2020.1 Debianベースの軽量ディストリQ4OS 3.10を、セレロン登載のパソコンで試してみた

Debian

今日はDebianベースの軽量ディストリのQ4OSを試してみたいと思います Q4OSにはKDE Plasma・Trinityのデスクトップ環境が用意されていますが、KDE Plasmaを選択 Q4OSは軽量に加えて、バンドルアプリも少ないのでISOファイルの容量は1GB未満です

アーキテクチャは32bitと64bitが用意されていますが、KDE Plasmaは64bit版のみですので、セレロン登載の省電力ベアボーンECS LIVE STATION LS-4-64を使います

Sponsored Links

Q4OS 3.10 x64

Release 2020-01-03
Type Linux
Based on Debian (Stable)
Architecture aarch64, armhf, i686, x86_64
Desktop KDE Plasma, Trinity

ダウンロード

Q4OS - desktop operating system

LS-4-64

CPU Intel Celeron N2830 (SoC) Processor
RAM DDR3L 4GB
VIDEO Intel® HD graphics
STORAGE SATADOM 64GB
LAN機能1x GIGABIT LAN ポートWiFi
IEEE 802.11b/g/n + Bluetooth4.0搭載ストレージ
ワイヤレス給電 (Qi)Qi V1.1.2 (5V1A=5W max)

Live BootできるUSBメモリの作成

パソコンからUSBメモリを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します Windows・Mac・Linuxを使っての作成方法は下記記事を参考にしてください

Rufus (ルーファス) を使ってISOファイルからBoot USBを作成する
Rufus (ルーファス) とはISOファイルをUSBメモリに書き込む事の出来るソフトです Rufus をダウンロードします   からダウロードしてきます ダウンロードしてきたRufusを起動しましょう...
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成する
MacでUnetbootinを使ってLinuxを起動できるUSBメモリを作成します 作業に使うMacはMacBook AirでOSⅩのバージョンは「High Sierra」です Unetbootin をダウンロードまずは...
LinuxでLinuxが起動できるLive Boot USBメモリを作成する(GParted、UNetbootin)
Live Boot USBメモリを使えばLinuxを自分のパソコンにインストールすることなく試す事ができます作業にはGPartedとUNetbootinを使用しますUNetbootinインストールGPart...

USBメモリを使って起動

USBメモリを使っての起動は、Bios画面のBootメニューで一番に起動するデバイスを、USBメモリを選択します そして再起動します

ブート画面が現れます そのまま[enter]キーを押すと起動します

起動途中に言語選択があり、Japaneseを選ぶことにより日本語で使う事が出来ます

起動しました 日本語化されていますが、表示されるウェルカム画面は英語にて表示されます 起動後の挙動はそこそこ軽量な感じです

Q4OSはバンドルされているアプリが、かなり少ないのでメニューランチャーはスカスカです メディア系オフィス系が全く入っていないのが、ある意味素晴らしいです このメニューランチャーは少し使いづらいので変更します

各種設定の変更が出来るツール、KDEシステム設定です

Info-Centerです ハードウエア・システムの詳細が確認できます

ウェブブラウザはGoogle Chromeです そこそこ軽量に使えます

ファイルマネージャは高機能なDolphinです

アプリ管理ツールです GUIでアプリがインストール出来る便利なツールですが、インストール出来るアプリが少なすぎます 幸い定番のアプリ管理ツールSynapticがインストールできるので、アプリ管理はSynapticを使った方が良いですね

右クリックメニューはこんな感じです 壁紙がアレなので変更します

デフォルトで用意されている壁紙もアレなのでダウンロードします 壁紙設定に付属するダウンローダーは結構便利ですよ

システムモニター起動 CPUは比較的安定し、メモリ消費率の低さは相変わらずKDE Plasmaは素晴らしいです

ミュージックプレイヤーは軽量高音質のAudaciousをインストール 起動しました 外付けのUSBスピーカも問題なく音はでます

パネルのメニューランチャーを変更します パネルの設定画面の出し方は、パネル右にあるアイコンをクリックすると現れます  パネルのアイテムはウィジット追加で追加できます パネルのウィジットもネットで検索追加する事が出来ます

メニューランチャーのウィジットは使いやすいものに変えました アプリが少ないので縦部分が短くなります

デフォルトのテーマでは、こんな感じになりました

ダークのテーマはこんな感じになりました ダークテーマは格好いいですが、デフォルトのテーマも意外といけます

あとがき

Q4OSはセレロン登載のパソコンでも軽量にストレス無く使えました アプリが殆ど入っていないので、インストール後にアプリを自分色に染める楽しみもあります KDE PlasmaはXfceデスクトップと同様カスタマイズ性が高く、軽量に使えるで凄くお勧めな環境の一つです

Windows7の乗り換えとしては、そこそこはお勧めできるディストリです Debian安定版ベースなのでサポートも心配ありませんし、情報もネットに多く書かれているので安心して使えると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました