2020.08 軽量なLXDEのLubuntu 18.04.5 32bitを、Atom Z540搭載のVAIO TypePで日本語起動

Linux

今日はLubuntu 18.04.5を使ってみたいと思います

Lubuntuは、その名の如くUbuntuの派生ディストリビューションです Ubuntu20.04より32bit版が無くなり、Lubuntu20.04よりデスクトップ環境がLXDEからLXQtへと変更 20.04から大きく変わってしまったLubuntuですが、今回は前バージョンのLTS版の18.04の修正版をリリース

LubuntuがLXDEの32bit版をリリースと来れば、こちらもVAIO TypePで対応したいと思います

2020.08.15追記:VGN-P91でインストールしたら画面真っ暗で、動作しなかったという情報提供を頂きました 因みにVGN-P90HSでは問題なくインストールできました VAIO TypePにインストールする場合は、その辺を注意して挑んだほうがいいですね

Sponsored Links

Lubuntu 18.04.5 32bit

Release 2020.08.13
Type Linux
Based on Ubuntu
Package Management DEB
Architecture i686, x86_64
Desktop LXDE, LXQt 

Download

Lubuntu | The official Lubuntu home
welcometo the next universe GET LUBUNTU Version 20.04 LTS new! Featuring LXQt desktop Your daily operating systemLubuntu is a complete Operating System that shi...

SONY VAIO TypeP VGN-90HS

CPU Intel® Atom Processor Z540
RAM DDR2( SDRAM)2GB
STORAGE SSD64GB

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます 使用する言語を選択してEnter キーを押します

この画面が現れます このままEnter キーを押します

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 ★★★☆☆ 即戦力として使えます

Desktop

Lubuntu 18.04.5のデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネルアイテム

アプリケーションメニュー
セッションのオプション

クリックでコンピューターのシャットダウン等のセッションオプションを実行できます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップの設定

デスクトップの設定ではLubuntuのオリジナルの壁紙画像が数枚用意されています

System Tools

Openbox設定マネージャー

Openboxの設定マネージャーです
主に外観の設定ツールが揃っています

LXTerminal

ターミナルエミュレーターのLXTerminalです

Synapticパッケージマネージャー

アプリ管理ツールのSynapticパッケージマネージャーです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

PCManFM

軽量ファイルマネージャーのPCManFMです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFIrefoxです
VAIO TypePでは使えなくないですが、できればMidoriやPalemoonみたいな軽量ブラウザをインストールした方が良いですね

Gnumeric

軽快な表計算アプリのGnumericスプレッドシートです
VAIO TypePでも軽快に使う事ができます

GPicView

軽量画像ビューアのGPicViewです
VAIO TypePでも軽快に使う事ができます

Audacious

ミュージックプレイヤーはAudaciousが入っています

ミュージックプレイヤーの音飛び問題

VAIO TypePはDebian系のディストリビューションで音飛びします Audaciousは、その対策が比較的簡単なアプリです

Audaciousの設定で出力プラグイン(Output Plugin)のデフォルトで使われているPulseAudioを外します 他を選択 無事に音飛び解消します

しっかり設定すればVAIO TypePでもミュージックプレイヤーを楽しむ事ができます

日本語入力

日本語入力をインストール設定します
LubuntuにはFcitxがインストール済みなのでMozcをインストールします

Fcitx-mozcをインストール

Terminalを起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

一旦ログアウトして再ログインします

パネルにあるFcitxをクリックして設定を開きます

入力メソッドタブを開き日本語キーボードMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して日本語入力のテストをします

CF-R5で起動してみる

VAIO TypePよりスペック的に劣る、Core Solo搭載のPanasonic Let’s note CF-R5でも起動してみたいと思います

 CF-R5KW4AXR 
 CPU  Intel(R) Core Solo U1300 (1.06GHz)
 RAM PC2-4200 / DDR2 SDRAM 512MB
 STORAGEUltra ATA100 60GB

起動しました 起動後の挙動はそこそこ使える感じ ★★☆☆☆ このパソコンでも使えるLubuntuは素晴らしいです

しかし重いアプリはさすがに使えなくはないですが、512MBメモリでは辛くなります 以前のDebianのレビューでも書きましたが、このパソコンでFirefoxを使うのならメモリを1GB増設した方が良いですね 1.5GBあればFierfoxでもそこそこ使う事ができます

あとがき

やっぱりLXDEはシンプルで使いやすいです LubuntuはLXDEが一番シックリきます

コメント

  1. sugachan より:

    レビューありがとうございます。
    インストールしてみたところ、
    画面が真っ暗のままになるのですが、
    当方固有(VGN-P91)の症状で
    しょうか?ちなみにVGN-G1では
    問題なく動いています。

    • LN より:

      こんにちは
      そうですがP91では画面真っ黒ですか・・・
      念の為、当方のP90HSでもインストールを試みましたが全く問題なくインストールできました
      インストール後の動作で若干、描画が追いつかない印象がありますが、それ以外は特に問題なく動作しています
      多分、P91はハードウェア等の相性が良くないかもしれませんね
      貴重な情報ありがとうございました

      • sugachan より:

        リカバリー後、再度インストールしたら動くようになりました。
        なかなか軽快で楽しめそうです。sparkyとどちらを常用にするか
        悩むところですが・・・。

タイトルとURLをコピーしました