2021.10 UbuntuKylin 21.10 impishを、Core2Duo E4300搭載の富士通FMV DESKPOWER CE50W7にインストール

Linux
Sponsored Links

今日は2021.10.14にリリースされた UbuntuKylin 21.10 impishを使ってみたいと思います

Ubuntu Kylinは、China CCN オープンソースイノベーション共同研究所とKylin Software Co.Ltdが主導するグローバルオープンソースプロジェクトです 中国版Ubuntuシリーズってところ

Ubuntu Kylinは独自のUKUIでビルドされた、ユーザーフレンドリーでデスクトップ指向なLinuxディストリビューションです

UKUIはシンプルで使いやすい直感的なインターフェース ファイルカテゴリはファイル検索を高速化 お気に入りのアプリのショートカットはアプリケーションの起動を簡略化し、検索バーとアドレスバーが柔軟で使いやすい高度な検索をユーザーに提供 強力なタブバーと新しいステータスバーに統合され、新しいファイル表示エクスペリエンスを実現します

今日はCore2Duo E4300搭載の富士通FMV DESKPOWER CE50W7に、インストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

今回は解像度1280×1024にて使用してみたいと思います

Sponsored Links

UbuntuKylin 21.10 impish

Release 2021.10.14
Type Linux
Based on Ubuntu
Package Management dpkg
Architecture aarch64, x86_64
Desktop UKUI

Download

优麒麟 - 有其灵
优麒麟开源操作系统

今回使用するISOイメージファイルは、ubuntukylin-21.10-desktop-amd64.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnterキーを押します

このウィンドウが現れます
使用する言語を選択して、Ubuntu Kylinを試すをクリックします

起動しました それでは順に沿ってインストールしていきます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動

インストール

インストーラーが起動しました

使用する言語を選択します

UbuntuKylinのインストールは下記記事をご覧ください

Ubuntu Kylin 21.04 Hirsute Hippoを、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に日本語インストール
今日は2021.04.22にリリースされたUbuntuシリーズの一つ、Ubuntu Kylin 21.04 Hirsute Hippoを使ってみたいと思いますUbuntu Kylinは、China CCN オープンソースイノベーシ...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、そこそこ快適 ★★★★☆

CPUやメモリは十分ですが、古いパソコンなのでHDDのヘタリが響いて若干起動やファイルアクセスが遅かったりします

UbuntuKylin 21.10 impishのデスクトップはパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

アプリケーション

アプリケーションランチャーはUKUIの機能的なランチャーが設置されています
右上をクリックするとランチャーは最大化します

サウンドコントロール

パソコンのサウンドデバイスの音量調節

クリックメニューより詳細な設定を呼び出せます

日時

パネル上は日時を表示 クリックでカレンダーが表示されます

右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューです

デスクトップの背景設定

デスクトップの背景設定には、オリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

UKCC(UKUIコントロールセンター)

各種設定ツールのUKCC(UKUIコントロールセンター)です

Peony

ファイルマネージャーのPeonyです

MATE端末

ターミナルエミュレーターのMATE端末です

Kylin Software Center

アプリ管理ツールのKylin Software Centerです
GUI操作にてアプリをインストールできるツールです

Applications

Firefox

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは、そこそこ軽快に動作します

LibreOffice

LibreOfficeはThe Document Foundation(ザ ドキュメント ファンデーション、ドキュメント財団)のオープンソースのオフィスアプリです

Writer(文書作成)・Calc(表計算)・Impress(プレゼンテーション)・Draw(ベクタードローグラフィック)・Base(データベース)・Math(数式作成)から構成され、MS社のオフィスと遜色ないパフォーマンスを見せてくれます

このパソコンでは軽快に動作します

Eye of MATE

画像ビューアのEye of MATEです
このパソコンでは軽快に動作します

Rhythmbox

ミュージックプレイヤーのRhythmboxです
このパソコンでは軽快に動作します

日本語入力

UbuntuKylin 21.10 impishには、日本語入力関連ツールはプリインストール設定済みです
設定と動作を確認します

IBusの設定

パネルにはIBusが常駐しているので、クリックして設定を開きます

入力メソッドが、日本語キーボードMozcが設定されていることを確認します

ワープロアプリを起動して、日本語入力のテストをします

あとがき

UbuntuKylin 21.10 impishはCore2Duo E4300搭載の富士通FMV DESKPOWER CE50W7で、そこそこ軽快に使うことができました 古いパソコンだから、HDDのヘタリが気になりましたが、このサイト的のネタには早いHDDやSSDに換装するのは、ちょっと躊躇する所が悩ましいところw

今回のインストールで消費した容量は8.53GBと無難な消費量 インストールするなら25GB前後は欲しいところですね

インストールするなら現在のUbuntuKylinには32bit版がないので、無難にWIndows Vistaモデルをセレクトすることになると思います

今回使用したパソコン

FMV-DESKPOWER CE50W7 富士通

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 053juaifhiuahf-1024x576.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 054koiajojfoi-1024x576.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 051oiafjjfiafjio-1024x819.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 050jiufiuhiu.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 052jiufaiuuji.png
CPUCore 2 Duo E4300 1.8GHz
RAMDDR2 SDRAM PC2-6400 4GB (2GB ×2)
VIDEOIntel Graphics Media Accelerator X3000(M/B内蔵)
STORAGESATA HDD 320GB
Windows Vistaモデル
現在は超快適オフライン運用中です

コメント

タイトルとURLをコピーしました