2020.05 SparkyLinux 2020.05 MATEを、Celeron搭載のECS LIVE STATION LS-4-64で日本語起動

Debian

今日はSparkyLinux 2020.05 MATEを使ってみたいと思います

SparkyLinuxはPoland(ポーランド)発のDebianベースのディストリビューションです 軽量Linuxの代名詞と呼び名も高く、世界中から「SparkyLinux is a lightweight」とコールが起きるくらい軽量で有名なLinuxです 使い勝手もシンプルで使いやすく、色々な意味でユーザーに優しいディストリビューションです

今回はCeleron搭載のECS LIVE STATION LS-4-64でLive Bootさせてみたいと思います

Sponsored Links

SparkyLinux 2020.05 MATE 64bit

Release 2020.05.05
Type Linux
Based on Debian
Package Management DEB (apt)
Architecture armhf, i686, x86_64
Desktop Budgie, Enlightenment, JWM, KDE Plasma, LXDE, LXQt, MATE, Openbox, Xfce

Download

SparkyLinux
%description%

ECS LIVE STATION LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポート
WiFi IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

この画面が現れます Enter キーを押します

※一番下にあるMore Language…を見逃してしまいました

起動しました 起動後の挙動は至って軽快 6.2 ★★★☆☆ 良い感じで動作してくれそうです

日本語化

MATE端末を起動します 下記コマンドを入力

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y install task-japanese locales-all
$ localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE=”ja_JP:ja”
$ source /etc/default/locale
$ echo $LANG

一旦ログアウトします 再ログインで設定は反映されます ログインの際のUsername・Passwordは下記を入力します

 Username  live 
 Password  live 

Desktop

SparkyLinux 2020.05 MATEはパネルが下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネル左側

① Applications Menu
② デスクトップを表示

クリックで全てのウィンドウを閉じて、デスクトップを表示します

パネル右側

③ 音量調整

サウンドデバイスの音量調整です

④ Parcellite svn

クリップボードの履歴管理ツールです

⑤ ネットワーク

ネットワークの設定 接続可能なWi-FiのSSIDを表示・設定・接続

接続するSSIDを選択すると認証を求められるので、パスワードを入力し接続をクリックします

問題がなければ接続でき、右上に下記のウィンドウが開き接続をお知らせします

⑥ ワークスペース切替

複数あるワークスペースをクリックで切替えるツールです

⑦ 日時

パネル上は日時を表示します クリックでカレンダーを表示します

デスクトップ上での右クリックメニュー

外観の設定→背景

デスクトップ上での右クリックメニューより起動 デスクトップの背景画像は数枚用意されています

システムツール

コントロールセンター

各種設定ツールのコントロールセンターです

Synapticパッケージマネージャー

アプリ管理ツールのSynapticパッケージマネージャーです GUI操作にてアプリのインストールが行えるツールです

MATE端末

端末エミュレーターのMATE端末です

Caja

ファイルマネージャーのCajaです

Applications

Internet

インターネットのウェブブラウザはFirefoxが入っています

Office

オフィスアプリはLibreOfficeが入っています 下記は表計算アプリです

Graphics

画像ビューアはEys of MATEです

Multimedia

ミュージックプレイヤーはExaileです 右側はサウンドの設定です

日本語入力

日本語入力の設定をします

コントロールセンターを開き、ハードウェア→キーボード を開きます
レイアウトタブで日本語を追加しデフォルトは削除します

Synapticパッケージマネージャーを起動します

fcitxfcitx-mozc をインストールします

インストールしたFcitxを起動します

入力メソッドのMozcが追加されている事を確認します

LibreOffice Writerを起動し日本語入力のテストします
問題なく日本語入力できました

インストーラー

インストーラーは左側にあるアイコンをクリックで起動します

インストーラは使用する言語を選択して使うことが出来るので、比較的簡単に扱えると思います

あとがき

SparkyLinux 2020.05はセレロン搭載のLS-4-64で、かなり軽快に動作し満足のいくパフォーマンスを魅せてくれました

SparkyLinuxといえばLXDEデスクトップのイメージでしたが、今回使ったMATEは凄く良かったです SparkyLinuxに対してのイメージが変わってしまうくらい使いやすかった ある意味SparkyLinuxを使うならMATEを使ってみてと言いたいですね

SparkyLinuxは古いパソコン再生に向いていると思います
色々な意味でパソコンとユーザーに優しいディストリビューションですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました