2020.07 軽量なLinux Mint 20 LXDE LTS-Versionを、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

今日はLinux Mint 20 LXDEを使ってみたいと思います

Linux Mint 20 LXDEはLinux MintのDeutschland(ドイツ)のコミュニティエディションです 軽快なディストリビューションを、更に軽快なLXDEのデスクトップで使いたい そんな熱い気持ちが詰まっているディストリビューションは完成度が高く、想像以上に軽快に動作します

しかも今回のエディションはLTS(長期サポート)で、2025年まで保証してくれるので、OSを入れ替える方には、おあつらえ向きなディストリビューションです

Sponsored Links

Linux Mint 20 LXDE LTS-Version

Release 2020.06.29
Type Linux
Based on Ubuntu (LTS)
Package Management DEB
Architecture x86_64
Desktop Cinnamon, MATE, Xfce, LXDE

Download

LMU - Das Hilfe Forum für Linux Mint
LMU - Das Hilfe Forum für Linux Mint

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます この時点での言語とキーボードレイアウトはドイツ語です
tab キーを押して起動オプションを下記のように書き換えEnter キーを押します

ここで注意ですが、現時点ではキーボードレイアウトはドイツなので、編集時に削除する文字は最低限で行った方がいいです アンダーバーやスラッシュは、レイアウトを知らないです出すのは苦戦すると思うので・・・

Desktop

起動しました 起動後の挙動は軽快★★★☆☆ 星4つに近い3つで、軽快に動作してくれます

Linux Mint 20 LXDEのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム

アプリケーションメニュー

LXDEのメニューランチャーはシンプルで使い易い軽量なランチャーです

日時

パネル上は日時を表示、クリックでカレンダーを表示します

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

デスクトップの設定です
デスクトップの背景画像はLinux Mint系の画像が数枚用意されています

System Tools

設定

LXDEの設定ツールはメニューランチャーの設定にあります

Openbox設定マネージャー

Openbox設定マネージャーです
主に外観をカスタマイズできる設定ツールです

Synapticパッケージマネージャー

アプリ管理ツールのSynapticパッケージマネージャーです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

ソフトウェアの管理(MintInstall)

アプリ管理ツールのソフトウェアの管理です
こちらもGUI操作でアプリのインストールできるツールです

LXTerminal

ターミナルエミュレーターのLXTerminalです

PCManFM

軽量ファイルマネージャーのPCManFMです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
セレロンを積んだこのパソコンでは起動は遅いですが、起動後はそこそこ軽快に動作します メモリ4GBの恩恵ですね

Drawing

ドローアプリのDrawingです

LibreOffice

定番のオフィスアプリのLibreOffceです
低スペックパソコンでも、そこそこ使える優秀なアプリです

Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです

音量調節(Pulse Audio)

サウンドデバイスコントロールツールの音量調節(Pulse Audio)です
USBスピーカーを使う場合は、ここを設定しないと音が出ない場合があります

日本語入力

Linux Mintは日本語入力関連はインストール済みです
メニューランチャーの設定→入力方法をクリックで設定ツール(im-config)が起動するので、指示に従って設定します

一旦ログアウトして、再ログインで日本語入力が使えます ログイン時のPassword未記入でログインできます

再ログインでパネルには入力メソッドFcitxが常駐しているので、クリックで設定画面を開きます
入力メソッドで日本語キーボードMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して日本語入力をテストします

インストール

インストーラーはメニューランチャーの設定→Linux Mintのインストールで起動します
使用する言語を選択して使えるので、比較的に簡単に扱うことができます

Linux Mint 20 LXDEって軽量Linux?

今回はCore2Duo搭載したLet’s note CF-R6(Windows Vista世代)でも起動してみました

CPU Intel(R) Core 2 Duo U7500
RAM DDR2 SDRAM 1.5GB
STORAGE SATA 500GB

結果は至って軽快 以前のバージョンではAtom搭載のパソコンで軽快に使えたディストリビューションなので、当然の結果ですね 普通に現役として使えるレベルで動作しました

Windows Vista世代の下位スペックパソコンで軽快に動作すると言うことは・・・ 軽量ディストリビューションの夢は無限大に広がりますね

あとがき

Linux Mint 20 LXDEはWindows Vista世代のパソコンで軽快に使うことができました 普通に軽快に使えたので何も言うことはありません

でも、一つだけ言うとしたら・・・

32bit版がないのが悔やまれます

コメント

タイトルとURLをコピーしました