令和元年12月 Franceの可愛いディストリの LinuxConsole 2019 を試してみた

Linux
Sponsored Links

LinuxConsole 2019

OS Type: Linux
ベースディストリ:Independent
アーキテクチャ:i586, x86_64
デスクトップ環境: MATE

ダウンロード

LinuxConsole.org – A lighweight distribution for children and kids

VAIO TypeP VGN-90HS

CPU:Intel® Atom プロセッサー Z540
RAM:DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE:SSD64GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリにて起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます LiveUSBを選択して[enter]キーを押します 起動開始します

起動中にこの小窓が開きます 当然Japaneseを選択します

起動しました 想像より軽量ではなくちょっと微妙な感じ? MATEデスクトップ環境なので仕方ないのでしょうか それにしても壁紙のペンギンが可愛いですね

カーネルは5.4.5です

MATEなのでファイルマネージャは高機能なCajaです

ウェブブラウザはChromiumです 思ったより起動は遅くなく、そこそこ軽快にブラウジングできます Chromiumは拡張機能を使わず軽量化すれば結構快適に使えたりしますよね それはFirefoxや全てにおいて言えることですが

メニューランチャーの隣にある[Places]をクリックするとデバイス類が表示されます

その隣にある[System]をクリックするとデバイス類の設定及び、シャットダウンとログアウトメニューが有ります

一番驚いたのは「QjackCtl」が有ることですね Jackオーディオが使えるのですね

メディアプレイヤーがVLCしか無いのがアレですね しかも日本語フォントが若干残念ですね

WindowsアプリエミュレータのWineがあるのは心強いですね 必ずしも全て動く可能性はないですがそこそこ使えるエミュレータですね

デスクトップで右クリックすると壁紙の変更とテーマ変更ができます

ゲームは3つありますが、ひとつ気になったので起動してみました

可愛らしいゲームが起動しました 子供向けのゲームなのでしょうか?

パーティション管理ツールのGPartedです やっぱり日本語フォントが残念ですね せめてゴシック系を入れて欲しいですね Linuxは大体丸ゴシック系を使っている印象ですが、こういう系は昔のWindowsなイメージがありますね

あとがき

そこそこ軽量なLinuxConsoleですが、幾つか惜しい面がありますね 最低でも日本語フォントを変えて欲しいです 軽量が故にこのフォントなら仕方有りませんがそこまで軽量ではなく・・・ ちなみにCore2Duoのパソコンでも起動してみましたがちょっと微妙な感じ 古いパソコンで使うには考えてしまう印象です しかし32bitが使えるディストリは貴重ですのでこれからも頑張って欲しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました