2020.05 Manjaro ARM KDE Plasma Rpi4 20.04を、Raspberry Pi 4 Model B 4GBで起動

Arch

今日はManjaro ARM KDE Plasma Rpi4 20.04を使ってみたいと思います

以前RaspbianにKDE Plasmaをインストールして使った所、想像以上に重かったので その確認も含め、ラズパイ4でKDE Plasmaが使えるか検証してみます

Sponsored Links

Manjaro ARM KDE Plasma Rpi4 20.04

Type Linux
Based onArch
Architecture  armhf 
Desktop KDE Plasma

ダウンロード

Manjaro - FREE OPERATING SYSTEM FOR EVERYONE
Free fast and secure Linux based operating system for everyone, suitable replacement to Windows or MacOS with different Desktop Environments

日本語フォントを用意しておく

Manjaroは日本語で起動すると日本語フォントが文字化けします

対策としてインストールするフォントを用意し、USBメモリ等にコピーしておきます

自分のオススメのフォントのLinkを貼っておきます

IPAフォントのダウンロード
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が提供する&#1...

Raspberry Pi 4 Model B 4GB

 CPU Cortex-A72 Armv8 Quad Core 1.5GHz
 RAM 4GB LPDDR4
 GPU Broadcom VideoCore VI 3D graphics core

イメージファイルをmicroSDカードに書込む

  1. Manjaroのダウンロードのページより、イメージファイルをダウンロードしてきます
  2. ダウンロードしたファイルは zipファイルなので、解凍ツールで展開します
  3. Rufus (ルーファス)等のライティングツールを使って、イメージファイルをmicroSDカードに書込みます
Rufus (ルーファス) を使って、イメージファイルからRaspberry Pi用のLinuxが起動できるmicroSDカードを作成する
Rufus (ルーファス) とはISO・イメージファイルを、USBメモリやmicroSDカード等に書き込む事の出来るソフトですダウンロードRufus をダウンロードしますイメージファイルを書き込むm...

microSDカードをRaspberry Piに装着します

これで準備はOKです

起動

電源を入れて起動させます

この画面が現れます keyboard layoutを選択設定します

こんな調子でユーザー情報を入力していきます

最終確認です

起動しました 起動後の挙動は想像以上に快適 7.0★★★☆☆ かなり良い感じで動作します

しかし日本語フォントが文字化けしています

フォントインストール

用意したフォントをインストールします

フォントをクリックするとこの画面が開きます 囲った部分をクリックします

次に開くウィンドウは選択肢があるので、文字化けしていない画像で説明します

真ん中のシステム をクリックします これでシステムにフォントがインストールされます

パソコンを再起動します

Desktop

Manjaro ARM KDE Plasma Rpi4 20.04はパネルは下に設置 マウスは左ダブルクリック実行の設定です

パネル左側

① アプリケーションメニュー

お気に入りはデフォルトで何も入っていません

② Firefox

ウェブブラウザのFirefoxです

③ Dolphin

ファイルマネージャーのDolphinです

④ konsole

ターミナルエミュレータのKonsoleです

パネル右側

⑤ アップデートマネージャー

アプリ管理ツールのPamacがアップデートを管理通知します

⑥ クリップボード

クリップボードの履歴管理ツールです

⑦ Bluetooth

Bluetooth管理ツールです

⑧ デバイスの通知

デバイス管理ツールです

⑨ ネットワーク

ネットワークの設定 接続可能なWi-FiのSSIDを表示・設定・接続ツールです

⑩ 音量

サウンドデバイスの音量調整です

⑪ 状態と通知

⑤〜⑩の状態と通知です

⑫ 日時

パネル上は時計を表示 クリックでカレンダーを表示します

デスクトップ上での右クリックメニュー

Desktop Folder の設定→壁紙

デスクトップ上での右クリックメニューのデスクトップを設定より開きます
デスクトップの壁紙画像は数枚用意されています

システムツール

KDE システム設定

各種設定ツールのKDEシステム設定です

Manajaroセッティングツールマネージャー

Pamac

アプリ管理ツールのPamacです

アプリケーション

Manjaroはバンドルされているアプリが少なめです お陰でインストール後は、オキニのアプリで揃えることが出来ます

インターネット

オフィス

オフィスアプリは定番のLibreOfficeです

グラフィックス

画像ビューアはGwenviewです

マルチメディア

メディアプレイヤーはSMPlayerが入っています

SMPlayerは起動時は、パネルに常駐しコントロール操作できます

日本語入力

日本語入力関連をインストール設定します

インプットメソッドフレームワーク関連をインストールします
Konsoleを起動し下記コマンドを入力

$ sudo pacman -S fcitx

$ sudo pacman -S fcitx-mozc

テキストエディッタの Kateを起動します

~/.xprofile を作成 下記を記入・保存します

export LANG=”ja_JP.UTF-8″
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”
export XMODIFIER=”@im=fcitx”
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx

~/.bashrc を開きます 下記を末尾に追記します

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIER=@im=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

再起動で日本語入力できます

あとがき

Manjaro ARM KDE Plasma Rpi4 20.04は想像以上に快適

昨日の自分の発言が恥ずかしいです Linuxは実際に使ってみないと判りません
ラズパイ向けのディストリビューションは、どれも無難に そして快適に動作します

これはMacと一緒で、ハードを知った上でOSをビルドした結果なので必然なのでしょうか

KDE Plasmaがここまで快適に使えると、LXDEを選択しづらくなりますよね

コメント

タイトルとURLをコピーしました