2022.05 Fedora 36 Xfce Spin を、AMD Athlon 64 X2 TK-57を搭載のWindows Vista 世代のNEC VN750/Mにインストール

Linux
Sponsored Links

今日は2022.05.10 にリリースされたFedora Xfce 36 Spin を使ってみたいと思います

Fedoraは、Red Hat社が支援するコミュニティー「Fedora Project」によって開発されているRPM系Linuxディストリビューションです

ワークステーション・サーバー・IoTとオフィシャルなエディションを提供
オープンソースなプラットフォームのFedoraは、イノべーティブで自由 ハードウェア・クラウド・コンテナに使え、ソフトウェア開発者やコミュニティのメンバーの使い勝手に合った解決策をを元に構築します

FedoraはデフォルトのデスクトップはGNOMEを採用していますが、他の環境を望むユーザーの為にSPINS版があります
SPINS版は、KDE Plasma・Xfce・LXQT・MATE-Compiz・Cinnamon・LXDE・Soas・i3と多くの環境を用意 Fedoraの魅力を多くの環境下で楽しむことができます

今回はSPINS版Xfce環境を使ってみたいと思います

今日はAMD Athlon64 X2 TK-57搭載のNEC VN750/Mにインストールしてみたいと思います

インストールする際は、インストール前にLive Bootで試す事をお勧めします

Sponsored Links

Fedora 36 Xfce Spin

Release 2022.05.10
Type Linux
Based on Independent
Package Management RPM (dnf)
Architecture armhf, i686, powerpc, ppc64el, s390x, x86_64
Desktop Awesome, Cinnamon, Deepin, Enlightenment, GNOME, KDE Plasma, LXDE, LXQt, MATE, Openbox, Pantheon, Ratpoison, Xfce

最小システム要件

Fedoraが快適に動作する為の最低限のシステム
CPU
メモリ2GB
ディスク容量最小20GBディスク必要
2GB以上のUSBメモリ

この数値は公式よりアナウンスされているものです

Download

Get Fedora
Choose Freedom. Choose Fedora. Pick a flavor of Fedora streamlined for your needs, and get to work right away.

今回使用するISOイメージファイルは、Fedora-Xfce-Live-x86_64-36-1.5.isoです

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです準備先ずはRufusをダウンロードします下記公式ページよりダウンロードできますDownloadRufu...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用します準備UNetbootinインストール使...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます このままEnterキーを押します

起動しました それでは順に沿ってインストールしていきます

  1. ネットワークに接続
  2. インストーラーを起動

インストール

インストーラーが起動しました

使用する言語を選択します

必要な情報を入力してインストールを進めます

Fedoraのインストールは下記記事をご参考に

2021.05 Fedora 34 Workstationを、Core i3 3220 搭載のdell OPTIPLEX 3010 に日本語インストール
今日は2021.04.27にリリースされた、Fedora34を使ってみたいと思いますFedoraは、Red Hat社が支援するコミュニティー「Fedora Project」によって開発されているRPM系Linuxディストリ...

Desktop

このパソコンでの起動後の挙動は、至って快適 ★★★☆☆
普通に即戦力で使うことができるレベルで動作します

Fedora 36 Xfce Spin のデスクトップはパネルは上に設置 下にはパネルランチャーが設置されています マウスは左ダブルクリック実行の設定です

アプリケーション

Fedora 36 Xfce Spinのアプリケーションランチャーは、win9xテイストなシンプルなランチャーが設置されています

サウンドコントロール

コンピューターに搭載されているサウンドデバイスの音量調節です

クリックメニューより詳細なサウンド設定を呼び出せます

日時

パネル上はデジタル時計を表示 クリックでカレンダーが表示されます

デスクトップ上での右クリックメニュー

デスクトップ上での右クリックメニューはXfce環境なので、アプリケーションランチャーも設置されています

デスクトップの設定

デスクトップの設定にはオリジナルの背景画像が用意されています

System Tools

設定マネージャー

各種設定ツールのXfce環境の設定マネージャーです

Terminal

Xfce環境のターミナルエミュレータのTerminalです

Thunar

Xfce環境の高機能なファイルマネージャーのThunarです

dnfdragora

ソフトウェア管理ツールのdnfdragoraです
GUI操作にてソフトウェアのインストールを行えるツールです

Applications

Fireofox

Mozilla FirefoxはMozilla Foundation及び、その傘下のMozilla Corporationによって開発されているフリーでオープンソースのウェブブラウザです
プライバシーを一切侵害せず、あらゆるユーザーの為に開発 ユーザーに関するデータを収集せず、強力なプライバシー設定でトラッカーによるウェブ追跡をブロックします

このパソコンでは、軽快に動作します

Gnumeric

GnumericはGNOME Officeに含まれるフリーでオープンソースなワードプロセッサです

Microsoft Excelなどのプロプライエタリな表計算ソフトの代わりに使用できる軽量な表計算ソフトで、GNOMEアプリケーションの中で充実したプラグインシステムを持ち、カスタム関数などアドオン作成可能 プラグインをPerlやPythonなどの言語での記述も可能です

Gnumericはエクセル・XML・HTML・Applix・Quattro Pro・PlanPerfect・Sylk・DIF・Oleo・SC・OpenDocument・Lotus 1-2-3等の多くのスプレッドシートフォーマットを読み書きでき、Gnumeric自身のフォーマットはgzipで圧縮されたXMLです

AbiWord

軽量ワープロアプリのAviwordです

Fedora 36 Xfce Spinにはワープロアプリが無いので追加でインストールします
AviwordはTerminalでインストール可能です

このパソコンでは軽快に動作します

ristretto

画像ビューアのristrettoです

このパソコンでは軽快に動作します

Pragha Music Player

Pragha Music PlayerはGNU/Linux用の軽量音楽プレーヤーです
Gtk・sqliteに基づきCで記述され高速・軽量に動作します

Amarok1.4にインスパイアされた2つのパネルデザインより、ライブラリと現在のプレイリスト
タグまたはフォルダ構造に応じて、複数のビューを持つライブラリ
現在のプレイリストで曲を検索しフィルタリング、キューに入れます
mp3・m4a・ogg・flac・asf・wma、およびapeファイルのタグを再生および編集可能
プレイリスト管理はM3Uをエクスポートし、M3U、PLS、XSPF、およびWAXプレイリストを読み取ります
オーディオCDを再生し、これをCDDBで識別 コマンドラインとMPRIS2による再生制御

このパソコンでは軽快に動作します

日本語入力

Fedora 36 Xfce Spinには日本語入力ツールのiBusとAnthyが予めプリインストール設定済です
今回はiBus-mozcを追加インストールして使います インストールはTerminalを使います

iBusの設定

パネルにはiBusが常駐しユーザーの日本語入力をサポート
クリックメニューより設定を開きます

入力メソッドタブで入力メソッドを設定します

予めインストールしてあったAnthyは削除してMozcを追加してやります

ワープロアプリを起動して日本語入力のテストをします

あとがき

Fedora 36 Xfce SpinはAMD Athlon 64 X2 TK-57を搭載の、Windows Vista 世代のNEC VN750/Mで快適に使う事が出来ました

今回のインストールで消費した容量は5.42GBとかなり小さく収まりました インストールするなら25GB以上は欲しい所ですね この辺はユーザーの使い勝手で臨機応変に対応していきましょう

インストールするパソコンは、Fedora 36 Xfce Spinは64bitOSなのでWindows Vista世代以上になると思います 今回使用したパソコン前後のスペックまたは、IntelのCore2Duo世代のパソコンでメモリが2GB以上搭載しているものをチョイスすると、きっと良いパフォーマンスを見せてくれると思います

今回使用したパソコン

VALUESTAR PC-VN750MG

CPUAMD Athlon 64 X2 TK-57 (1.9GHz)
RAM2GB DDR2 SDRAM PC2-5300
VIDEOATI RADEON X1200 最大832MB、メインRAM共有
STORAGEHDD 160G Serial ATA
現在Linuxにて運用中

コメント

タイトルとURLをコピーしました