2020.03 Fedora 32 Workstation Beta版を、 Panasonic Let’s note CF-N9LWCJDSで起動

Linux

今日はFedora32 Beta版が出たらしいので試してみたいと思います

FedoraはRed Hat社支援の元で開発されているディストリビューションです アーキテクチャは64bit デスクトップはGnomeなので、第一世代のCorei5搭載の、Panasonic Let’s note CF-N9LWCJDS使用します

Fedora Workstation Live-x86_64-32 Beta-1.2

Release 2020.03.17
Type Linux
Based on Independent
Package Management RPM (dnf)
Architecture aarch64, armhfp, x86_64
Desktop Awesome, Cinnamon, Deepin, Enlightenment, GNOME, KDE Plasma, LXDE, LXQt, MATE, Openbox, Pantheon, Ratpoison, Xfce

ダウンロード

Get Fedora
Choose Freedom. Choose Fedora. Pick a flavor of Fedora streamlined for your needs, and get to work right away.

Panasonic Let’s note N9 CF-N9LWCJDS

CUP Core i5 560M
RAM DDR3 PC3-6400 4GB
Graphics Intel HD Graphics VRAM 763MB
STORAGE SSD128GB
IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.0

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます そのまま[enter]キーを押します

このウィンドウが開きます 「Try Fedora」をクリック

起動しました 起動後の挙動は★★★★☆ 至って軽量 ストレスなく軽快に動作します

Liveセッションでの日本語化

デスクトップはGnomeなので日本語化はGUI操作にて行なえます

Settingsを開きRegion&LanguageでLanguageとFormatを日本へ変更します

SettingsのDate&TimeでTime ZoneをTokyoへ変更します

一旦ログアウトします 再ログインで反映されます ログイン時のパスワードは未記入でログインできます

再ログイン完了

デスクトップ

Fedoraはパネルは上に設置 左ダブルクリックで実行する設定です

パネル左の①をクリックでメニューランチャーが開きます

メニューランチャーは全画面タイプです

パネル中央部にカレンダーがあります クリックでカレンダーと通知領域が表示されます

パネル右側にはボリュームコントロール・Wi-Fi・電源関連のメニューがあります

Wi-Fiはクリックで付近の接続できるSSIDが表示され、設定〜接続できます

デスクトップ上での右クリックメニューです シンプル且つ必要最低限

デスクトップの背景は多くの画像が用意されています

メニューランチャー

メニューランチャーには常用アプリが並び、左側にアプリ等の起動ボタンが並んでいます

①Firefox ウェブブラウザのFirefoxが起動します

②Rhythmbox ミュージックプレイヤーのRhythmboxです

③ファイル シンプルなファイルマネージャーのファイルです

④インストーラー Fedoraのインストーラーが起動します GUI操作にてインストールできるので、比較的簡単にインストールできます

⑤⑥は共に全てのアプリケーションが表示されます アプリは使用すると常用に表示されます

システムツール

各種設定ツールの設定です

アプリ管理ツールのソフトウエアです GUI操作にてアプリの管理が出来るので、Linux初めてでもアプリのインストールが簡単にできます

Terminalです コマンド操作時に使用します

アプリ関連

オフィスアプリは定番のLibreOfficeが入っています

ディスク管理ツールのディスクです

あとがき

正直なところ、Fedoraは少々苦手なディストリビューションです 自分の知識不足も有りましたが、昔一番苦戦したディストリで、そのトラウマがあってここ数年は避けてきましたw

しかし、最近のFedoraはGnomeのデスクトップで使っているとFedora感が無く、違和感とかなく使えます Gnomeが使いやすいデスクトップなのでそういう感が有るかもしれませんが、何だかんだで相性がいい気がします

Gnomeは古いパソコンで起動するにはキビシイ環境ですが、とてもシンプルで使いやすい環境です Windows7モデルなら快適に使え、そのパフォーマンスを発揮できると思います

Sponsored Links
Linux Red Hat パソコン
Sponsored Links
LN date…

コメント

タイトルとURLをコピーしました