA
現在Linuxにて運用中

コメント

タイトルとURLをコピーしました