モダンで軽快なLubuntu 21.04 Hirsute Hippoを、Core2Duo U7500搭載の Let’s note CF-R6に日本語インストール

Linux
Sponsored Links

今日は2021.04.22にリリースされたUbuntuシリーズの一つ、Lubuntu 21.04 Hirsute Hippoを使ってみたいと思います

Lubuntuは軽量な Qtデスクトップ環境(LXQt)を使用する公式のUbuntuフレーバー 堅固なUbuntuベースに基づいた軽量機能的なLinuxは、シンプルながらもモダンで強力なGUIと多くのアプリケーションをユーザーに提供

ウィジェットとエコシステム全体をレンダリングする為のQtテクノロジーを採用 最先端のデスクトップインターフェイスをユーザーに提供します

ArcテーマとPapirusアイコンの組み合わせは好相性
デスクトップは見やすくなりシャープなエッジと鮮やかな色で、全体的なデザインを圧倒することなく、最新のデスクトップエクスペリエンスで魅了してくれます

ソフト面でもLubuntuは、オフィスアプリ・PDFリーダー・画像エディタ・音楽そしてビデオプレーヤー等の、現代人が日常的不可欠とされるアプリとサービスをLubuntuは持ち合わせています
更に、プリインストール済のDiscover Software Centerは、ユーザーニーズに合ったアプリを無料でダウンロードできます

セキュリティ面でもLubuntuは、脅威のレビュー・脆弱性の修正・リリースのセキュリティ機能のアップグレードを常に行い、システムとワークロードを保護 アップデートには専用ツールがプリンストール GUI操作にてワンクリックで簡単に操作できるので、Linuxビギナーユーザーでも安心して使う事ができます

今日はWindows Vista世代のパソコン Core2Duo U7500搭載のPanasonic Let’s note CF-R6に、日本語インストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Lubuntu 21.04 Hirsute Hippo

Release 2021.04.22
Type Linux
Based on Ubuntu
Package Management dpkg
Architecture x86_64
Desktop LXQt    

システム要件

CPU266MHz以上のプロセッサ(512MHz以上推奨)
メモリ128MB以上(512MB以上推奨)
ディスク容量3GB以上のハードドライブ(6GB以上推奨)
汎用のグラフィック

この数値は公式よりアナウンスされているものです

Lubuntu
LubuntuはUbuntuから派生したディストリビューションで、軽量でリソース消費量が少なく省エネなLinuxディストリビューションですOpenboxウィンドウマネージャーを使用することで、低スペック・古いコンピューターを動作させるため軽...

Download

http://lubuntu.me/

今回使用するISOイメージファイルは、lubuntu-21.04-desktop-amd64.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...
Linux Mintで簡単にLive BootできるUSBメモリを作成
Linux MintにはUSBメモリフォーマッタとUSBメモリライタというアプリがバンドルされていますこのアプリは名前のごとくUSBメモリのフォーマット・USBメモリのライティングアプリですしかも使い方が簡単!!自分の知っ...

起動させる

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnter キーを押します

起動しました それでは順に沿ってインストールしていきます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動

インストール

インストーラーが起動しました

使用する言語を選択します

地図上をクリックしてロケーションを選択します

キーボードレイアウトを選択します
日本で販売されている日本語のWindowsの入ったパソコンは下記でOKです

インストールするパーティションを選択します
このパソコンには他のOSも入っているので、任意のパーティションにインストール可能な手動パーティションを選択します

インストールするパーティションをクリックして下記の様に編集設定します

必要なユーザー情報を入力します

最終確認です
確認後にインストールをクリックします

インストール開始しました
インストールは15分前後で終了します

インストール終了しました
パソコンをシャットダウンさせ、USBメモリを確実に抜いて終了です

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、至って快適 ★★★☆☆
Qtの描画とは裏腹に軽快です この背景画像は自分的には派手すぎる気がしますw

Lubuntu 21.04 Hirsute Hippoのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

ログイン画面

ログイン画面ではユーザーパスワード入力でログインできます

Live Bootではパスワード未入力でログインできます

パネルアイテム

パネルアイテム左側はデスクトップ・アプリ関連
右側は常駐ツールが設置されています

アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューは、LXQtのwin9xチックでシンプルなランチャーが設置
シンプル・機能的で使いやすいランチャーです

日時

パネル上はデジタル時計を設置 クリックでカレンダーが表示されます

右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

コンフィグレーションセンター

各種設定ツールのコンフィグレーションセンターです

PCManFM-Qt

軽量ファイルマネージャーのPCManFM-Qtです

QTerminal

ターミナルエミュレーターのQTerminalです

Discover

アプリ管理ツールのDiscoverです

Applications

Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです
このパソコンでは起動は遅いですが、起動後はそこそこ使うことができます
この辺は低スペックパソコンではありますが、RAM1.5GB積んである恩恵ですね

LibreOffice

オフィスアプリのLibreOfficeです
このパソコンでは、そこそこ使うことができます

LXImage-Qt

画像ビューアのLXImage-Qtです
このパソコンでは、そこそこ軽快に動作します

VLCメディアプレイヤー

メディアプレイヤーの定番VLCです
このパソコンでは、そこそこ軽快に動作します

日本語入力

Lubuntu 21.04 Hirsute Hippoには日本語入力関連ツールのim-configがプリインストール済みです
設定をしていきます

im-configを設定

アプリケーションメニューより設定→入力メソッドにて起動させます

入力メソッドをFcitxを設定します

fcitx-mozcをインストール

QTerminalを起動します
下記コマンドを入力します

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install fcitx-mozc

一旦ログアウトします

Fcitxを設定

パネルにはFcitxが常駐しているので、クリックして設定を開きます

入力メソッドが、日本語キーボードMozcが設定されている事を確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

今回使用したパソコン

CF-R6AW1BJR

CPU Intel(R) Core 2 Duo U7500
RAM DDR2 SDRAM 1.5GB
STORAGE SATA 500GB
Windows Vista Model
Vistaサポート終了で超安定のオフライン運用中 

※このパソコンはワイヤレスネットワークアダプターが壊れているので、古いカードですが下記を使っています 規格は時代遅れですがそこそこ使えます しかもLinuxなのでドライバなしで使用できます

あとがき

Lubuntuは18.10よりLXDEからLXQtへとシフト 巷ではLubuntuの軽さが損なえるのではと危惧されましたが、この仕上がり 確かにLXDEの軽量感はなくなりましたが、それとは引き換えにQtの完成度の高い仕上がり これはこれでアリなのでは、、

今回のインストールで消費した容量は5.88GB(screenfetch込み)
インストールするなら20GBは欲しいところですね

そしてインストールするパソコンはWindows Vista世代以上ですね 今回使用したCF-R6はVista世代でも低スペックな部類なので、その辺を考慮すれば使えるパソコンが見えてくると思います

そして最後に

今回リリースされたLubuntu 21.04 Hirsute Hippoのサポート期限は2022年1月まで
去年リリースされたLubuntu 20.04 LTS Focal Fossaのサポート期限は2023年4月です

ご利用は計画的に…

コメント

タイトルとURLをコピーしました