KDE neon 20201013を、Celeron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Linux

今日はKDE neon 20201013を使ってみたいと思います

KDE neonはUnited Kingdom(イギリス)のUbuntuベースのディストリビューションです 最新のKDEソフトウェアを搭載したデスクトップはKDEの魅力満載に仕上がっています シンプルでいて拡張性が高く、長く使うには飽きのこない充実したカスタマイズ性が人気のディストリビューションです

今日はCeleron搭載の ECS LIVE STATION LS-4-64で起動してみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

KDE neon 20201013

Release 2020.10.13
Type Linux
Based on Ubuntu (LTS)
Package Management dpkg
Architecture aarch64, x86_64
Desktop KDE Plasma

Download

KDE neon

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

KDE neonはBoot画面とかなく起動します

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 ★★★☆☆
普通に即戦力で使う事ができます

Live Bootでの日本語化

Live Bootでデスクトップを日本語化させます
System Settingsを起動しRegional Settingsを開きます

Languageタブを開き日本語に設定します

Formatsタブを開き日本語に設定します

Date & Timeタブを開きAsia/Japanに設定します

一旦ログアウトして再ログインで日本語化されます

KDE neonはログアウトすると自動的に再ログインします

Desktop

KDE neonのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左シングルクリック実行の設定です

パネルアイテム 左側

アプリケーションランチャー

KDE Plasmaのアプリケーションランチャーはウィジェットなので、好みのタイプをインストールして取り替える事ができます

パネルアイテム 右側

Status and Notifications

パネルアイテム右側のステータスと通知です

デスクトップ上での右クリックメニュー

KDEなのでメニューは多めです

デスクトップの設定

デスクトップの背景画像はオリジナルの画像が用意されています

System Tools

Sytem Settings

各種設定ツールのSystem Settingsです

Discover

アプリ管理ツールのDiscoverです
GUI操作にてアプリのインストールを行えるツールです

Dolphin

高機能なファイルマネージャーのDolphinです

Konsole

ターミナルエミュレーターのKonsoleです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは起動は少し遅い感じ 起動後はそこそこ軽快に動作します
4GB RAMの恩恵です

Gwenview

高機能な画像ビューアのGwenviewです

VLCメディアプレイヤー

メディアプレイヤーの定番VLCです
インストールして本格的に使うならミュージックプレイヤーは、追加インストールした方がいいですね

日本語入力

KDE neonにはim-configが入っているので日本語入力は、そこから設定します

im-configで設定

メニューランチャーの設定より入力メソッドを起動します
下記のウィンドウが開きます OKを押します

この画面が現れるのでIBusを選択してOKを押します

ibus-mozcをインストール

Konsoleを起動します
下記コマンドを入力

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ibus-mozc

一旦ログアウトして再ログインで日本語入力は使えます

再ログインするとパネルにはIBusが常駐しているので、クリックして設定画面を開きます
Input Methodタブを開き、日本語キーボードMozcが設定されていることを確認します

テキストエディッタを起動して日本語入力のテストをします

インストール

インストーラーは左側にあるアイコンをクリックで起動します
インストーラーは言語を選択して使う事ができるので、比較的簡単に扱う事ができます

あとがき

以前、KDE neonを絶賛した事が有りますが、相変わらずそのパフォーマンスは健在でした KDE Plasmaはデスクトップ環境としては、カスタマイズ性やユーザーをワクワクさせる機能が満載で使っていて飽きのこない環境です

そんなKDE Plasmaを満喫できるディストリビューション KDE neon

コメント

タイトルとURLをコピーしました