2020.06 軽量なArch系のAnarchy Installer 1.2.1を、dell OPTIPLEX 3010 にインストール日本語化

Arch

今日はAnarchy Installer 1.2.1を使ってみたいと思います

Anarchy InstallerはUSA(アメリカ合衆国)発のArch系のディストリビューションです Arch系は軽量に使えて独特の雰囲気を持ったディストリビューションが多いですが、インストール等が若干敷居が高いので、ある意味孤高の存在でも有ります

そんなArch系の敷居を下げたのはManjaro Linuxや、今回使うAnarchy Installerで、簡単にインストールできるArchで世界中で人気のディストリビューションです

Sponsored Links

Anarchy Installer 1.2.1

Release 2020.05.01
Type Linux
Based on Arch
Package Management Pacman
Architecture x86_64
Desktop Budgie, Cinnamon, GNOME, Xfce

Download

Anarchy Installer

dell OPTIPLEX 3010

CPU Intel Core™ i3 3220 3.3GHz
RAM 4GB DDR3 1600 MHz SDRAM
STORAGE SSD128GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このまま一番上で起動します

この画面が現れます 1を入力でインストーラーが起動します

言語の選択肢に日本語はないので英語にてインストールします

こんな感じでインストール方法等やユーザー情報を入力していきます

インストールは20分くらい掛かります インストールに掛かる時間はパソコンのスペックで前後します

インストール終了 パソコンをシャットダウンさせUSBメモリを確実に抜いて終了です

日本語化

locale.genを書き換える

Terminalを起動します 下記コマンドを入力
ja_JP.UTF-8」の行のコメントアウトを取ります

$ sudo vim /etc/locale.gen

Terminalにて下記コマンド入力

$ sudo locale-gen

locale.confを書き換える

Terminalにて下記コマンド入力

sudo vim /etc/locale.conf

言語の設定を下記の様に書き換え保存します

LANG=ja_JP.UTF-8

再起動にて設定は反映されます

Desktop

Anarchy Installer 1.2.1はパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム

アプリケーションメニュー

デスクトップ上での右クリックメニュー

Anarchy Installer 1.2.1の右クリックメニューは、メニューランチャーでアプリの起動ができます

デスクトップの設定

デスクトップの設定は、メニュー→設定→デスクトップ です
デスクトップの背景画像は厨○チックな画像ばかりで、俺得な感じです

システムツール

設定マネージャー

各種設定ツールの設定マネージャーです

パッケージ

パッケージマネージャーのパッケージです
自分的には物足りなさ感半端ないです

Thunar

軽量高機能なファイルマネージャーのThunarです
カスタマイズ性が高いので、自分の様なカスタマイズヲタには最適なファイルマネージャーです

Terminal

ターミナルエミュレーターです

もし自分がAnarchy Installer 1.2.1を使うなら、Terminalを一番使うことになりそうですね

アプリケーション

Chromium

ウェブブラウザのChromiumです このパソコンでは結構快適に使うことが出来ます

LibreOffice

定番のオフィスアプリのLibreOfficeです

ristretto

軽量画像ビューアのristrettoです

Parole

ミュージックプレイヤーのParoleと音量調節です

日本語入力設定

入力メソッドのFcitx関連をインストール設定します

Fcitxをインストール

Terminalで下記コマンドを入力

$ sudo pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc

.xprofileを作成

Terminalで下記コマンドを入力

$ sudo mousepad ~/.xprofile

テキストエディッタが起動するので、下記を記載保存します

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

一旦再起動します

再起動後にはパネルにFcitxが常駐して居るので、クリックし設定を開きます

入力メソッドのタブで日本語キーボードMozcが設定されて居る事を確認します

ワープロを起動して日本語入力のテストをします

Youtube

Anarchy Installer 1.2.1

あとがき

Anarchy Installer 1.2.1はめっちゃ軽くて、Arch Linuxが好きな人の気持ちが判りました 使って居る挙動が完全にWindows2000で、チャカチャカと気持ちいいくらいに軽快に動作します しかも厨○チックなデスクトップは自分的にグッときます

Anarchy Installer 1.2.1は滅茶苦茶おすすめしたいのですが、Arch系なのでその辺に対応できる方なら、うまく使いこなしていけるディストリビューションですね

そこそこ低スペックでも行けますが、できれば自分の様にWindows7モデル辺りをチョイスした方が、そのパフォーマンスを十分に発揮できると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました