2020.06 ハンガリーのイケメン blackPanther OS 18.1 renegadeを、Core i3を積んだdell OPTIPLEX 3010 にインストール

Linux

今日はblackPanther OS 18.1 renegadeを使ってみたいと思います

blackPanther OS はHungary(ハンガリー)発のディストリビューションです KDE Plasmaでカスタマイズされたデスクトップは、完全にビジュアル系ディストリビューション ビジュアル系がお好きな方には一度は使って欲しいですね

Sponsored Links

blackPanther OS 18.1 renegade

Release 2019.04.06
Type Linux
Based on Independent
Architecture i586
Desktop KDE Plasma

ダウンロード

blackPanther Project ⋆ Genuine Free Software Solutions to Your Computers... Founded in 2002!
Genuine Free Software Solutions to Your Computers... Founded in 2002!

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます F2を押して言語を選択 一番上を選択してEnter キーを押します

起動しましたが日本語フォントが文字化けしています
フォントをインストールします

Linuxで日本語フォントが文字化けする場合に、簡単にフォントをインストールする方法
Linuxディストリビューションをインストールして、いざ使おうとしたら部分的に文字化け そんな事ってありますよね Linuxには簡単に日本語をインストールできるツールがありますが、それが無い場合簡単にフォントをインストールできる方法があり...

インストール

右側にあるアイコンをクリック インストーラーを起動します

インストーラーも文字化けを起こしているのでEnglishでインストールします

ロケーションを地図上をクリックで選択します

キーボードレイアウトを選択します
言語はEnglishですがキーボードは日本語です

インストールするパーティションを指定します
このパソコンにはWindows10が入っているのでマニュアルを選択します

インストールするパーティションを下記のように編集します

ユーザー情報を入力します
下から2番目はオートログインで、セキュリティ的にアレなので極力チェックを外しましょう

最終確認です Installを押すとインストールが始まります

インストール開始しました インストールは10分前後で終了しますが、パソコンのスペックで時間は若干前後します

全て終了しました パソコンをシャットダウンさせ、確実にUSBメモリを抜いて終了です

起動

デュアルブートブートのブート画面です Windows10も問題なく起動します

日本語化

Englishでインストールしたので日本語化します

System Settingsを起動しRegional Settingsを開きます
LanguageFormatsを日本語へ変更します

一旦ログアウトし再ログインで設定は反映されます

Desktop

blackPanther OS 18.1 renegadeのデスクトップは下にパネルが設置 左側にパネルランチャーも設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム

アプリケーションメニュー
Places Widget

ディレクトリをファイルマネージャーで開きます

システムツール

セッションのオプションやシステムモニター等のツールがあります

Apps&Docs

全画面のランチャーです

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

KDEのデスクトップの設定はネットで壁紙をゲットする事ができます

システムツール

KDEシステム設定

各種設定ツールです

Discover

GUI操作にてアプリをインストールできる、アプリ管理ツールです

Dolphin

多機能なファイルマネージャーです

Konsole

ターミナルエミュレーターのkonsoleです

アプリケーション

blackPanther OS 18.1 renegadeは、システムツール以外のアプリは殆ど入っていません しかしメニューにはアプリの名前があり、クリックでその都度インストールになります
ワンタッチでインストール出来ますが、若干面倒臭い感じがしました

こんな感じでアプリのインストーラーが起動します

まあ、これは起動時の一回限りなので良いと言えば良いのかもしれませんね

LibreOfice

オフィスアプリのLibreOfficeです

GIMP

画像編集アプリのGIMPです

Clementine

ミュージックプレイヤーのClementineです

Youtube

blackPanther OS 18.1 renegade – インストール

あとがき

blackPanther OS 18.1 renegadeは凄く良いディストリビューションですが、イマイチ人気ないのが使ってみて何と無く分かりました カッコ良くビルドされているけど、それを打ち消すくらい惜しいところが沢山あるんですよね

これからに期待ですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました